« 日本酒持ち寄り会 | トップページ | 空耳な天使のテーゼ »

映画「ハリーポッターと死の秘宝パート2」

10年にわたり続いてきたハリーポッターシリーズの最終作。

このシリーズ、ファンタジー色が濃く、
ストーリーも明るくわかりやすかった1作目が一番面白かった。

回を重ねるごとに物語がダークに、
そして人物相関がややこしくなっていき、
正直、気持ちは盛り下がるばかりだったが、
ここまで観たら最後までと惰性的に観続ける。

原作を読んでいたらもっと人物や設定も理解できたんだろうが、
原作のほうは1巻目の先生たちのハリーへのえこひいきぶりに挫折。
(あれじゃあマルフォイが悪の道に走るのもうなずける)

映画シリーズのほうは世界に魔の手が迫っているというときに、
脳天気なホウキ勝負やラブコメなどのシーンが唐突に入る。
原作にそういう場面があるんだろうが、
脈絡がなさすぎてそんなことやってる場合か!
とつっこみをいれたくなることが多かった。
ラスボスのヴォルデモートもさんざん、周囲をビビらせているが、
単なる癇癪持ちにしかみえず、まったくカリスマが感じられんかった。

今作では中だるみもなく非常にテンポよく物語がすすみ、
映像もロード・オブ・ザ・リングの最終決戦を彷彿させる
迫力あるシーンが満載で久しぶりに面白く観ることができた。

これでお気に入りの人物がたくさんいれば、
もっと感無量な感じが味わえたんだろうがそれが残念。

あと3Dで観たけど2Dで十分。

|

« 日本酒持ち寄り会 | トップページ | 空耳な天使のテーゼ »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/52357616

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハリーポッターと死の秘宝パート2」:

« 日本酒持ち寄り会 | トップページ | 空耳な天使のテーゼ »