« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

すしランチ

寿司を食べるといえばもっぱら回転寿司(お気に入りはスシロー)を利用。

たまにはカウンターのお寿司でもとさんきゅう水産という寿司店でランチを食べる。
2

にぎり10貫に大きな赤だしがついて780円。

味のほうも悪くなくかなりお得感が高い。

でも寿司セットは好きなネタが選べないのが辛いところ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お月見カヤック

琵琶湖でお月見ナイトパドリングという体験教室に参加。

実は何年か前にも参加したことがあるが、
そのときは天気が悪く土砂降りナイトパドリングになった。

はたして今回、リベンジなるか。


夕暮れ迫る琵琶湖をカヤックで漕ぎ出す。
Dsc04067

台風の影響で風は強いものの空は晴れわたっている。

西側の対岸より見事な月の出が。
Dsc04127_2

その後、月見団子を作って食べる。
Dsc04142

<おまけ>
あくる日は琵琶湖巡り。
巨大水車のある能登川にいた猫。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カツオを捌く

某教室でカツオを1尾捌くのに挑戦。
0004

この時期のカツオは戻り鰹と呼ばれている。
春先の初鰹と比べると太っていて脂もたっぷり。そして安い。

捌き方のおおまかな工程は、

・胸びれ、腹びれと切れ目を入れる。
・頭と内蔵を取る。
・水洗い。
・ウロコ(鱗というより皮)と背びれを切り落とす。
・3枚におろす。
・その身を背身、腹身に切り分け4本にする・

こう書くといっけん簡単そうだが、けっこう重労働。
加えて血の気の多い魚なので、とにかくすぐ血まみれになる。

0005

写真では3本しか写っていないが、身を4本に切り分けたところ。
で、身のほうは刺身にしたり、コンロで炙ってたたきに。

0006

盛りつけ!
奥からたたきに刺身。
手前の赤いのは心臓の刺身。初めて食べたけど意外と美味。

0008_2

中落ち丼。
脂がのりきりとても新鮮なお味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラキチ君

Photo

波に乗れそうで乗れないタ◯ガース。
このアイスを食べて応援だ!

でも、よくみると◯神の商標がない。
これってセーフ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前獲れ屋 参寅

Dsc03972電車で2時間、駅から歩いて20分のところにある高砂の「参寅」というお店に遠征。トレーラーハウスがお店になっていて、その日、近海で獲れた新鮮な魚をだしてくれる。悪天候で漁に出られないときは休業になるそうで、この日は台風が接近しており少し心配していたが、ちゃんと営業していた。

         コチの天ぷら。
Dsc03973

         カレイとタコのお刺身。
Dsc03974

         穴子のタレ焼き。
Dsc03977

         ワタリガニ。
Dsc03978

         えびギョーザ。
Dsc03979

         ギョロッケ。魚風味のコロッケ。
Dsc03983

どれを食べても旨い!
これで場所が近ければ最高なのに・・・。

Dsc03980

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麺屋 清正

Dsc03965


近鉄小阪駅よりやや離れた場所にある「麺屋 清正」へ。
比較的新しいお店だがネットではなかなか高評価を得ている。

ラーメンの種類は大きく分けると「元祖清正」と「清正新味」があり、
他に和麺、鉄鍋つけそばといったユニークなラーメンも。

正統的なラーメンが好みなので元祖を注文。
(流行りのつけ麺は未だに注文する気になれない)
Dsc03964

スープは鶏白湯がベースになっているそうだが、
いろんな材料を煮込んでいるらしく、濃厚な深みのある味わい。
麺、チャーシューともに高レベル。

このラーメンも十分に美味しいけれど、
さらにこってりという新味のほうも次回、食べてみたい。

Dsc03963
サイドメニューの焼き飯もふんわりパラパラで旨~。
美味しいラーメンと焼き飯って中華最強のタッグだ。

そういえば焼き飯という言い方は関西独特らしく、
関東では焼き飯という言葉が通じないことがあるらしい。
最近、知った意外な事実!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いくら&うに

0005_2ミナミにある「ペリーのいくら丼」で夏限定メニュー、いくら&うに丼を食べる。ケータイ写真なので写りがイマイチだが、いくら、うにともにキラキラ輝いて見える。食べると濃厚な味が口に広がってうま~い。

0006サイドメニューのかに汁。こちらは通年、注文できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »