« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

予約

かねてから抜くかどうか迷っていた親知らず。

ついに抜くことを決心!

うずいたり腫れたりを繰り返して、
悪化してから抜くくらいなら早いほうがよかんべ!!

で、親知らずの抜歯可能な歯医者さんに予約を入れる。

ほぼ歯茎に埋まって真横に生えている状態なので、
手術のほうは恐らく歯茎を切開してむき出しになった親知らずを砕きつつ・・・うゎ~。

当日までドキドキの日々が続きそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丸正餃子

まだネットというものが一般的ではなかった10年以上も昔。
大東市に餃子の有名なお店があるというクチコミを頼りにそのお店を訪れるが、
閉まっていたのか場所が分からなかったのか忘れてしまったが、
結局食べられなかったということがあった。
先日、ふとそのことを思い出したので今もあるのかな~と、
ネットで「住道」「餃子」で検索してみると、そのお店を発見!
こういうときネットってほんと便利だね。Dsc02224_2

そして十数年の時を経て(ちとオーバーか)、やってきたのが丸正餃子店
それほど広くない厨房では、6人もの店員さんが黙々と餃子をこねており、ちょっと独特な光景。メニューのほうは餃子とビールのみ。

Dsc02225_2




1人前8個で270円。
周りをみていると一人で2~3人前注文しているお客さんが多い。
5~8人前注文する人もいるようだ。
小ぶりな餃子なので十分食べられそう。
味のほうはニンニク、しょうががよく効いていて、普通においしい。
具のほうは非常に柔らかく、噛んでいるのかいないかわからないほど。
自分の好みからするとちょっと歯応えがない感じで、もう少しシャキシャキ感が欲しいところ。

話はまったく変わるけど、昔、中華料理店でバイトをしていた頃がある。
そのせいか中華料理店で店員がオーダーを通すときの言葉が、
日本語か中国化をなぜかチェックしてしまう・・・。
(例えば)餃子・・・コーテル
      焼き飯・・・ソーハン
      焼き飯スープ・・・ソーハンスープ
      1人前・・・イーガー
      2人前・・・リャンガー
      3人前・・・サンガー
      4人前・・・スーガー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀州・加太

Dsc02210台風の接近するなか和歌山・加太へ小旅行。むろん台風を狙ったわけではなく、宿を予約したとたん大陸にあった台風が急カーブを描いたため旅行日と重なってしまった(-_-X)。

泊まったのは休暇村。天然温泉ではないものの、露天風呂から海がみえるというのでここに決めた。曇り空で眺めはどうかな~と思っていたが・・・。
Dsc02213

見事な夕焼けが!!
なんとか天気がもってくれて、素晴らしい景色を眺めることができた。
※写真はロビーから撮ったものだけど、露天風呂からも同じ景色がみえる。
Dsc02220翌日はすっかり台風模様。天気が良ければ加太港で釣り体験などしたかったのに・・・。
しかしここ数年、旅先で雨に遭う確率80%以上。台風遭遇率も高し。はぁ~。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

湯治中

湯治中
夕焼け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漁業体験

Dsc02101

泉南・田尻港で漁業体験を。

Dsc02082

船に乗って定置網を引き揚げる。

Dsc02083


以前に参加したときはアナゴがよく捕れたが、
今回はなぜかタコが大漁。

Dsc02111

港に戻ると漁師さんが獲れたてエモノを捌いてくれる。

Dsc02125

タコもこんな姿に。
その場でおいしくいただきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ボーチカ

Dsc02067_2
大阪・福島にあるロシアン・屋台・バー「ボーチカ」へ。先日の料理教室で講師をしていたナターシャさんはランチのみ出勤とのことで、夜は2名の男性スタッフで対応。10名ほどで満席になる小さなお店なので2名以上で行くときは電話で空席を確認したほうがいいかも。

Dsc02062
代表的ロシア料理、ピロシキ。肉まんの揚げパンバージョン。

Dsc02065ビーフストロガノフ。ロシア料理ってあまり馴染みがなかったが、料理教室で食べたペルメニ、ボルシチといい、どれも日本人の舌に合う感じで普通に美味しい(そのようにアレンジしているのかも知れないけど)。

Dsc02066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア料理クッキング

Dsc02056ロシア料理を作ろうというイベントに参加。場所は大阪城よりやや東にある立派な庭付きの築70年という民家。外国人向けのゲストハウスとしても利用されているとのこと。

Dsc02023ロシア料理というとピロシキとボルシチが有名だが、今回つくるのはペルメニというロシア風餃子。まずは具材を包む皮づくりから。なんだかうどんを作っているような。

Dsc02038生地をまる~くになるように延ばす。ますますうどんみたいだ。薄くなったらグラスを使って型抜きをして皮が完成。

Dsc02029_2
具材のミンチをこねる。写真でみてもおわかりのとおり玉ねぎがちと大きすぎ。。。

Dsc02046
ミンチの他にもサーモン、ブルーベーリーと3種類のペルメニをつくった。

Dsc02044ペニエリの包み方を教える講師のナターシャさん。片言の日本語でニコニコしながらも、「ソウジャナイ!」とビシバシと指導が入る^^。大阪でロシア屋台バーも営んでいるそうで、なかなかお店の評判も良さそう。今度、お客で行ってみよう。

Dsc02048_2完成したペルメニ、ミンチバージョン!
ちょっと玉ねぎが大きいのと皮が分厚かったが、これはこれで野性味があふれ美味しかった。

Dsc02055こちらはブルーベリーバージョン。餃子というよりもデザート感覚。

Dsc02052ロシアの代表的なスープ、ボルシチ。色が赤いのはトマトではなく、ビーツ(サトウ大根)という独特の赤い野菜を使用しているため。今回はスタッフの方たちがつくってくれた。シンプルな味ながらおいしい!

Dsc02051
振舞い酒にでてきたロシアのビールとウォッカ。
ビールは意外と飲みやすかったが、ウォッカはやっぱりきつい~!ロシアの人がこれをストレートで平気で飲めるというのが、信じられん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単クッキング

Dsc02007


まず器に生卵を落とす。

Dsc02008


本格的に専門の調味料を使用。

Dsc02010


卵に調味料を垂らし混ぜる。
コツとして箸を円ではなく縦に振る。

Dsc02012


それを白ご飯の上から流し込む。

Dsc02013

シラスをトッピングして、おいしい卵がけご飯withシラスの出来上がり~。

食後のもう一品という〆には最高!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

キッズ版ビリーブートキャンプ

「子供にも出来るビリーブートができたようです」(動画)

なんて優しそうなビリー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »