« SPACE BATTLESHIP ヤマト | トップページ | うどん日和 »

ニュートラル

10代から20代にかけて、
ひどく人間不信の時期があった。

世間の暗いニュースをみては一人、憤慨する。
他人の欠点をみつけると、すぐに心を遮断する。
でもそういう自分は何者なんだ、
という自問がふと現れ、
それまでの攻撃心が自分に返ってきて落ち込む。

そんなことをよく繰り返していた。

そういうことが続くとしんどいので、
なんとかこの気持を解消できないものかと、
心理学やら宗教関係の本をよく読んだりした。
的をえている部分や耳あたりのいい言葉もあったりしたが、
なにかにひっかかりを感じてしまい、心が晴れることがなかった。

カウセリングなんかでは、
「自分が嫌いな人に自分を変えることは難しい」
と言われている。
そこでまず悪い自分も含めて受け入れることをすすめる。
でも言うは易く行なうは難し。

あと自己啓発セミナーや新興宗教系なんかも、
「今の自分はこんなはずではない」
という人が集まりやすい。
その気持は分からなくはないが、
なにかを一方的に信じろというのが嫌いなので、自分には無理。

そんなある日、テントをかついで四国の方に旅にでた(といっても5日間ていどの短いものだが)。
環境を変えて気分転換がしてみたい、程度の軽い気持ちだった。

どこぞの山道をてくてく一人で歩いていると、
目の前に広大な森と山が広がっている景色がみえた。
それをしばらく眺めていると、
「人間てなんてちっぽけなんだ」
と直感的に悟った。

別に自分を卑下するわけではなく、
ただ人の存在は豆粒みたいでその一生も、
自然からしてみれば一瞬のことなんだ、と思った。

そう思うとそれまで自分の抱えていたもやもやした気持ちも、
すーっと小さくなり、それからはずいぶんと気持ちが楽になった。

で、今でも悶々とすることがあると、そのときの気持ちを思い出すようにしている。

自分の気持ちをニュートラルにできるかどうかって、
頭でっかちになりがちな今の世の中では、
大事なことだと思う。

|

« SPACE BATTLESHIP ヤマト | トップページ | うどん日和 »

ふと、思う」カテゴリの記事

コメント

私も自分が大嫌いな時期がありました。
とってもしんどくて、つまらない毎日でした。

今は、自分が好きです。自然体でいられるので楽です。
人間はちっぽけだけど、自分の一生は大きいです。

充実した日々を送りたいなー。
情報に惑わされずに、自分にとって必要な選択をしたらいいと思うなー。

投稿: 竹下龍 | 2010/12/21 10:39

竹下龍さん
たくさんの情報が溢れているわりには、
本当に大事なものというのは少ないですよね~。

投稿: ぽうせ | 2010/12/22 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/50341556

この記事へのトラックバック一覧です: ニュートラル:

« SPACE BATTLESHIP ヤマト | トップページ | うどん日和 »