« 初(ベイダー)笑い | トップページ | 「新世界より」 »

川湯温泉と熊野詣

熊野のほうに小旅行。

Dsc02553
行き先は川湯温泉。字のごとく源泉が川にあり、川原を掘りおこすと温泉が湧き出す。11月から2月までの期間は川をせきとめて、巨大な仙人風呂が出現する。場所によって高温だったり、ひんやりした水が混じっていたりするあたりが、なんともワイルド。

01
野鴨も入浴中。しかし鳥でも温泉が気持ち良かったりするんかな。

Dsc02539
泊まった宿は仙人風呂がすぐ目の前にあるペンションあしたの森。夕食では元旦に続いて、熊野牛のステーキを食べる。これがまた美味い!!

Dsc02567
翌日、新宮市にある速玉神社を参拝。2006年に熊野古道を歩いた際、那智大社と本宮をお参りしたので、2年ごしで熊野三山を制覇したことに。

(過去記事「熊野古道を歩く③」

Dsc02583
新宮市内にぽつんとある浮島の森。森といっても2~3分で横断できてしまう小さな森だが、土地が泥炭で出来ており、森全体が沼に浮いているそうだ。試しに飛び跳ねてみたが、ビクともしなかった・・・。

Dsc02581
森内にはおいのという少女が父親の目の前で大蛇に連れ去られたという伝説がある。
~おいの見たけりゃ 藺の沢へござれ おいの藺の沢の 蛇のがまへ~
という俗謡が残されていて、この唄をもとにした物語が雨月物語に収録されている。こういう民話巡りも旅の楽しみのひとつ。

|

« 初(ベイダー)笑い | トップページ | 「新世界より」 »

行ってきました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/43775644

この記事へのトラックバック一覧です: 川湯温泉と熊野詣:

« 初(ベイダー)笑い | トップページ | 「新世界より」 »