« 予約 | トップページ | ケータイ小説 »

「よつばと!」

少し前に旅先でたまたまみたNHK-BSのマンガ夜話の特集が「よつばと!」だった。

かなり前からネット上では話題にになっていて、
敷居の高そうな団体のマンガ部門で優秀賞を取るなど、
知識人からみた評価も高いようだ。

でもマニアックなイメージがあってずっと敬遠していたが、
先のTVをみて「おや?」と興味を持ち1冊読んでみる。

各話で話がつながっていたり、途切れていたり、
オチがあったり、なかったりと、
連続している日常風景のひとコマずつが切り取られたような構成。

エピソード的にはセミを捕まえたり、花火をみたり、自転車に乗ったりと、
たわいもないものが多い。

しかし主人公「よつば」を初め、登場人物たちのリアクションや間が絶妙!
たちまち物語りにひきこまれてしまい、
久しぶりに全巻(既刊8巻)を大人買いする。

これは、もっと一般的にも評価されていいと思う。

ありえないユートピア的な世界だけど、
それでいて懐かしい子どもの世界を思い出させてくれる。

|

« 予約 | トップページ | ケータイ小説 »

my本棚」カテゴリの記事

コメント

よつばの生い立ちがいまだに明かされていませんが、いつか思い切り泣かされそうな予感がします。

投稿: ライデン | 2008/10/06 21:49

よつばととーちゃんの関係、気になりますよね。
よつばは戦災孤児とかいう噂もネット上ではありますが、
もしもそういう重い設定だとすると、
漫画では描かれないまま終わりそうな気がします。
作者があの牧歌的な世界観を崩すことは恐らくしないかと。
1年1巻ペースでようやく8巻。
第1話が学校の夏休み初日で8巻目でやっと秋祭りに。
よつばが小学校に入学するのは何年後になることやら。。

投稿: ぽうせ | 2008/10/07 05:48

よつばはどこの国で拾われたのでしょう?
国籍や養子縁組の問題(とーちゃん未婚?)など
色々と謎がありますね。

それにしても、登場人物が善人ばかりですよね。
〝やんだ〟にしても、妙に素直なときがありますし。
よつばのいたずらも目に余るときがありますが、
ギリギリセーフといった感じです。

投稿: ライデン | 2008/10/08 22:29

今のところやんだが唯一の毒キャラですが、
そのうち「実はいい人」エピソードとかありそうです。
もしもよつばみたいが実在したら周りの大人に叱られまくって、
すっかり萎縮した子どもになりそう・・・。

投稿: ぽうせ | 2008/10/09 05:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/42658252

この記事へのトラックバック一覧です: 「よつばと!」:

« 予約 | トップページ | ケータイ小説 »