« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

なんどき屋

すごいお店があると知る人ぞ知るお店、なんどき屋へ。
なにがすごいかというと19時と22時の交代制の居酒屋で、
生ビール、焼酎などが飲み放題、それに食べ切れないほどのコース料理がでて
2300円ポッキリ(数年前は2000円だったらしい)。

正直、予め知っていないとまず入ることはないであろう外観。
P1000576

店内は広いカウンターと入り口に小さなテーブル席が。
20名ほどでいっぱいになる。
P1000584

まずはお刺身盛。
P1000581
マッタケ入りの茶碗蒸し。
P1000583

創作料理?
ワタリガニとソーメンと豆腐、その他の炒め物(煮物かも)。
高級な味ではないがおいしい。
P1000585

これも何料理か不明のポテト、あさり、鶏唐揚げのニンニク炒め。
P1000588

餅餃子。
初めて食べたけど旨!
P1000589

マグロのホホ肉カツ。
カツはもちろんデミグラソースが絶品。
P1000592

鱧と鯛のあら鍋。
自作っぽいポン酢はまろやか風味で
ポン酢が苦手な自分も美味しく感じた。
P1000596

P1000598

〆はなぜかカレーライス。
お腹がいっぱいだったので小皿にしてもらった。
それでも苦しい~。
P1000600

普通のお店だと多分、アルコールだけで2000円はするだろうに、
いったいどこで儲けがあるのかと不思議でならない、噂通りの店だった。
また料理、お酒とも大将一人で切り盛りしてるので、
終始大将がカウンターと厨房を忙しく動き回っていたが、
パニくることなくお客さん一人ひとりに気配りしている姿に感心した。

なんどき屋中毒になる人の気持ちがわかったけど
常連になりすぎると確実に太るよね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好きなBGM:ポルターガイスト

いろいろいわくつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これぞB級グルメ長谷川

日本でたぶん唯一、ご当地グルメである今里やきそばが食べられるお店、長谷川
少し前まで長瀬にも1軒あったが閉店してしまった。
Img_0856
極太そばのうえに玉ねぎ&牛肉がのっかている。シンプルな見た目。
Img_0858
このままだと味がないのでテーブルに置かれているソース、コショウ、七味を
お好みの量、自分で焼きそばに混ぜて食す。
見た目と同じく素朴な味わい。
Img_0859
マイナーな感じだったB級グルメが最近は本屋に行くとB級グルメと銘打ったガイドブックが並び、
毎年、B1グランプリが開催されたりとすっかり有名になった。
自分にとってのB級グルメは安ウマイナーな食べ物のことなので
行列をつくって食べるグランプリには多少の違和感がある。
でも今度、グランプリが大阪で開催されて今里焼きそばが出店すれば上位を狙えるかもね。
(回転率のせいか焼きそばのトップ率が異常に高い)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Funny Cats

再生回数が6千万以上!
猫動画は世界的にも人気があるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「新少林寺」

久しぶりな感じの正統派カンフー映画、「新少林寺」。

舞台は辛亥革命によって清朝が倒れた直後の中国。 軍閥たちが力を持ち小国の独裁者にように振るまい、 主人公である候杰もそうした軍閥の一人。 「やらなければやられる」と、兄弟の契りを結んだ義兄を殺害するが、 腹心の部下である曹蛮の裏切りにあい命からがら少林寺へ逃れる。 地位も家族も失い絶望の底に沈んだ候杰は過去を見つめ直し、 少林寺への入門を願い出る・・・。

カンフー映画といえばいかにアクションをかっこ良くみせるかということに
主眼がおかれストーリーも単純な勧善懲悪モノが多いが、
この「新少林寺」ではカンフーより慈悲を説く仏教精神が強く反映されていて、
候杰は憎い裏切り者である曹蛮に復讐するのではなく最後まで改心を迫る。
そうしたことが物語に何重もの深みを与えて、
この手の映画にしては思いかげず良質な人間ドラマに仕上がっていた。
あえて気になった部分を挙げると以下のとおり。
・少林武術が無敵というわけではなく、
 カンフーアクションによるカタルシスは弱め。
・ユーモア担当であるジャッキー・チェンが、
 子供をはじめ主要な登場人物も次々と命を落とすハードな
 物語からは浮いてしまっていた。
 そもそも笑いの要素はいらなかったのでは。
 どうせならジャッキーには少林寺の師兄役で出演してもらいたかったが、
 あの貫禄のついた体型では激しいアクションは厳しそう。
・悪役の曹蛮が前髪をたらし制服をだらしなく着こなし、
 カッコつけが過剰すぎてなんかホモっぽくみえた。

しかしそれ以上に熱い人間ドラマが面白かったので、
それほどは気にならなかった。

エンディングの歌もいいね~。
主題曲「悟」


☆☆☆★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒持ち寄り

持ち寄られた日本酒の数々。
Img_0844


Img_0853

鳥刺身3種。
Img_0846

鶏皮餃子。
Img_0850

春巻き。
Img_0851
メイン料理のトマト鍋。
Img_0845

〆はご飯とチーズをまぜてリゾットに。
Img_0854


| | コメント (2) | トラックバック (0)

被害届

人生初めての被害届を書いた。

警察から以前、盗られた自転車を保管しているので取りに来て欲しい、
との電話があり警察署に出向き事情を聞く。
なんでも職務質問した人物の自転車の防犯登録が違っており、
問いただすと別人から購入した、その別人はどこの誰かはわからない、
などと言っているとのこと。
(状況に無理がありどうも言い逃れぽいな~)

警察から微罪処分にしてもらえないか、ともちかけられ、
犯人は憎たらしいが裁判とかなるとややこしいのでそれで同意する。
なお微罪処分とは犯人を検察に渡さず警察内で片を付ける、
という処分のこと。

そして被害届を書いて欲しいと案内された場所はこれまた人生初の調室。
ここで普段、「お前がやったんやろう!さっさと吐かんかい!」といった
やり取りがされているのかと思うと少しドキドキ。
(対応してくれたのはまだ若く腰の低い警官だったけど)
供述書なる書類に住所、名前、盗難状況、処分は警察に任せる、
といった内容を記入して手続きは終了。
ようやく自転車を返還してもらう。

本来は盗難にあった時点で被害届を出すのがいいんだろうけど、
(盗難自転車が犯罪などに使われる可能性もあるので)
どうせどこぞの外国なんかに売り飛ばされて戻ってこないだろうと、
これまで盗難被害にあっても放置していた。

自転車盗難は腹立たしいがこれはこれで貴重な体験になった、かな?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

一言読書感想:コミックスその1

「あっかんべぇ一休」(坂口尚)
TVアニメでおなじみ禅僧一休宗純の生涯を描いた作品。
でもこちらの一休さんは若い頃はひたすらストイック。
悟りを開いたあとも自由奔放なようでいて根は変わっていない。
臨終の際の高僧らしからぬ言葉も「人間」として生きた一休ならではの重みを感じる。

「MASTERキートン」(浦沢直樹)
考古学者にしてロイズの調査員、そして元SASサバイバル教官のキートン先生。
基本的には一話完結。人間ドラマを主軸にアクション、サスペンス、ほのぼのといった
非常にバリエーション豊かなストーリーが楽しめる。
ただ物語後半、キートンが主役らしい活躍がなくなっていったのが残念。
持っていたコミックスは売ってしまったので現在、完全版を買い戻し中。

「柔道部物語」(小林まこと)
まったくの柔道ド素人、三五十五は先輩に騙されて高校の柔道部に入るが、
強豪校との試合を通じその才能を開花させ全国の頂点を目指す。
すべての登場人物がキャラ立ちしており、爆笑もののギャグと
シリアスなアクションが見事に融合した学園格闘漫画の傑作!

「サザエさん」(長谷川町子)
朝日新聞に連載された4コマ漫画にして国民的漫画の代表格。
アニメのイメージで原作を読むとかなりブラックなサザエさんたちにとまどうかも。
社会風刺を扱った後期よりもユーモア中心の初期のほうが好みかな。
原作者の自伝ともいえる「サザエさんうちあけ話」もオススメ。

「よつばと!」(あずまきよひこ)
天真爛漫なよつばを中心にとーちゃんをはじめ出てくる人物が良い人ばかり。
クスっとさせられながらもほんわか気分になる。もうすぐ11巻が発売。

「ドラゴンボール」(鳥山明)
説明不要の国民的漫画にして世界的にも有名な人気作。
毎週ジャンプを立ち読みするのが楽しみだったが個人的なピークはサイヤ人編。
しかし登場時はかっこいいと思っていたピッコロやベジータが、
味方になったとたん噛ませ犬になってしまうのは残念。

「百物語」(杉浦日向子)
江戸時代の怪異を集めた短篇集。
妖怪や幽霊の類が特別な存在ではなく生活の一部であった時代を感じさせてくれる。
怖いだけではないどこか懐かしくもあり儚くもある余韻が残る作品。
作者が早逝されてしまったのが惜しまれる。
絵師、葛飾北斎を扱った「百日紅」と合わせて読むのがオススメ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

来年の公開映画

観に行くかどうかはおいといて、
とりあえず気になる2012年公開予定映画をピックアップ。

「ALWAYS三丁目の夕日’64」1月14日
シリーズ第3弾。これは観に行くと思う。

「テンペスト3D」1月28日
琉球王宮絵巻。気になるけど、う~ん。

「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ」2月4日
原作が完結するのかのほうが気になる。

「ピラミッド 5000年の嘘」2月18日
科学ドキュメンタリー。

「スターウォーズ ファントム・メナス3D」3月16日
とりあえず1作目だけみてみるか。

「宇宙戦艦ヤマト2199」4月7日
新TVシリーズを上映。またか!、と思いつつ気になる。

「バイオハザード5」9月
惰性でみにいくかも。

「ホビット」12月14日
「ロード・オブ・ザ・リング」前日譚。

「るろうに剣心」未定
地雷臭がするけど・・・。

「ゴーストバスターズ3」未定
おお懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花月寿し

布施のお寿司屋さんといえばすし富が有名だが、
同じ商店街沿いにある花月寿しに行ってきた。
Img_0818
普段、回転寿司ばかり通っていると目の前で握ってもらう寿司には、
気後れしてしまうがこちらのお店はリーズナブルなお値段。
(マグロ、ハマチなどは3寛200円)

夜遅くまでまでやっているので、
使いかってはすし富よりいいかも。

Img_0815


| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きなBGM:FFメインテーマ

3曲目がFF好きにとっての国歌。知り合いが結婚式の入場曲に使っていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレミアソフト

前々から興味のあったプレミアのついているゲームソフトを買ってしまった。
序盤だけプレイしてみたが、なかなかお好みの世界観。
でも、悲しいかな遊ぶ時間がない~。
P1000574


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一言読書感想:司馬遼太郎作品

「竜馬がゆく」
土佐藩を脱藩した坂本龍馬が日本を洗濯。
男なら誰もが憧れる。でも美化しすぎなような。

「燃えよ剣」
新撰組の鬼の副長土方歳三。剣に生き剣に斃れる。
龍馬とは対極なダークヒーロー歳三。
でもこちらのほうに惹かれる。
自分が新選組に入ったらまっ先に切腹させらそうだが。

「太閤記」
極貧の身であった秀吉が人たらしによって天下人へ。
負の部分を極力描かなかったせいか、
まったく秀吉に感情移入出来んかった。


「新選組血風録」
新撰組隊士たちのオムニバス。
「燃えよ剣」と比べるとヒートダウン。

「坂の上の雲」
日露戦争で活躍した秋山兄弟を中心に、近代化しつつある明治日本を描く。
前半は人物描写が面白いけど、後半は歴史をなぞる感じでテンションが下がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金龍

ラーメン自体は醤油とんこつなんだけど、なんだろうこのジャンク感は。
でも、周囲の雰囲気には合っているのかも。
Img_0810


| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「カウボーイ&エイリアン」

スピルバーグとハリソン・フォードの名前をみつけて、
大作映画を期待してこれを観たら肩透かしをくうところだが、
最初からトンデモB級映画と思っていたのが良かったのか、
意外と面白かった!

基本的な設定は無法者、寂れた開拓村、インディアンとコテコテの西部劇。
そこに場違いなエイリアンが絡んでくるわけだが、
それほど違和感はない。

とにかく物語の展開が早いので途中で飽きない。
随所に盛り込まれた熱い演出もいい感じ。

エイリアンがお馬鹿すぎるといったツッコミどころもあるが、
B級映画としたら上等な出来映えだろう。

しかしちょいワル兄貴という印象の強かったハリソン・フォードも
ほとんどおじいちゃんに・・・。
みんな歳を取るんだな~とちょっとしみじみしてしまった。


☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫祭(2011秋)

週末は桜花主催の収穫祭へ。
会場となった門林エコファームさんには3回目、2年ぶりの訪問。
天気予報では雨が心配されたが、ほとんど降らなかった。
P1000553
エコファームの畑。雑草がところかまわず生えている。
P1000564

収穫されるのを待つ野菜たち。
P1000563

P1000568

収穫後。
P1000557

P1000556

当日は生産者、料理人、消費者らが集まり、料理を通じて交流を深めていく。
用意されたワインの数々。
P1000546

たくさんあったワインだが、最後にはなくなっていた。
P1000547

蔵元さん持参の地酒・天野酒。
P1000559

とりあえず一杯目はオリオンビールで乾杯。
その後は飲み過ぎないようちょびちょびと・・・。
P1000555

犬鳴ポークの網焼き。
いつもの丸焼きは諸事情で中止とのこと。
P1000560

河内鴨のロース。
P1000562

古代米のおむすび。
P1000558

料理はバイキング形式。
P1000561

ご馳走様でした。

前回

前々回


| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きなBGM:JENOVA

「ビッグブリッジの死闘」と並ぶ戦闘BGMの名曲。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »