« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

減量の成果(中間報告)

過去記事~「ひえ~」~

5月から本格的減量を始めて2ヶ月半が経過。

体重のほうは目標の約半分まで落とす。

で、そもそも減量のきっかけとなったのが血液検査だったわけだが、
先日、医療機関にて最新の血液データーが判明。

今年5月  AST・・・56(基準値10~40)
       γ-GTP・・・122(基準値12~87)
       中性脂肪・・・526(基準値40~149)←こいつが減量を決心させた

現在    AST・・・17
       γ-GTP・・・29
       中性脂肪・・・77

なんと、すべて正常値に。(パチパチパチ!)
特にγ-GTPなんて何年ぶりのことだろう。

実践している減量方法のまとめ。

~食事編~
・元凶と思われるスナック菓子を1日1袋から1日1~2口に。
 (完全にやめられないところが軟弱だな~)
・絶食の類はせず、食事を多く摂ったらその前後の食事量を減らして調整。
・飲む牛乳は低脂肪牛乳へ。メインは牛乳からリンゴ・オレンジジュースに。
・動物性脂肪は控えめに。
・昼食によく利用していたカレー、中華、回転寿司、焼肉などの外食を大幅に制限。
・朝食は食べない派だが、食べられる時はコーンフレークなどを食べる。

~運動編~
・1日1~2時間の運動を週3~5日おこなう。
・体内脂肪は20分以上運動しないと、燃焼されない。
・長時間おこなえる有酸素運動を中心におこなう。
・無酸素運動である筋力トレーニングで筋肉がUPすれば、
 より脂肪が燃焼しやすくなる。
・運動後、すぐに入浴すると脂肪の燃焼がとまってしまう。

以上の事を踏まえて実践している運動メニュー。

・筋力UPに腹筋、スクワット。鉄アレイなども使用。
・有酸素運動メニューの数々(下にいくほど体感的にハードになる)
 ツイスト運動(丸い円盤を使用)
 踏み台昇降運動
片足を大きく上げその下で手を叩く。交互に繰り返す。
 (正式な運動名不明。一見楽そうだが続けているうちに・・・)
 サイクリング(天気の良い日中、街中を1~2時間走る)
 空手(その場で突き蹴りなどを繰り返す)
 サンドバック(夢中で殴る蹴る)
 
これらをその日の気分、体調によっておこなう。
ハードな運動になると1時間で1~2Kg体重が落ちる。
(といっても一時的なものだが)

減量のペースは月1~2Kgが理想的らしい。
急激に落とすと体調に悪いうえに、リバウンドしやすい。

とりあえず血液データーは良くなったものの、
体脂肪計の数値は以前、高めの状態。

目標体重を目指し、まだまだ減量の日は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「崖の上のポニョ」

327529view001_2

ジブリ最新作、「崖の上のポニョ」を観る。

5歳の少年と魚の女の子の恋物語とのことで、
当初、劇場では観る気はなかったが、
巷での評価が賛否両論なのが気になって興味が沸いてきた。

日曜日は避け、平日の夜に行ったけど、
それでもお客さんは親子連れとカップルが多い。
ちょっと肩身が狭い・・・。

で、できるだけ先入観を持たず、頭を空っぽにして観る。

結論から言えば、予想していたよりも面白かった。
「パンダコパンダ」みたいだったらしんどいな~、
と思っていたが、子供向けではあっても子供だましな部分がなく、
批判の多い俳優による声の吹き替えについても、
最初からこんな声と思っていれば、それほど気にならない。

初めは微妙だったポニョが、動き回る姿をみているうちに、
だんだんとかわいく思えてくる(第2形態は最後までかわいくは思えんが)。

従来のジブリ作品と比較すると、
舞台もストーリーもこじんまりして大作感には欠けるが、
そもそも監督の意図が違うところにあるのでこれは仕方がない。
小粒な「トトロ」というところかな。

さて既にいくつかの映画レビューでも指摘されているが、
絵柄も音楽も明るくほのぼのしているはずなのに、
ところどころで妙な違和感がおぼえる。

これを観たときの違和感と似ている。

なつみSTEP!

一見、明るいほのぼのフラッシュアニメ。
でも、なんとも救いのない裏設定が。

もっともあの監督さんが、そんなトトロの都市伝説じみた話を好んで作るとも思えない。
なんらかの意図はあるかも知れないけど、一部で深読みされているものとは違うものだろう。
だけどポニョの本名がワルキューレ(北欧神話に出てくる戦いで死んだ勇敢な戦士の魂を楽園へと導く女神たち)と同じ名前だったり、暗いトンネル、船の墓場、古代魚となにやら思わせぶりな設定を、どうしてああも盛り込んだのか、その真意を聞いてみたい。

「どうして素直に作品をみられないんだ!だから頭でっかちになってしまうんだ!!」

と言って怒られそうだけど(笑)。

このポニョのヒントになっていそうな作品。

アンデルセンの「人魚姫」
ワーグナーの「ニーベルングの指輪(ブリュンヒルデ)」
沖縄の人魚にまつわる津波伝説

いずれの物語も暗い結末を迎えるが、
ポニョと宗介には幸せになって欲しいね。

宮崎駿のすべて~ポニョ密着300日~
要チェック!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

屋台のうどん

Vfsh0005_2とある駅近くでみかける屋台のうどん屋さん。ラーメンではなくうどんというのは珍しいかも。夕方から明け方頃までやっているが、日によって屋台があったりなかったりと、かなり営業日はアバウト。でも、ここのうどんがなかなか味が良く、タクシーの運転手さんらもよく利用しているようだ。

Vfsh0006

自分のお気に入りは肉あげ入りうどん。
とってもジューシー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「攻殻機動隊2.0」

「攻殻機動隊2.0」を観る。

オリジナルとまったくストーリーは同じだけど、
迫力があって面白かった。

元々が良かったので、展開がわかっていても気にならない。

声やらCG加工などいくつか細かい部分が
バージョンアップがされているわけだが、
一番、変わったという印象を受けたのは全体的な音。

6.1chサウンド、すげ~。

吾が舞えば 麗し女 酔いにけり
吾が舞えば 照る月 響むなり
結婚に 神降りて
夜は明け 鵺鳥鳴く
遠神恵賜

あがまへば くはしめ ゑひにけり
あがまへば てるつき とよむなり
よばひに かみあまくだりて
よはあけ ぬえとりなく
とほかみゑみため

この劇中3回流れる「謡」が劇場を出たあとも、
しばらく耳から離れなかった。

ちなみに歌っているのは日本民謡の歌い手さんたち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「風の谷のナウシカ」

宮崎駿アニメで一番すきな作品は?

と聞かれれば「トトロ」、「千と千尋」、「ラピュタ」など、
人それぞれだろうが、自分の場合は「風の谷のナウシカ」。
(なお2位は「未来少年コナン」)

映画館ではみたことがなく、
TV放送時にビデオで録画し、
それを何度も繰り返して観た。

スケール感、ワクワクする音楽、感動的ストーリー・・・
いろんな要素がとにかく良く出来ていた。

そんな映画の「ナウシカ」が面白かったので、
原作であるマンガ版「ナウシカ」(全7巻)を読んでみてビックリ。
あのスケールの大きいと思っていた映画版が、
マンガ版でのプロローグ部分をコンパクトにまとめたものだったとは!

~マンガ版 表紙裏にある説明~ ユーラシア大陸の西のはずれに発生した産業文明は、 数百年のうちに全世界に広まり、巨大産業社会を形成するに至った。 大地の富をうばいとり大気をけがし生命体をも意のままに造り変える巨大産業文明は、 1000年後に絶頂期に達しやがて急激な衰退をむかえることになった。 「火の7日間」と呼ばれる戦争によって都市群は有毒物質をまき散らして崩壊し、 複雑高度化した技術体系は失われ地表のほとんどは不毛の地と化したのである。 その後産業文明は再建されることなく、永いたそがれの時代を人類は生きていくことになった。

映画版とマンガ版とでは、ある意味おなじ作品であり、まったく違う作品といえる。

マンガ版の前半は作者の「架空の世界を舞台にした、
まったく新しい冒険物語を!」的な思いが反映されていて、
絵柄も明るく作者が楽しみながら描いている印象があった。
当時、話題になっていた環境問題も取り入れられていたが、
「青き衣の者」が現れて人々を救ってくれるだろうと、
楽観的な未来を予感させるものだった。
そういう意味でこの前半部分は映画版と、
舞台設定が多少違うが雰囲気がよく似ている。

それがマンが版の後半では、
作者の死生観、宗教観といったディープな内面が反映されるようになり、
物語はどんどん救いのない展開になっていく。

主な映画版とマンガ版との相違点は以下のような感じ。

・映画版にはトルメキアと敵対する土鬼(ドルク)諸侯連合が登場せず。
・マンガ版では戦争シーンがかなりリアルに描かれている。
・巨神兵が映画では旧世界の怪物、マンガ版では裁定者に。
・腐海の存在する意味。映画版でもそれらしい説明があるが、
 マンガ版では、それよりもさらに深い意味が・・・。
・マンガ版でのナウシカの性格が、
 最初こそ映画版とほぼ同じだが、
 物語がすすむにつれかなり変化していく。
 これを主人公の成長と呼ぶには、とても痛々しい。

マンガ版は総ページ数はそれほどでもないのに、
恐ろしく密度が濃い内容となっている。
原作を購入したのはずいぶん前だが、
いまでも時々読み返す。
それくらい原作は印象深い作品だけど、
まったく不満がないわけではない。

ラストのほうがちょっと強引に完結させた感がある。
どこかで切らないといつまでも終われない、
という作者の都合もわからないではないが、
蟲、蟲使い、巨神兵など人々から忌み嫌われる存在を
分け隔てることなく愛しんだナウシカの、
クライマックスでの行動がどうも結びつかない。
ナウシカは風の神さまを信仰していることになっているが、
その行動は終始、多神教的でありアニミズム的であった。
しかし世界の黒幕である墓所の主と対峙したとき、
ナウシカは自らの思想を絶対的なものとし、
相手の全てを否定してしまう。
これでは宗教戦争を引き起こす立役者たちと変わらない。

ナウシカの言う生き方と、
墓所の主らが用意した未来、
どちらを選択するかは、その時代の人々なり生命の循環そのものに
選ばせるほうが良かったのでは。

「救世主」でもない一人の人間にとっては、あまりにも重すぎる決定だ。
そういう意味でやはりラストは急ぎすぎたと思う。

とはいってもマンガ版「ナウシカ」は、
自分の今まで読んだ印象深いマンガのベスト5に入る。

関連記事-「虫愛づる姫君」

Photo


| | コメント (8) | トラックバック (0)

管絃祭

一度みてみたいと思っていた宮島の管絃祭を見に行く。

フェリー乗り場に置いている資料によると、
管絃とは三管(笛・笙・笳)、三鼓(太鼓・鞨鼓・鉦鼓)、
三弦(和琴・琵琶・琴)などを合唱する音楽のことで、
管絃船(御座船)を浮かべ管絃を演奏し、
厳島神社の姫神をお慰め奉るための神事とあった。

200871220_6

宮島に着くとあいにくの小雨・・・、途中から本格的な雨に。

200871220_22

しかし16時の御座舟の出航前になって、急に雨が上がり晴れ間が出てきた。

200871220_21

厳島神社に虹がかかる。
偶然といえばそれまでだが、まるで出航を祝っているようだ。

200871220_51

向かい岸にある地御前神社を目指して、伝馬船に曳航された御座船が出航。

200871220_54

しばし厳島神社の神様は島を離れ、船と共に管絃の遊びを楽しむ。
やがて日も暮れすっかり暗くなった21時頃・・・。

200871220_58

向かい岸に行っていた御座舟が宮島に帰って来るということで、
参拝客らが提灯をゆらしてお出迎えをおこなう。

200871220_67

無事に御座船が帰還。
この後、23時過ぎに本殿まで戻り、管絃祭の幕が閉じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地サイダー

地元モノといえば地酒、地ビール、地ソースなどが思い浮かぶが、
意外なところでこんなんものも。

Dsc01715

地サイダー。

左から大阪、大阪、有馬、長崎。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れた超人気店

Dsc016941~2年先まで予約で一杯。時間による交代制でメニューはおまかせコースのみ。という知る人ぞ知るおすし屋さんが近所にあることを、最近ネットで知る。興味があるもののさすがに2年も待ってまで予約する気にはなれないが、日曜日のみ持ち帰りができるということで電話で注文してみた。お店のほうは細い民家路地の中にあり、屋号が書かれた小さな看板が掛かっているだけで、言われなければそんな有名店だとは誰も気がつかない(事実、自分はこれまでお店の近くを素通りしてた)。

Dsc01695

持ち帰り寿司。上寿司10貫で2,600円
Dsc01696
マグロ。
赤味なのにまるでトロのように柔らかい!
Dsc01704
ウニ。
とても新鮮なお味。
Dsc01709
アナゴ。
一匹まるごと使用。

これからお寿司を食べたくなったら、ここで並寿司をお持ち帰りしよう~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ハリソン君・・・老けた

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を観る。

過去のシリーズは一応TV放送で観ているが、
作品そのものに対してはそれほど思い入れがあるわけではない。
そのせいか今回は特に感慨深いものもなく、
大味なアクション映画という感じだった。

何年か前にも「インディ・ジョーンズ」の続編が企画されたが、
いい脚本がなかったためお流れになったという話を聞いたことがある。

で、今回のこれが待ちに待った待望の脚本だったのか、
と正直思ってしまった。

もともとムー的なネタを巡って冒険するというシリーズなんだけど、
どこかでみたような展開が多く、
肝心のネタ自体もラストが飛躍しすぎて、
ドキドキ感よりもやっちゃったよ感のほうが強い。

この映画で一番印象的だったのは、
主役のハリソン・フォードが老けたな~ということ。

自分的にはジョーンズ博士よりも、
チョイ悪アニキのハン・ソロ船長のイメージが強い。
今回の映画では最近のスタローンとまではいかないが、
それなりに頑張ってはいると思う。
でも、全体的な演技にどうしても「老い」を感じてしまう。

今後、もしもまたハリソン・フォード主演の続編があるとしたら、
アクション物としてはちょっとしんどいかも。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

天野酒

Dsc01690_2

全国的に大阪の地酒って今ひとつマイナーな感じだが、
それでもいくつかの酒造所が存在する。
代表的なお酒といえば能勢の秋鹿、池田の呉春、八尾の長龍、
そして上のある河内長野の天野酒かな。
天野酒は「天の酒」とも書かれ、なんでも太閤・秀吉が好んで飲んでいたとか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー工場見学

サントリーのウイスキー工場とビール工場を見学する。
どちらかといえば自分は焼酎党だが、

「タダ酒が飲める」

というのが魅力的。

Dsc01648まず訪れたのは京都・山崎にあるウイスキー工場。

Dsc01655ポットスチルという釜にて蒸留中。

Dsc01657年代別に並べられた無数のウイスキー樽。なかなか圧巻な光景。この樽の中でウイスキーが深く熟成されていく。

Dsc01660お楽しみの試飲タイム。「山崎」と「白州」の2種類のウイスキーを飲む。「山崎」はまさしくウイスキーの味だが、「白州」は燻製のような味が強く独特な感じ。

試飲のあとはウイスキー工場を出発し、
秀吉と光秀が天下分け目の戦いをしたことで有名な天王山を越え、
長岡京にあるビール工場を目指す。
(アルコールのまわった体に登山はきつい・・・)

Dsc01665バテバテになりながら歩くうちに、ようやく目的のビール工場がみえてきた!

Dsc01667
見学者用待機室ではサントリーの歴代CMが流れていた。

懐かし~い~、痛みだ~わ~♪

おお、本当に懐かしい!!


Dsc01671_2ビールの製造ライン。目にもとまらない速さで、製品化されていく。

Dsc01677試飲タイムに出てきたのは見学中、盛んにPRしていたプレミアム・モルツ(普通のモルツも飲める)。時間制限があるので、通常飲めるのは2杯くらいだが、早く飲める人なら3~4杯は飲めそう。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »