« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

白いたい焼き

Dsc02715
最近、よくみかける「白いたい焼き」屋。
どんなものかと買ってみる。見た目はそのまま白いたい焼きで、中がモチモチしている。
ブームに乗ってそのうち黒いたい焼き(黒鯛)や赤いたい焼き(赤鯛)が現れるかも。

(追記)
ネットで検索してみると黒いたい焼きも赤いたい焼きも既にあるんだね~。
でも食欲減退間違い無しの青いたい焼きはさすがにない・・・と思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュートン

これまで数々の謎や疑問を解明してきた現代科学だが、
未だわかっていないことも多い。

そのうちのひとつがこれ。

時間の起源

雑誌「ニュートン」の最新号で「「時間」とは何か」という特集をやっており、
長年の疑問に答えてくれるかもと思い購入してみた。

結論からいえば最新物理学をもってしても時間の起源を解明することは難しく、
ビックバンまでさかのぼるのが精一杯でそれ以前の状態がわからないらしい。
(いくつか仮説はあるものの、どれも有力ではない)

時間についてはっきりわかっていることといえば、

 ・過去から未来へ流れる
 ・光速に近づくほど時間のすすみが遅くなる
 ・重力の影響を受ける

くらい。

ニュートンの特集によると、
新幹線内の時計は1秒あたり100兆分の2秒ほど、
ジェット機では1秒あたり1兆分の1秒ほど遅れるとある。
でも体感することはまず不可能。

それはともかく、時間の起源が解明されるのは、
まだまだ先の話になりそうというのが、読んだ感想。

ほかにも現代科学が解明できていないことで、
個人的に興味のあることがいくつかある。

①恐竜絶滅
  6500万年前に突然、絶滅してしまった恐竜。
  一番の疑問は絶滅の原因ではなく、
  他の鮫、ワニ、カブトガニ、シーラカンスといった当時の生物が、
  現代も生き残っているのに、
  どうして恐竜(魚竜、翼竜、首長竜含む)が、
  まるで狙い打ちにあったかのごとく根絶やしになってしまったのか。

②生命
 有機物(非生命体)から、どうして生命が誕生したのか。
 なぜ生命は進化(というか複雑化)していくのか。
 思考する植物、ガス状の生物のようなものが存在する可能性はあるのか。
 そもそも生物・生命の定義が未確定。

これらのことも答えが出るには時間がかかりそう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネガティブバスター

世間はとにかく暗い話題ばかりで、
うっかりすると夢も希望も失いがちな今日この頃。

そういうときこそポジティブに考えないでどうする!

安易に世相に流されるネガティブ野郎に喝!!

というのがこのゲーム。

ネガティブバスター

これが意外と難しく、ポジティブな人にもつい喝を入れてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らぁめん たむら

Dsc02688東大阪の布施駅近くにあるわりと有名なラーメン店で、焼き肉たむらとはまったく関係ない。ラーメンは鶏豚骨と和風鶏ガラの2種類あり、最近はつけ麺も人気らしく、周りのお客さんのほとんどがつけ麺を食べていた。でも自分はつけ麺は食わず嫌いなので、鶏豚骨を注文。

Dsc02689


他にはない独特な味で自分は好きなタイプ。
ただかなりこってりしているので、
呑んだあと〆の一杯にはちとしんどいかも。
厚さ1Cmはあろうかというチャーシューが、これまた嬉しい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »