« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

キジも鳴かずば

懐かしいTVアニメのひとつ「まんが日本昔ばなし」。

ほのぼのした話、愉快な話に混じって、
怖い話、暗い話というのも少なくない。
しかし、そんな話のほうが記憶に残っていたりする。

「キジも鳴かずば」もそうした話のひとつ。

昔、犀川(石川県)のほとりに小さな村があった。
毎年、秋になると大雨のため川が氾濫し、
村では田畑が流され死者がでるなど大きな被害を受けていた。

そんな村に弥平と千代という貧しいながらも
仲の良い父娘が暮らしていた。

千代は手毬が好きな娘で、
いつも家の外で手毬をついていた。

ある日、千代が病にかかり寝込んでしまう。
弥平の家は貧乏なため医者に診てもらうことができない。

「おっ父、おら手毬がつきたい。
 また元気になれるかな」

そんな娘を弥平は看病しながら、
粟粥を食べさせようとする。
しかし千代は首を振り、

「粥はいらねぇ。小豆まんまが食べたい」

と、まだ母親が生きている頃に一緒に食べた、
唯一、美味しかった思い出のある小豆まんまをねだる。

弥平は娘のために地主の倉に忍び込み、
ほんの一掴みの米と小豆を盗みだした。
そして小豆まんまをこしらえて食べさせたところ、
娘は日に日に元気になっていった。

動けるようになった千代は、
弥平が畑仕事に出掛けている間に、
外にでて大好きな手毬をついた。

「とんとんとん
 おら家じゃ おいしいまんま食べた
 小豆の入った小豆まんま
 とんとんとん」

やがて村に秋が訪れ、
例年のように大雨の日が続くようになる。
犀川の氾濫を心配した村人達が
村長のもとに集まり会合をおこなった。

「川の氾濫を止めるには人柱しかねぇ」

村人の一人がそう叫んだ。

「しかし人柱になるのは咎人と決まっている」

もう一人の村人がつぶやく。

「いや、この村にも咎人が一人おる」

偶然、千代の手毬唄を聞いていた村人が、
その唄の内容をみんなに話した。

その夜、大勢の役人たちが弥平の家に押し入った。

「弥平、地主の倉から米と小豆を盗んだであろう。
 娘が歌っていた唄がその証拠じゃ!」

盗人としてひったてられる弥平。

「おっ父・・・」

不安そうにつぶやく娘に弥平は、

「心配するな。おっ父はじきに戻ってくる」

と娘を安心させようと笑顔で答える。
しかし、それが二人にとって最後の会話となった。

弥平はそのまま人柱として、
生きたまま犀川の土手に埋められた。

一人残された千代は何日も、
父親が埋められた場所で泣き続けた。
そして、泣き止んだあとは一切、
物を言わくなってしまった。

何年かの月日が流れ、
千代も大きくなったが喋ることはなかった。
そんな千代の姿をみかけることも少なくなったある日のこと。

村の猟師が雉を撃つため山に入った。
上空で雉の鳴き声が聴こえ、
すかさず猟師は雉を撃ち落す。

雉が落ちた場所に猟師が近づくと、
そこには死んだ雉を抱いた千代が立っていた。

「雉よ、お前も鳴かずば
 撃たれまいものを」

そうつぶやく千代をみて、

「おめぇ、口がきけただか!?」

と驚く猟師。

そしてそれ以後、千代をみた村人はいない。
しかし、この千代が残した最後の言葉だけは、
いつまでも村人の間で悲しく語り継がれた。


口は災いの元

それを伝えるための話にしては、
なんとも救われなさすぎる・・・。

いくつか諸説があるものの、
この話のもとになったと思われるのが「長柄の人柱」伝説。

飛鳥時代、大阪の淀川に架かっていた長柄橋。
(今の長柄橋ではなく、当時は吹田市と大阪市東三国の間に架かっていたらしい)
この長柄橋の建設が困難を極め、完成させることが出来ない。
そこで一人の長者が「袴に継ぎのある者を人柱に」と言ったところ、
なんとその長者の袴が継ぎがあったため人柱にされてしまう。
その長者の娘が射止められる雉をみて詠んだという和歌が今も伝えられている。

 物言じ 父は長柄の橋柱
 鳴ずば雉子も 射られざらまし

昔、大阪ではこの話を子供に聞かせ、
「せやからいらんことは言いなや」
と教えたそうな。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

自己啓発的「桃太郎」

代表的な昔話「桃太郎」を自己啓発書にアレンジ。


にほん自己啓発ばなし「桃太郎」

なるほど、めでたしめでたしなどと終わっている場合ではない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二両半

Dsc02930大阪にいくつかの支店があるラーメン店「二両半」。本店は鶴橋にあるが、いつも行くのは布施店のほう。麺の固さ、具の多さなど選べるシステムはここが元祖とのこと。また京都「第一旭」というお店の暖簾分けのお店だとか。

Dsc02931

ラーメンは醤油・味噌・塩の三種類から選べるが、
自分が決まって注文するのは醤油ラーメン。
クセがなくオーソドックスなお味。

辛いのやこってり系はちと苦手という人におすすめ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「はじめてのともだち」

この手の作品はずるいや!
と思いつつも、つい昔飼っていた動物たちがだぶってしまう・・・(;ω;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人焼肉

ときどき一人では入れない・出来にくいものランキングというものをみかける。

一人カラオケ
一人回転寿司
一人映画館
一人焼肉
一人居酒屋
一人遊園地
一人旅行
一人ファミレス
一人ボウリング
一人海水浴
一人バスツアー
一人スキー

などなど。

う~ん、ほとんど一人でも平気だ。

上記のなかでしたことがないといえば、
遊園地、カラオケ、ボウリングだが、
これは一人で出来ないというより、
それほど興味がないというほうが大きい。

先日、近所の焼肉店で一人焼肉を楽しむ。

遅い時間に行くと決まってガラガラで、
他の客に気を遣わなくてもいいということもあるが、
ここのお肉が良い肉を使っていて、
お手頃な値段でいてむちゃくちゃに美味い!

誰にも邪魔されず、自分のペースでじっくりお肉が食べられる。
まさに至福の時間・・・。

肉盛り合わせ、焼きキモ、ライス、生中を注文して支払いは2600円也。


Dsc02926

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わが家の母はビョーキです」

A

「わが家の母はビョーキです」(中村ユキ著/サンマーク出版)

統合失調症を患った母親とのかかわりを描いたエッセイマンガ。

世間的にうつ病、痴呆症、アルコール依存症といった精神疾患は、
あまり公にはしにくい傾向があるが、
なかでも統合失調症は一段とタブー視されてきた歴史があり、
いまもその名残が強く残っている。

そんな病気の母親のことをマンガで描くことは、
作者(娘)にとっても勇気がいり、また辛いことだったろうと思う。

本人(母親)はもちろん、周囲の誰も統合失調症への知識がないまま、
病状のほうはどんどん悪化。
幻聴、誇大妄想、自殺願望、強制入院と、
数々の修羅場が繰り広げられる。
やがて理解ある夫とめぐりあい、
正しい服薬、周囲のサポートなどによって、
完治はしないものの今は、
以前よりは病状が安定しているという描写で、
一応、マンガのほうは完結する。

このマンガを読んで一番印象的だったのは、
終始、主眼にあるのは娘からみたお母さんであり、
統合失調症そのものではないことだった。

だからこそ母娘両方の苦しみ、悲しみが、
生々しく伝わってきた。

相手のことを知る上で病気・障害を理解することはもちろん大切。
特に統合失調症などの場合は早期発見・早期治療がなによりも必要なこと。

ただ病気・障害について正しい知識を持っているはずの
医療・福祉関係者であっても、
それがお互いの関係を深め、人格を知るということとは、
必ずしも一致しないという側面がある。

ともすれば
糖尿病の○○さん、半身麻痺の××さん、
と、まず病名をフィルターにして相手をみてしまい、
病名だけでその人のことをわかったつもりになってしまう
(あるいはわかろうとしない)。
その人がどんな生活を送ってきて、なにに喜び、悲しんできたのか、
なにも知らないくせに。

介護の世界では、
「痴呆症の人を介助するときは、
その人が若く元気だった頃の姿を想像するように」
との言葉がある。
そうしないと相手を同じ人間としてみれなくなってしまう。
医療・福祉の現場ではそんな危うさがつきまとう。
怖いことに過去、そういうことに起因する事件がいくつも起きている。

そういう意味でこのマンガは、
一般の人はもちろんこの分野の専門職の人にも是非、
読んでもらいたいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネコラ、イタリア襲来

といっても、まるで緊迫感なし。

                        Nekora_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

リバウンド

昨年より取り組んでいた減量作戦。

秋の時点でほぼ標準体重に近づいたまでは良かったが、
冬の寒い時期はすっかり運動を怠け、
控えていたスナック菓子や肉類も、
ついつい食べ過ぎることが多くなった。

で、当然、体重のほうがじわじわ増加していき、
先日の血液検査では正常値に戻っていたγ-GTPの数値が、
再び基準値をオーバー・・・(T_T)。

また減量作戦を始めにゃならんと思っていたところに、
痩せているより太り気味のほうが長生きするとのニュースが。

やせ気味・・・BMI18.5未満
正常   ・・・18.5~25
太り気味・・・25~30
肥満   ・・・30以上

やせ気味の人に比べ、太り気味の人のほうが寿命が7年長いそうだ。

それならば
目指せ、プチ太り!
になるんだろうけど、
血液データーはやっぱり正常値のほうがいいんだろうな~。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

「スター・トレック」

329887view007


映画「スター・トレック」を観る。
特に熱心なファンというわけではないが、
昔、深夜TVで放映していた「宇宙大作戦」での
「おっちゃんドラマ」はけっこう好きだった。

で、今回の映画はカーク船長やミスター・スポックといった乗組員たちが、
いかにエンタープライズ号に乗り込むに至ったかを描いた前日譜。

「スターウォーズ」などと比べると、
どこかレトロなイメージがある「スタートレック」だが、
今回は映像といい人物といい、すっかり現代風になっていた。

これは監督が特にスタートレックのファンではなく、
ファン以外の人でも楽しめるようにした結果らしい。

でも、それが見事に成功している。

小気味良く物語がすすみ、
最後までスクリーンに釘付け。

「そんな偶然あるわきゃないやろ~」
というシーンもあったが、
それを気にさせない力強さを持つ。

そうそう映画を観終わってミスター・カトーが出んかったと、
ネット調べてみるとヒカル・スールーが正式な名前で、
カトーって日本だけの名前だったんだね~。
知らんかった!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャートルズ肉・・・迷う

値段分(約2千円)のお肉を普通に調理したほうが上手いに決まっている!

それがわかっているのに、
話題になるたびに気になるのがこのお肉。

ギャートルズ肉

たぶん1度食べれば、2回目はちょっと・・・、
となると思うんよね~。

それなのに自分をつき動かそうとする衝動は何なんだ!

話のネタのためか。
子ども時代にブラン管に抱いたロマンか!
あの美味そうに食べていたゴンの表情が、そうさせるのか!?

所詮、贋作の肉と思っているクールな自分と、
一口だけでも食べてみたいう熱い自分が、、
激しく揺れ動き心ならぬ胃袋のなかで葛藤している。

次回販売は6月9日。

どうしよう~、ドテチン!

うえのは個人的嗜好レベルだけど、
人数と場所さえ確保できれば、
一度、やってみたいのがこれ。

豚の丸焼き

「頂きます」の意味を実感できそう。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

いずこへ・・・?

知人に面白いママさんがいるという飲み屋に連れて行ってもらう。

着いてみるとカウンターと丸椅子が5~6席ほどの、
どこか昭和の香りのする小さなお店だった。

しかし・・・。

肝心のママさんの姿がどこにもない!

煌々と灯るお店の看板。

付けっぱなしのTV。

カウンター上にはママさんが吸ったと思われるまだ長く残った煙草。

ガラスケースにはお酒のつまみとなる、
ハンバーグや魚のフライ、野菜の煮付けが並んでいた。

まるでママさんがだけが突然、消失してしまったかのよう・・・。

ここに金田一少年やコナン少年がいれば、
手がかりをみつかられたかも知れないが、
自分たちのはまったく状況がわからない。

仕方がないので、無人のお店でTVをみながらママさんを待つ事40分。

「ママさんはいったいどこへ」

「なにかの事件に巻き込まれたのでは」

「この状況で他のお客さんがきたら非常に気まずい」

などと知人らと待っているあいだ話をしていたが、
ママさんが帰ってくる気配がないため退散する。

あとで他の常連さんに話を聴くと、
よくお店を開けたまま買い物やパチンコに出掛ける事があるとのこと。
無事、事件(?)は解決。
たしかに面白いママさんらしい。

・・・けど、これってどうよ!?

Dsc02899

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »