« なぜか軽症 | トップページ | サンポーニャ »

映画「クローバーフィールド」

329614view001

むか~し、ゴジラに襲われる夢をみたことがある。
夜の街中にゴジラが出現したというニュースが流れ、
車に乗ってゴジラのいない方向に避難していると、
遠くにみえるビル郡から火の手があがり、
ヌゥ~っとゴジラの巨大なシルエットが・・・。
それがむちゃくちゃ怖いなんの。

でも現実にあんなものが現れたら、
正に悪夢のような恐怖を憶えると思う。

現実世界に怪獣が現れたらどうなるか、
ということを再現した映画「クローバーフィールド」を観る。

突然、マンハッタン島に謎の怪獣が出現し街中を暴れまわる。
後日、その災厄に巻き込まれた主人公一行の様子が記録された
ハンディカムビデオが発見され、
その映像をまとめたものというのがこの映画の内容。

全編ハンディカムビデオの記録映像なので、
映画らしいストーリーらしきものもBGMもなく、
怪獣が何者なのかも語られないまま。

もともと映画としての面白さは期待はしていない。
現実に怪獣が現れた!
信じられない!踏み潰される!恐怖!パニック!!!
といった緊迫感を楽しみにしていたが、
う~んかなり微妙~。

素人が撮ったビデオ映像という発想はいいんだけど、
その見せ方にもう二つ三つ工夫が欲しかった。

映像や音響はリアルだが、展開のほうがご都合主義満載でリアリティがない。
怪獣の扱われ方も終始チラ見せが続き、
ゴジラ的というより、どちらかといえばエイリアン的。

手ぶれしまくる映像に酔うことはなかったが、
この映画の要である臨場感よりも物語の退屈さのほうが勝った。

既に製作が決定している続編。
記録映像という手法は2度も通用しないと思うので、
今作のネタバレを中心とした「映画」として製作されると予想している。

今度こそもっとリアルな怪獣映画をと期待したいが、
なんとなくハリウッド版「GODZILLA」のようになりそうな予感。

|

« なぜか軽症 | トップページ | サンポーニャ »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/40849934

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クローバーフィールド」:

« なぜか軽症 | トップページ | サンポーニャ »