« 程よいファンタジー映画 | トップページ | Xデイ »

タカダワタル的ゼロ

すでに東京のほうでは上映されていた
高田渡さんのドキュメント映画「タカダワタル的ゼロ」

ようやく大阪での公開日が決まる。

彼の代表曲のひとつである「生活の柄」。

この歌が好きで、当初このブログ名も「生活の柄的ブログ」だった。
(ブログアドレスのseikatuはその名残)

でも、ブログの内容がまったく歌とは関係なく、
高田さん自身が急逝されたこともあり、
曲名をブログ名として使うのが申し訳なく思い、
現在の「イーハトーヴの森」に変更した。

前作と違い、今作では泉谷しげるさんがよく出演しているようだ。
劇中、「春夏秋冬」なんか流れると嬉しいな~。
この歌も「生活の柄」に通じるものがある。

この歌、いっけん野宿生活者のための歌のようであるが
そうではないと思う。

世渡りがあまり上手ではなく、
様々な人間関係や社会のしがらみに疲れつつ、
それでもつつましく生きていく。

この社会に生きる大多数の人が同じような生き方をしているのでは。
ただ境遇の差があるだけで。

(過去記事)生活の柄


|

« 程よいファンタジー映画 | トップページ | Xデイ »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/41335127

この記事へのトラックバック一覧です: タカダワタル的ゼロ:

« 程よいファンタジー映画 | トップページ | Xデイ »