« 「ぼくらのよあけ」 | トップページ | 鯖寿司をつくろう »

映画「リアル・スティール」

人間同士の格闘技が廃れロボットボクシング「リアル・スティール」全盛の時代。 主人公はかって名ボクサーで今では落ちこぼれロボット操縦者。 ある日、別れた妻が引き取った息子を預かることになるが、 顔も知らずほとんど他人である二人は反発し合う。 しかし時代遅れの格闘用ロボット「アトム」を拾ったことから、 そのアトムの試合を通じ次第に心を通わせるようになる。

ロボット版ロッキーという感じの試合シーンが熱くなかなか楽しめた。
ベタベタな感動展開はさすがに泣くまではいかんかったけど。
アトムという名前を始め、武者ロボットやガンダム風ロボットがでたり、
日本へのオマージュをちらほらあるのが嬉しいところ。

☆☆☆★★

|

« 「ぼくらのよあけ」 | トップページ | 鯖寿司をつくろう »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/53565585

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「リアル・スティール」:

« 「ぼくらのよあけ」 | トップページ | 鯖寿司をつくろう »