カテゴリー「映画れびゅー」の95件の記事

映画「バットマンライジング」

シリアスバットマン3部作の完結編。
前2作と絡むエピソードが多いので、
いきなりこれを見てしまうと展開についていけなくなってしまう。
またあれこれといろんなエピソードを盛り込みすぎて、
完結編ならではの見所というと個人的にはう~んだった。
(ラスボスや爆弾も途中でどうなるのか予想できてしまった)

しかし映像と世界観の作りこみはものすごいので、
それだけでも劇場で見る価値はあるかな。

☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「プロメテウス」

エイリアンシリーズの前日譚である「プロメテウス」をみる。

とりあえず映像はすごい。

壮大そうなシーンとグロいシーンが忙しく入れ替わる展開はまだいいとして、
プロメテウス号の目的がドラゴンボール的なアレで興ざめした。
スペースジョッキーの中の人もう~んな感じ。
ネタバレになるので詳しく書かないが、妙につっこみどころが多いのも気になった。

キャッチコピーは人類の起源よりエイリアンの起源としたほうがピッタリくるぞ。

☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「おおかみこどもの雨と雪」

「おおかみこどもの雨と雪」を観る。
序盤の主人公と狼男の出会いからのメロメロした展開は性に合わず、
「これは外したか」と思ったが、子供たちと田舎暮らしを始めたあたりから面白く観られるようになった。
映画のポスターがほのぼのファミリー向けっぽいが、
大人向け、それも子供を持った親がより感情移入するような演出になっており、
思ってた以上に楽しめた。
ただ娘の雪と比べ息子の雨の描写が少ないせいか、
行動がいちいち唐突に思えラストも尻切れトンボのように感じた。
尺の問題もあるんだろうけど、もう少し余韻のあるラストならなお良かったのに。

☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「テルマエ・ロマエ」

古代ローマにタイムスリップと壮大なスケールで描かれるお風呂映画「テルマエ・ロマエ」。
古代ローマ都市の再現度は日本映画とは思えないほどよくできており、
ローマ人役の阿部寛もローマ人と混じっていても違和感を感じない。
物語前半に散りばめられた古代ローマと現代日本とのカルチャーギャップギャグの度に
劇場内が笑いに包まれ自分も何度もにやけてしまった。
後半のお涙頂戴のシリアス展開は正直微妙だったが、
楽しい気分にさせられる映画で、見終わった後、
久しぶりに近所のスーパー銭湯に行ってしまった。


☆☆☆★★

こちらはより原作に近い感じのアニメ版。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「メランコリア」

地球への惑星衝突を描いた作品「メランコリア」。

まず冒頭、スローカメラによる映像はなんとも不思議な世界に誘われる。
2部構成となっており1部「ジャスティン」、2部「クレア」と対照的な姉妹が各主人公となる。
人物たちが皆、何を考えているのかわらず終始スリリングな感じや、
破綻しそうでしない物語展開も悪くはないが、
なんだろうこの映画全体から漂うモヤモヤ感は。

1部の結婚シーンが長すぎることや2部構成にする必要性を感じないこともあるが、
この映画自体の意図するものが今ひとつ不明。

監督自身が主人公であるジャスティンと同じうつ病を経験しており、
そのことが映画にも投影されているそうだ。

好意的に捉えると人類の滅亡を美しい映像と心理描写でみせようとした?
そうではなく大破局の前では普段から良識人ほどもろく、
精神的に病んでいるほうが前向きになれる、ということを言いたかったのか。
でも、そんなことわざわざ映画で表現することはない気がするぞ。


☆☆☆★★

惑星衝突による人類滅亡といえば、自分的に印象深いのは、
新井素子の「ひとめあなたに・・・」

人類の破滅よりも個人の心理描写が中心という点ではメランコリアと似ているかも。
可愛い文章とそれに似つかわしくない人の狂気と物悲しさのオムニバス物語。
誰かこちらも映画化しないかな~。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「ハンター」

ハンター、日本語で狩人。
なんとなく男心をそそる言葉がそのままタイトルになった映画。

凄腕の傭兵として世界を渡り歩いてきたマーティンはその腕を見こまれ、とある軍事系企業から絶滅されたとされつタスマニアタイガーの捕獲を請け負う。マーティンは大学から派遣された研究者を装い、地元のアームストロング家に身を寄せる。アームストロング家では環境保護に熱心だった父親が行方不明になっており、体調を崩した母親、幼いが利発な姉、口の聞けない弟の3人が暮らしてた。孤独な合理主義者であるマーティンは出会った当初は風変わりなアームストロング一家に対して拒絶的態度を示すが、そんなことにお構いなくマーティンの内面まで踏み込んでいく子供たちに徐々に心を開いていく。冷徹な任務とアームストロング一家との交流、環境保護と伐採を生業とする地元関係者たち、様々な思惑が交差するなか、物語のクライマックスに心身ともに傷ついたマーティンが銃口を向けたものとは・・・。

劇中、無駄な説明を一切省き役者の重厚な演技だけで魅せる演出に惹きこまれた。
派手なアクションもメロメロなロマンスもなくどりらかというとミニシアター系の映画だが、
映像と物語とも完成度は高く骨太な作品に仕上がっており見応えは十分。
(でも人によっては退屈なだけかも)

しかし絶滅動物であるタスマニアタイガーも切ないが、
アームストロング家を襲う悲劇のほうが辛く感じた。

☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ALWAYS三丁目の夕日'64」

前2作の時代背景は東京タワー建設と完成、3作目の今回は東京オリンピック。
街には車やTVが普及して皆が豊かな生活を手に入れつつあることを感じさせる。

鈴木家の結婚騒動、芥川家の雑誌連載騒動とふたつの出来事を軸に物語はすすんでいく。

序盤はギャグシーンで笑わせて、トラブル続出の中盤、最後は感動の涙で締め。
毎回このパターンなんだけど脚本がいいのか登場人物たちに
どっぷり感情移入してしまうので飽きさせない。
終盤のお涙頂戴ラッシュもだいたい展開が読めているのにホロリとさせられた。

物語的には今作で完結しておくのがすっきりするんだが、
面白ければ続編もあり、だね。

☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「リアル・スティール」

人間同士の格闘技が廃れロボットボクシング「リアル・スティール」全盛の時代。 主人公はかって名ボクサーで今では落ちこぼれロボット操縦者。 ある日、別れた妻が引き取った息子を預かることになるが、 顔も知らずほとんど他人である二人は反発し合う。 しかし時代遅れの格闘用ロボット「アトム」を拾ったことから、 そのアトムの試合を通じ次第に心を通わせるようになる。

ロボット版ロッキーという感じの試合シーンが熱くなかなか楽しめた。
ベタベタな感動展開はさすがに泣くまではいかんかったけど。
アトムという名前を始め、武者ロボットやガンダム風ロボットがでたり、
日本へのオマージュをちらほらあるのが嬉しいところ。

☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「新少林寺」

久しぶりな感じの正統派カンフー映画、「新少林寺」。

舞台は辛亥革命によって清朝が倒れた直後の中国。 軍閥たちが力を持ち小国の独裁者にように振るまい、 主人公である候杰もそうした軍閥の一人。 「やらなければやられる」と、兄弟の契りを結んだ義兄を殺害するが、 腹心の部下である曹蛮の裏切りにあい命からがら少林寺へ逃れる。 地位も家族も失い絶望の底に沈んだ候杰は過去を見つめ直し、 少林寺への入門を願い出る・・・。

カンフー映画といえばいかにアクションをかっこ良くみせるかということに
主眼がおかれストーリーも単純な勧善懲悪モノが多いが、
この「新少林寺」ではカンフーより慈悲を説く仏教精神が強く反映されていて、
候杰は憎い裏切り者である曹蛮に復讐するのではなく最後まで改心を迫る。
そうしたことが物語に何重もの深みを与えて、
この手の映画にしては思いかげず良質な人間ドラマに仕上がっていた。
あえて気になった部分を挙げると以下のとおり。
・少林武術が無敵というわけではなく、
 カンフーアクションによるカタルシスは弱め。
・ユーモア担当であるジャッキー・チェンが、
 子供をはじめ主要な登場人物も次々と命を落とすハードな
 物語からは浮いてしまっていた。
 そもそも笑いの要素はいらなかったのでは。
 どうせならジャッキーには少林寺の師兄役で出演してもらいたかったが、
 あの貫禄のついた体型では激しいアクションは厳しそう。
・悪役の曹蛮が前髪をたらし制服をだらしなく着こなし、
 カッコつけが過剰すぎてなんかホモっぽくみえた。

しかしそれ以上に熱い人間ドラマが面白かったので、
それほどは気にならなかった。

エンディングの歌もいいね~。
主題曲「悟」


☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「カウボーイ&エイリアン」

スピルバーグとハリソン・フォードの名前をみつけて、
大作映画を期待してこれを観たら肩透かしをくうところだが、
最初からトンデモB級映画と思っていたのが良かったのか、
意外と面白かった!

基本的な設定は無法者、寂れた開拓村、インディアンとコテコテの西部劇。
そこに場違いなエイリアンが絡んでくるわけだが、
それほど違和感はない。

とにかく物語の展開が早いので途中で飽きない。
随所に盛り込まれた熱い演出もいい感じ。

エイリアンがお馬鹿すぎるといったツッコミどころもあるが、
B級映画としたら上等な出来映えだろう。

しかしちょいワル兄貴という印象の強かったハリソン・フォードも
ほとんどおじいちゃんに・・・。
みんな歳を取るんだな~とちょっとしみじみしてしまった。


☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧