« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

島田商店

01地下鉄阿波座駅近くにある酒屋「島田商店」。日本酒の試飲が楽しめる地下セラーがあることで有名。

Dsc02884まわりがオフィス街ということを忘れてしまいそうになる地下セラー。まさにお酒の隠れ家という感じで、妙にわくわくする。
Dsc02881地下セラーには案内人が一人いて、その人に3種類のお酒を選んでもらう。このなかでは末廣が一番、旨かった。

Dsc02880試飲がメインながら、一応、酒のつまみとして梅干とお味噌がある。梅干は苦手なのでお味噌を選ぶ。

Dsc02882

落ち着いた雰囲気のせいか、
ここを訪れるお客さんも上品な感じの人が多そうだ。

お酒について実は飲みやすいか飲みにくいかくらいしか、
こだわりがないんだけれど、
ちょっと自分が通になった気分に・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未完

ニュースで作家の栗本薫さんが亡くなったことを知る。

作者のライフワークともいえる長編小説「グイン・サーガ」。

初期の頃はファンタジーでありながら、
おどろおどろしくも、重厚な雰囲気が気に入り、
新刊が出るたびに購入していた。

しかしヒロイックファンタジーから、
ボーイズ三国志的な展開についていけず、
途中で購入を挫折。
しかしその後の続きは気になるので、
最新刊がでるたびに本屋でパラパラ内容をチェックしていた。

当初、100巻完結を目指していた物語は、
100巻を過ぎてもまったく終息する気配がなく、
先月、最新刊である126巻が刊行されたばかり。

結末が語られないままなのは残念だけど、
作者が一番、無念だったろうな・・・。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「この世界の片隅に」

「この世界の片隅に」(上・中・下巻、こうの史代著、双葉社刊)。

ときは昭和18年~。
広島郊外の江波から呉に嫁いだすずという女性の物語。

呉といえば当時、東洋一の軍港、日本最大の工廠があり、
戦艦大和もここで建造された。

上・中巻では戦中であってもどこかのんびりしていて、
平凡な庶民の生活が、
ほのぼのとユーモアたっぷりに描かれている。

そして呉大空襲、広島への原爆投下を扱った下巻で、
果たして主人公達がどういう運命を辿るのかが、
この作品の最大のテーマとなるが、ここでは書かない。

なるべく先入観のない状態で、
この作品を読んだほうがより楽しめる気がするから。

でも、面白そうと思わないと、
読んで見る気にはならないわけで、
それを他人にどのように伝えればよいのやら・・・。
う~ジレンマ!

そこでここで下手なレビューを書くよりも、
この作品のテーマを素晴らしい文章で紹介しているサイトがあるので、
そちらを紹介します(ネタバレ部分は反転文字になっています)。

オールタイムベスト「この世界の片隅に」

この作品は非常に情報量が多く、
また独特な構成をしているので、
さらりと読んだだけでは意味のわからないことが多い。

しかし何度も読み返してみると、
この場面とあの場面がここでつながっているのか!
といったことを発見することができる。
最終話のエピソードとあとがきにある挿絵。
最後の最後、救いのある余韻が味わえた。

Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

映画「レッドクリフ Part II」

「レッドクリフ」の後編。

前作よりもダラダラした余計なシーンが少ないので観やすくなった。
物語よりも迫力ある映像を目当てに映画館に足を運んだので、
後悔はないんだが、それでも全体になんか歯がゆい。

特撮を駆使した赤壁に集結する大船団や戦闘シーンは迫力があるが、
人間ドラマは相変わらずで、何十年前の映画のようなベタベタな流れ。
このあたりは日本映画と通じるものがある。

一番物足りなかったのは敵である曹操軍がお馬鹿すぎる。
物語の至るところに負けフラグが立ちまくり、
そしてそのまま当然の結末へ。
曹操にはたとえ悪役であったとしても、
三国志の史実における最終的な勝者(すぐ部下に国を奪われるけど)
としての器をもっとみせてほしかった。
そうすればもっと話が盛り上がったはず。

あと日本語タイトルの副題、~未来への最終決戦~はいらない。
ドラゴンボールZじゃあるまいし。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

靴ひも

普段、スニーカーやトレッキングシューズを愛用していると、
気になるのが靴ひものほどけ。

蝶々結びだと、最初どんなにきつく結んでも、
いつの間にかゆるんでしまう。

で、発見したのがこの結び方。

Ian Knot  

すごく簡単に結べて、それでいてほどけにくい。

靴ひものゆるみが気になる人は是非、お試しあれ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

食の博覧会2009

Dsc02726インテックス大阪で開催されている4年に1度の食の祭典「食の博覧会」へ。毎度のことながらすごい人・・・。

Dsc02729食以外にも会場内ではあちこちのブースで歌や地方芸能などのショーがおこなれている。こちらはウサギさんたちの弦楽四重奏。

Dsc02734「探偵ナイトスクープ」でおなじみ林先生解説による洋菓子作りの実演。

Dsc02755ベルギーのホワイトビール。苦味がなくすっきり系。

Dsc02760ビールに合うといえば、やっぱり肉系ということで焼肉をがっつり。

Dsc02761タイラーメン。パクチーは苦手なお味・・・。

Dsc02767中トロにぎり。

Dsc02775_2
最近話題の富士宮焼きそば。固めの麺が特徴。

Dsc02765トルコアイス。逆さまにしても落ちない。

Dsc02768焼酎街道ブース。

Dsc02769いくつかの酒造メーカーがお酒を販売していて、試飲もできる。

Dsc02777こちらは銘酒街道ブース。

Dsc02778試飲のはしごで、けっこうほろ酔い気分。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

偽メール

世界中が鳥インフルエンザを警戒している裏をかいて、
あっというまに広がってしまった新型(豚)インフルエンザ。

日本には上陸してほしくないが、
う~ん、時間の問題かな・・・。

それはさておき、
こうした騒ぎに便乗した偽メールが出回っているらしいので注意!

「豚インフルエンザに注意!」
という題名でその対策が書いてあると言う添付ファイルを開くと、
PCがウイルスに感染するという仕掛けらしい。

あっちのウイルスもこっちのウイルスも、
いいかげんうんざり~。

「豚インフルエンザに注意!」のメールに要注意!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »