« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

海釣り大会

Dsc02350「ぶどう組」主催の海釣り大会に参加する。日も明けぬ朝早くに現地入り。眠い。

Dsc02356海上釣堀の一画を9名の参加者で貸しきる。定期的にタイ、シマアジ、メジロといった魚が放流される。一人、また一人と魚を釣り上げる中、自分だけ当りすら来ない・・・。一人だけ坊主はいや~!

Dsc02369と、思っていたら急にタイが面白いように釣れだす。この日はタイばかり6匹GET!!

その夜、ぶどう組にて、
獲れたての魚をぶどう組のパパさんに刺身、アラ煮にしてもらって、
みんなで美味しくいただく。
Dsc02382Dsc02383

(おまけ:タイを捌く!)
Dsc02375自宅にてタイの刺身づくりに初挑戦!まずは鱗取りに一苦労。

Dsc02378その後も骨が固い!身が切れない!と四苦八苦しながら、なんとか3枚におろす。なんとももったいない切り方に。

Dsc02379最終的にはこれだけしか刺身に出来なかった・・・。
同じ素材を使っていながら、上の写真とまったく出来が違う。やはり素人には難しかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待望の続編(?)

こんなナウシカは嫌だ(動画)

メーヴェ・・・(泣)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

休日の過ごした方

たまの休日、
あれをしよう、これをしようと、
予定はいろいろ立てている。

でも、この日の休日は目が覚めると12時過ぎだった。

昼ではなく夜中の。

1日が終わっとるやん・・・。

最近、こういったパターンが多くなった。

う~ん、疲れているのかな。

(さすがに夜というのは滅多にないけど、
 夕方まで寝過ごすことが多い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちとせ

TVの影響で大阪・新世界の串かつがすっかり観光名所となり、
有名店では若い人を中心に長蛇の列ができていることも珍しくなくなった。

串かつ自体は嫌いではないが、
並んで食べるものではないという気持があり、
その手の有名店には足を運んだことがない。
(正確には過去に行くには行ったが、
行列が出来ていたので結局、別のお店にした)

新世界の串かつ店の老舗として有名なのが、
「八重勝」、「てんぐ」、「だるま」、そして「ちとせ」など。

そのうちの「ちとせ」が新世界から我が東大阪へ移転してきた。

Dsc02333メニューは串かつやどて焼きを中心に1串100~500円と大変、リーズナブル。そして看板にはソースの2度づけ禁止の文字が。これって大阪ルールらしい。

Dsc02330

玄関には新世界時代を忍ばせるビリケンさんの置物が。

ところで、老舗の有名店などでは、
店員さんの客の扱いがひどいということが少なくない。
「話し声がうるさい!」
「注文しないんなら、早く帰って!」
など、ビシバシと客に注意が飛んでくるという話をきく。

正直、そういうお店は行く気がしない。
なんでお金を払って、不愉快な思いをせにゃならんのだ。
「嫌なら来て貰わなくて結構。
 お客なら他にいくらでもいる」
という店側の態度が露骨に表れるのは、
料理の味以前の問題だ。


新世界の某一番人気の串かつ店もそういう系統との評判が多く、
食べてみたい気持はあるものの足が向かない。

さて、この東大阪のちとせ。
お店のお父さんの物腰が柔らかく、
店内もまったくせせこましいところがない。

おまけに行列もないので非常に入りやく、
ときどき利用させてもらっている。


Dsc02332


| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断

春秋の年に2回ある職場の健康診断。

今年の春の健康診断では、
血液検査表に3ヶ所、基準値以上を示す矢印があった。
(そのうち一つは要検査を示す太矢印)

その後、半年ほど減量を続け、

「もうケチはつけさせん!」

という意気込みで秋の健康診断にのぞむ。

そして、血液検査の結果は・・・、


表からすべての矢印が消えた!

実に5年ぶり!!

自分に対してささやかなお祝いにと、
連日、串カツや焼肉など食べていたら、
あらら、2Kg太った・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマルガム

行きつけの歯医者で親知らずの抜歯をすすめられ、
抜くことを決めたものの、病院で抜くのはどうも気がすすまない。

親知らずを抜いてくれそうな歯医者を調べて、
本日、診察に行く。

生え方によっては大きな病院を紹介するかも、
という事前説明があったものの、
レントゲン検査の結果、抜歯しましょう!
ということになり、いよいよ次回、親知らずを抜くことに。

親知らずについてはそれでいいんだが、
昔に処置した銀の被せの交換もすすめられる。

おそらく30代以上の世代の多くが、
過去に歯医者で処置されているだろう銀の被せモノ。
その銀の正体は中毒を起こすことで悪名の高い水銀とのこと。

ええー!
今までまったく知らんかった!!

咀嚼や唾液によって水銀が溶け出す、
年々、形の崩れや変色がすすんでいく、
などの説明があった。
なにやらほっておくと怖そうなので、親知らず抜歯後、
被せモノの交換もお願いする。

そして、自宅に戻り銀の被せモノについて調べてみる。

アマルガムの危険性

断定は出来ないが、
やはり人体にはあまり良くない感じだ。

アマルガムについて、
もっと広く世間一般に告知されていてもいいようにも思うが、
あまり広めてもらいたくないという気配を感じるのは考えすぎか。

なんか知らないうちに宇宙人に捕まって、
頭に変な金属を埋め込まれていたような気分。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴犬ライブカメラ

どこぞの外国にいる柴犬の子犬たち。

柴犬ライブカメラ

寝ていることが多いが、
眺めていてほっこりする。

でも、すぐにでかくなるんだろうな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お漬物

Dsc02328
先日、収穫した蕪が居酒屋「ぶどう組」さんで漬物に変身!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然の恵み

畑でBBQというイベントに参加。

場所は河内長野にある農家さんのお庭。

Dsc02287

収穫されるのを待つ天王寺蕪。

Dsc02305

うりゃあ!

Dsc02289

豚の半身を丸焼きに。
ほんの5日前までは生きていたそうだ。

Dsc02303

コラーゲンたっぷりの豚足おでん。

Dsc02297

飲み物はワインが充実していた。

Dsc02301

生産者の皆さん、携わっていた多くの料理人さん、食材となった動植物さん、
どうも、ごちそうさまでした。

とても、おいしゅうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日の絵日記

若い頃に広島で原爆で被爆した女性が、
大人になってから当時の様子を絵日記として再現。

グランドゼロ1945

これを描かれたのが58歳とのことなので、
おそらく40年は経っているはず。
なのに、まるで昨日の出来事のように克明に描かれている。

ご本人がこの絵を描いている時の心境を思うと、
なんだか堪らないものがある。

他にも原爆の記憶を再現した絵は多いが、
どれも非常に生々しい。

忘れてしまいたいとても恐ろしい出来事のはずが、
いかに鮮明な記憶として焼きついているかが忍ばれます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »