« はりはり鍋 | トップページ | くろしを »

「中原の虹」

浅田次郎著「中原の虹」文庫版全4巻を読み終わる。

夢中になると続きが気になってしかたがなくなり、
あっという間に読破してしまう質だが、この本は時間がかかった。
というのも続きが全然気にならなかった。

前シリーズである「蒼穹の昴」が面白かったので、
続編である「中原の虹」はとても楽しみにしてた作品なんだが、どうにもわくわくしない。

物語の主軸がころころ変わるので、その度に緊張感がそがれてしまう。

数多くの登場人物たちも型どおりの役を演じている感が強く、
感情移入ができない(特に西太后と張作霖)。

これはファンタジー作品か?という龍玉やら、要所要所で英霊たちが導くという設定も、
パラレルワールドとして別の歴史を創作するというのなら面白い要素と思うが、
あくまで現実の歴史を下敷きにした作品なので馴染まない感じだ。

良かったといえば前作の主人公、春雲が兄の春雷と再会するシーンと、
最後のほうまで野心があるのかないのかつかませなかった袁世凱の描写くらい。

もし今後、正統な続編があるとしたら満州事変にさしかかって、
今まで以上に「史実」という制約を受けるだろうから、
登場人物らはそのギャップに苦しむだろう。

すでにスピンオフとしてその後を描いた「マンチュリアン・リポート」という作品があるが、
評判を聞く限りまったく読む気がしない。

|

« はりはり鍋 | トップページ | くろしを »

my本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/50010533

この記事へのトラックバック一覧です: 「中原の虹」:

« はりはり鍋 | トップページ | くろしを »