« 和歌山風中華そば | トップページ | 酒蔵巡り(沢の鶴) »

遠野物語

Dsc00115

小学館から「水木しげるの遠野物語」というコミックスが発刊される。

民話好き、水野しげる好きの自分としては、
これは外せんと購入する。

まず水木センセ、まもなくお歳が90になるであろうに、
まだまだ衰えを感じさせない現役ぶり。
(鬼太郎時代と比べるとタッチが優しくなった気はするが)

原作の方は文章が現代人にはわかりづらいが、
マンガだと非常に読みやすく物語に入っていきやすい。

きっと、当時の子供達も物語を
身近に感じながら語り部の話を聞いていたんだろうな~、
と思いながら読み終える。

「遠野物語」は今から100年前に民俗学の父とも言われる
柳田國男によって出版された。

柳田は遠野を訪れ土地の人物である佐々木氏に各村々に語り継がれる
100偏以上の怪異を聞き出しそれを簡潔にまとめ上げた。

河童、座敷童子、天狗など今でもお馴染みの妖怪たちが多く登場するが、
なかには怪異でも何でもなくただの軟禁殺人事件やん!
という物語もなにげに混ざっているところが面白い。

また物語の関係者が
「◯◯村の×△某という者が・・・」
とさも実在の人物が体験したこととして語られるので、
当時はさぞやリアリティのあった話だたろうと思う。

そういえば自分が子供の頃に、
親がまだ幼い時代は竹林がたくさんありそこから狸囃子が聞こえた、
小学校の先生が山で天狗倒しにあった、
という話をしてくれたことがある。
今思えばそれらは昭和以前の民話世界の微かな残り火だったんだろうな・・・。

口裂け女や人面犬などの都市伝説も、
現代の民話といえなくもないが。

遠野物語のなかでは、
遠野に旅行したときに語り部さんから直接聞いたということもあるが、
寒戸の婆の物語が一番、印象深い。
神隠し譚のひとつだが、
この孤独な老婆の心情を思うとなんとも切ないものがある。


寒戸の婆

松崎村の寒戸というところにいた娘がある日行方不明になる。
娘は戻ってこないまま何十年もの月日が流れた。
ある風のとても強い夜のこと。
その娘の家で親類一同が集まっていると、
誰かが戸を叩く音がする。
戸を開けてみるとみすぼらしい老婆が立っていた。
その老婆は行方しれずになっていた娘であり、
変わり果てた顔に見覚えのある親類が何人もいた。
「懐かしいなー。皆に会いたくなってて帰ってきた」
と老婆は言い、親類一同を見渡したあと、
再び何処へと去っていった。

それ以来、遠野では強い風が吹く日には、
「こんな日は寒戸の婆が帰ってきそうだ」
と言うようになった。

Dsc00116

|

« 和歌山風中華そば | トップページ | 酒蔵巡り(沢の鶴) »

話の話」カテゴリの記事

コメント

まさかと思ったのですが、水木先生、ほんとに現役で連載を抱えておられるのですね。
過去に描かれたものを単行本化したのかと思いました。
彼自身が妖怪であるという説も、単なる笑い話ではなかったりして…。

投稿: ライデン | 2010/03/15 23:56

本人が寝ている間に妖怪がマンガを書いているのかも(笑)。
いつまでも現役でいて欲しいですね。

投稿: ぽうせ | 2010/03/17 00:44

昨夜たまたまNHKの「マンガノゲンバ」で水木しげる特集をやっていたのをみました。(再放送で二本立てだったのが、面白すぎて最後までみてしまいました)

水木先生、いい感じのボケっぷりで懐の深さを感じさせます。カッコいいじじいだなあ。
戦争や極貧時代と、辛いことをたくさん経験してるはずなのにねえ。

「悪魔くん」読んだことなかったのですが、作品にこめられた反逆の精神(みたいなもの?)に感じ入るところがあり、ちょっと読んでみたくなりました。

ちなみにウチの弟が会社員時代に水木しげる記念館立ち上げのプロジェクトに関わったことがあり、先生本人とお会いしたことがあるそうです。人のいいおじいちゃんで、妖怪の話しかしなかったそうです。

投稿: でんでん虫(兄) | 2010/03/20 15:14

「マンガノゲンバ」録画しておいたので、今見終わりました。
水木先生、岡本太郎に通じるものがありますねえ。
生涯現役で芸術を続けられる人は、やはり常人とは違うものを持っていますね。
以前は苦手だった水木漫画ですが、最近どうも気になっていたところです。
何から手を出そうか、悩んでしまいますが。

投稿: ライデン | 2010/03/20 23:28

作品としては鬼太郎や悪魔くんが有名ですが、
自伝や歴史物も面白いです。
その自伝によると悪魔くんはいくら働いても生活が苦しく、
理不尽な世の中への不満から生まれたものだそうです。
その悪魔くんがヒットしてメジャー漫画家への道が開けたとか。

投稿: ぽうせ | 2010/03/22 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/47814272

この記事へのトラックバック一覧です: 遠野物語:

« 和歌山風中華そば | トップページ | 酒蔵巡り(沢の鶴) »