« インド料理食事会 | トップページ | 深夜のサイクリング中 »

映画「南極料理人」

333529view007

映画「南極料理人」を観る。

昭和基地からはるか1,000Kmのかなた、
標高3,800m、平均気温-57℃、
アザラシやペンギンはおろかウイルスさえも生存しない、
極限の地に存在する南極ドーム基地。

この作品は第38次越冬隊員8名の苦闘を描いた人間ドラマ

ではなく(ある意味苦闘ではあるが)、
エビフライが食べたい、
インスタントラーメンがなくなった、
など終始、ゆる~いエピソードが繰り広げられる。

原作は実際に越冬隊に料理人として参加し、
そこでの隊員たちの生活を綴った西村淳著の「面白南極料理人」。

映画は原作のほのぼのした雰囲気がよく再現されているが、
異なるといえば主人公がひげ面の強面親父から、
女性受けしそうな優男になっていることと、
原作では描写されていない国内での人間ドラマが挿入されていること。
この人間ドラマだが安易にお涙頂戴の感動シーンにせず、
ドライに描かれていたのには好感が持てた。

映画の画面上、極限の地という割には、
国内で雪上キャンプを楽しんでいる風にしかみえなかったが、
ヒューマンコメディとして上手くまとまっており楽しませてもらった。

それにしても原作でも思ったが、
越冬隊員ていいもん食べすぎちゃうん?


|

« インド料理食事会 | トップページ | 深夜のサイクリング中 »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/46195185

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「南極料理人」:

« インド料理食事会 | トップページ | 深夜のサイクリング中 »