« 一言読書感想:コミックスその1 | トップページ | 日本酒持ち寄り »

被害届

人生初めての被害届を書いた。

警察から以前、盗られた自転車を保管しているので取りに来て欲しい、
との電話があり警察署に出向き事情を聞く。
なんでも職務質問した人物の自転車の防犯登録が違っており、
問いただすと別人から購入した、その別人はどこの誰かはわからない、
などと言っているとのこと。
(状況に無理がありどうも言い逃れぽいな~)

警察から微罪処分にしてもらえないか、ともちかけられ、
犯人は憎たらしいが裁判とかなるとややこしいのでそれで同意する。
なお微罪処分とは犯人を検察に渡さず警察内で片を付ける、
という処分のこと。

そして被害届を書いて欲しいと案内された場所はこれまた人生初の調室。
ここで普段、「お前がやったんやろう!さっさと吐かんかい!」といった
やり取りがされているのかと思うと少しドキドキ。
(対応してくれたのはまだ若く腰の低い警官だったけど)
供述書なる書類に住所、名前、盗難状況、処分は警察に任せる、
といった内容を記入して手続きは終了。
ようやく自転車を返還してもらう。

本来は盗難にあった時点で被害届を出すのがいいんだろうけど、
(盗難自転車が犯罪などに使われる可能性もあるので)
どうせどこぞの外国なんかに売り飛ばされて戻ってこないだろうと、
これまで盗難被害にあっても放置していた。

自転車盗難は腹立たしいがこれはこれで貴重な体験になった、かな?


|

« 一言読書感想:コミックスその1 | トップページ | 日本酒持ち寄り »

あれやこれや」カテゴリの記事

コメント

カツ丼は出なかったのですか?

投稿: ライデン | 2011/11/24 23:25

カツ丼はなかったですが、あの隔離された場所で自白を強要されたら
やっていなくてもやりましたと言ってしまう気持ちもわかります。

投稿: ぽうせ | 2011/11/25 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/53305018

この記事へのトラックバック一覧です: 被害届:

« 一言読書感想:コミックスその1 | トップページ | 日本酒持ち寄り »