« 映画「スカイライン-征服-」 | トップページ | 平野郷めぐり »

映画「127時間」

登場人物はほぼ一人。
その人物がまったく動かない(動けない)。
ある意味、究極の密室劇でもある映画「127時間」。

主人公のアーロンは一人でなんでもこなしてしまうアクティブな青年。
いつものように休日に誰にも行き先を告げることなく、
ユタ州にある国立公園でキャニオン巡りを楽しんでいた。
岩に囲まれたクレパスを慣れた手つきでよじ登っていると、
落石にあってしまいその岩に腕を挟まれるアクシデントが!
絶体絶命の中、アーロンは生きる為に知恵を絞り生還をこころみる。
しかし腕にのしかかった岩はびくともせず、
救助も期待できないまま5日が過ぎ、
アーロンは死を覚悟しこれまでの人生を省みる・・・。

全編、退屈することなく肩に力を入れて見入ってしまった。
この辺りは監督の演出が上手いな~。
主人公に感情移入できるシーンが少なかったり、
最後がきれいにまとめすぎていて、
余韻がやや物足りなかったが、
映画としての完成度は非常に高い。

ただかなりのイタタタシーンがあるので、そういう人が苦手な人は注意!

「127時間」予告編

|

« 映画「スカイライン-征服-」 | トップページ | 平野郷めぐり »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/52192562

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「127時間」:

« 映画「スカイライン-征服-」 | トップページ | 平野郷めぐり »