« 動物視点 | トップページ | テニスを観戦する猫 »

映画「コクリコ坂から」

ラピュタやもののけを観たときのワクワク感が
千と千尋以降薄れていっている最近のジブリ映画。
ゲドやポニョなんかも観ているときはそれなりに面白いんだけど、
どうも心に残るものがない感じ。

前作のアリエッティはまったくそそられるものがなく未見のまま。
今回のコクリコ坂もスルーのつもりだったが、
意外と良いとの評判が多くそれならばと観に行ってみた。

内容を一口で表すと古き良き青春メロドラマ。
人物描写がとても丁寧で感情移入しやすく、
ノスタルジックな感傷に浸りながら、
心地良い感動が味わえる良作だった。
なぜか久しぶりにオトナ帝国の逆襲をみたくなった。


ヤフーのレビューをみてみると、
見事に評価が☆と☆☆☆☆☆とに分かれており、
なかなか興味深い。

いろいろ不便なことも多かったが、
なんとなくバラ色の未来が待っていると
みんなが思っていた時代を知っている世代と、
モノと情報だけは豊かだけど、
閉塞感に包まれた未来しか描けない世代では、
まったく違う印象になる映画かも。

自分の評価は人物描写は◎だが、
あまり舞台背景を知らない者には
おいてけぼり感があったので☆☆☆★★。

U・W旗の意味くらいはテロップででも説明して欲しいね。

海「みなさんの安全な航海を祈っています」

俊「貴方の協力に感謝する」

|

« 動物視点 | トップページ | テニスを観戦する猫 »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/52510337

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「コクリコ坂から」:

« 動物視点 | トップページ | テニスを観戦する猫 »