« UC | トップページ | リーズナブル »

美山とボタン鍋

久しぶりに京都・美山へ。

公共機関の交通を利用した場合、非常に不便な場所にありながら、
美山には縁があるのか過去6回ほど訪れている。

今回の目的はかやぶきの里での写真撮影と冬季限定のボタン鍋。

まず第1の目的「かやぶきの里」へ。
北村や北集落と呼ぶのが正しいらしいが、
観光用に「かやぶきの里」という名称が有名。
茅葺きの家が多く現存している。

Dsc00126

Dsc00129

Dsc00144

同じ茅葺き集落である白川郷と比べると、
規模が小さく質素な感じだが、
白川郷ほど観光地化がすすんでいない分、
村に住む人々の生活感が溢れている。
Dsc00145

夜は美山にあるかやぶきYHにお泊り。
10年近く前に1度泊まったきりだったけど、
宿主さんが自分のことを憶えており、ちょぴり嬉しい。
Dsc00213

YHなのでお部屋は相部屋。
久々の相部屋で少し不安もあったが、同室者がいい感じの人でホッ。。

第2のお目当て、ボタン鍋を食べる。
盛り付けられたシシ肉はまさに牡丹!
Dsc00193

以前、別の場所で食べた事のあるボタン鍋はもっと脂こかったが、
今回のボタン鍋はものすごくあっさりしていた。
なんでもいいお肉が手に入ったとのこと。
Dsc00195

最期は雑炊に。お腹一杯。
Dsc00198


|

« UC | トップページ | リーズナブル »

行ってきました」カテゴリの記事

コメント

YHにはとても見えず、年季の入った民宿といった風情ですねえ。
私は猪は食べたことがありません。
身の半分以上が脂身に見えますが、これで〝あっさり〟というのが不思議ですね。

投稿: ライデン | 2010/03/07 21:25

みかけは古めかしいですが、
中身は快適ですよ。
国内YHの設備レベルを星ならぬ桜の数で表しますが、
このYHは最高レベルの4つ桜となっております。

ボタン鍋ですがあれだけ脂身があるのに、
ほとんどアクがでませんでした。

投稿: ぽうせ | 2010/03/08 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/47723112

この記事へのトラックバック一覧です: 美山とボタン鍋:

« UC | トップページ | リーズナブル »