« トマト麺 | トップページ | 映画「127時間」 »

映画「スカイライン-征服-」

内容は車の話ではなくいわゆる地球侵略もの。

突然、宇宙から飛来してきた侵略者たちに、
一方的に捕らえられていく人々。
空軍による決死の反撃も・・・。

ラストをめぐって賛否両論があるが、
低予算で作られたとはとは思えない映像に、
どうあがいても絶望なストーリー展開も割と好みの映画だった。
(ラストの蛇足感は否めんが)

少し前にホーキング博士が人類が異星人と接触するのは危険と話していたが、
現実に異星人が地球にやってきたらこういう感じになってしまうかもと思ってしまった。

人類の歴史を見ても異なる文明同士が接触した場合、
たいがい武力で劣る文明のほうは侵略されている。

「スカイライン-征服-」予告編


|

« トマト麺 | トップページ | 映画「127時間」 »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/52187845

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スカイライン-征服-」:

« トマト麺 | トップページ | 映画「127時間」 »