« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

酒蔵巡り(中本酒造:山鶴)

Dsc01460行きつけの居酒屋さん「ぶどう組」主催の奈良県生駒山のふもとにある酒蔵「中本酒造」見学会に参加。

Dsc01443
蔵主より日本酒や山鶴の歴史についてレクチャーを受ける。創業は享保12年(1727年)と古く、代々、但馬杜氏によってお酒が造り続けられている。全国的な安い増醸酒(普通酒)の普及、その後の日本酒需要の低迷などの時期を乗り越え、現在は純米酒にこだわった酒蔵として営んでいるとのこと。

Dsc01442部屋に飾られていた掛け軸。山鶴の基本理念が書かれている。訳すと一お米、二設備(土地)、三杜氏(人)。

Dsc01456もろみタンクにて発酵中。お酒のいい香りが漂うが、タンクの中は無酸素状態なので、万一落ちたらまず助からない。まさに命がけの作業。

Dsc01458発酵が終わると、圧力を加えて日本酒を絞り出す。このときに出来る絞りカスがいわゆる酒粕になる。

Dsc01470見学後はぶどう組にて山鶴で仕入れた日本酒の数々と、手の込んだ料理を楽しむ。

Dsc01472Dsc01465

Dsc01469Dsc01475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽者あらわる

あのロボットに偽者が!

BigDogBeta(動画)

こちらのほうは蹴られるとコケてしまう・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

はしご

Vfsh00091軒は難波にある日本酒党には有名なお店「山三」。18時に開店したと思ったら、あっという間に満席に。

Vfsh0007とにかく日本酒が充実している。

Vfsh0008ウナギの燻製。料理はアテ系が多いが、どれもなかなか美味しかった。

Vfsh00112軒目は福島に移動して「むてんかぼう基」へ。店名にあるように無添加な料理にこだわったお店。
鳥の軟骨塩焼き。

Vfsh0013どっしりと鳥カレーを注文。濃厚なお味。

Dsc014093軒目は同じく福島にある「ねぎ吉」へ。

Vfsh0014この時点で既にお腹が一杯の為、何も注文しないままお店の人とまったりおしゃべりを楽しむ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

コケそうでコケない

最先端のロボットといえばホンダの人型ロボット、アシモが思い浮かぶが、
4足歩行といえばこいつ。

Boston Dynamics Big Dog(動画)

動きがリアルすぎて気持悪い(人間の黒子が向かい合っているようにしかみえん)!
と以前からお笑いネタとして有名なロボットだったけど、
なんだか着々と進化している感じ。

アシモはあまり実用性はなくマスコット的な存在なのに対して、
このBigDogはれっきとした軍事用として開発されているらしい。

用途は戦場で荷物を運搬をさせるということだが、
万一、対人兵器として改良されたとしたら・・・。

こんなやつに追いかけられるのは、かなり嫌!!

一方のアシモといえば。

アシモ(動画)

立て、立つんだ、アシモ~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

30泊31日、日本一周

観光バスに乗って日本を一周するというツアーがあり、
今夜、起点の札幌を出発したとのこと。
30泊31日間かけて日本海側を南下し九州到達後、
再び札幌を目指すという行程。

一瞬、面白そう!と思ったが、最近夜行バスが体力的にきつくて乗れない。
自分が参加したら1週間くらいでギブアップしそうだ。

さすがにバス泊ではなくホテル泊のようだけど、それでも大変だろうなぁ。
旅行会社もその点を配慮しており、旅行中計4回の健康診断が実施される。
ちょっとした冒険だね~。

ちなみに費用は3食付で一人120万円也。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天理スタミナラーメン

Dsc01400

一時期、天理ラーメンがブームになったことがあった。
名前の通り奈良県天理市が発祥地で、そのブームに乗って彩華ラーメン、天理スタミナラーメンといったチェーン店が広がっていった。
尾道ラーメンや和歌山ラーメンしかり、そのブームもすっかり過ぎ去った感じだけど、その後も普通のラーメン店として近所に根付いている天理スタミナラーメンを食べに行く。
唐辛子とにんにくが効いたピリ辛醤油味スープと具に白菜と豚バラ肉を使っているのが特色。
個人的には味がちょっとしつこい感じかな。しかし、それがスタミナの素なのかも。

近年、全国のラーメンのレベルが上っているという、ラーメン通の記事を読んだことがある。
理由としてラーメンチェーン店の質が以前に比べ大幅に向上しており、それがラーメン界全体の底上げになっているとのこと。
言われてみれば、一昔のラーメンといえば、どこのお店で食べても醤油味、味噌味、塩味くらいの区別しかなかったが、今は個性的で美味しいお店が増えた気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉襲来

今年はまだ花粉症の症状がそれほど強くなかったので、
もしや花粉症に対する耐性がついてきののでは?
と密かに期待していたが、昨日から急にひどくなった・・・。

終日、くしゃみ・鼻水に加え、目がしょぼしょぼ、喉も痛い。

花粉症情報をみてみると、いつの間にか「非常に多い」の表示が。

これまで偵察程度だった花粉軍団の侵攻が、
「今年の春は平和で暮らせますように」
というささやかな願いを蹂躙すべく、
一気に攻勢をかけてきた感じだ。
毎年のことながらほんと情け容赦がない!!

しかし、やられっぱなしというわけではなく、
人間側も様々な防御策を繰り出しているのだが、
自分的には、未だ「これ!」というのはない。

<主な防御策>
マスク、うがい、目の洗浄など細かな対策は別として、
以下のような大きな治療法がある。

服  薬・・・例年、自分が頼っている防御策。
        しかし、その場しのぎという感は否めない。
注  射・・・劇的に効果があると最初はいいかも!とも思ったが、
        よ~く調べてみると副作用(特にステロイド系の)が半端ではないらしい。
レーザー・・・鼻の粘膜を焼いてしまう。
        なんだが鼻の中にソーラレイを発射されるようなイメージが。
        正直、そこまでとはいう気がする。
肉絶ち ・・・肉を絶つ(魚、乳製品なども)ことで体質が変わり、
        花粉症が改善される、らしい。
        花粉症も辛いが、それも辛い!!!

04

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食の安全

外食が多かったり、スーパーでは出来合い物ばかり買ったり、ほぼ毎日スナック菓子を口にしたりと、はっきり言って自分の食生活はかなり不摂生。

そのくせ「今、日本の食が危ない!」みたいな本を好んで読んでいる。

今はマスコミの影響ですっかり中国産の食べ物は危ないというイメージが定着しているが、こういった本を読んでいると、国産であっても安全な食べ物なんてほとんどないと思えてくる。

発ガン性の疑いや人体への影響が指摘されている無数の人工色素、食品添加物、遺伝子組み換え食品・・・。
しかし疑いというだけでは規制の対象にはならない。
実害が証明されたあとでは手遅れと思うのだが、そういうことらしい。
では発ガン性が証明されている煙草は、なぜ規制されてないのかとも思うが、煙草の場合そういったリスクを承知の上で吸う吸わないという選択ができる。
しかし自給自足の生活している人はともかく、普通の町で暮らしていると売っている食品なんて添加物だらけでほとんど選択のしようがない。
安全な食品を売りにしていた生協が、例の事件を引き起こしているのだからなおさらだ。

狂牛病、雪印牛乳、食品偽装、毒入りギョーザなどなど。
近年、食品に対する信用が雪崩式にくずれつつある。

でも、これらは急に始まったことではない。

消費者の安全よりも効率を優先させる企業や農家・畜産業者。
消費者の安全よりも経済効果を優先させ、チェック機能を果たせていないお役所。
自分たちの安全よりも少しでも安くてお手軽な食べ物を求める消費者。

国内ではいつの時代からかこの3者の利害が一致して、
現在の食糧事情を築いてきた。
上記の事件はその延長線上に起きたもので、氷山の一角がたまたまマスコミに漏れただけだろう。実際、そんな事件の後も、日本の食糧事情が特に変わったとも思えない。

かといって、すでに心身ともに毒されてしまったのか、安全な食料だけを買い求めるという生活というのも考えただけでも大変・・・。

しかし、簡単に出来そうなことだけでもやってみるか。

・食品を選ぶ時、買う買わないは別として、とりあえず原産地と原材料を確認する。
・牛乳は低温殺菌のものを購入。
・臭素酸カリウム使用と表示のあるパンに注意。
・マーガリンに注意。
・ポテチは複雑な味の商品よりシンプルな味のものを(まあ、ポテチを買う時点でOUTだが)
・インスタントラーメンのスープは残す(これも食べてる時点でOUT!)。
・で、中国産。あの毒入りギョーザでの向こう側の対応を見る限り、やはり信用できん!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

行列

最近、このブログへの検索ワードとして、
目立って多いのが「パティスリーリョーコ」。

場所的に知る人ぞ知るケーキ屋さん程度に思っていたが、
そんなに有名なお店ならば、
一度行ってみねばなるまいと思い行ってきた(別に行かんでもいいんだけど)。

開店間もない11時過ぎにお店に着くと・・・。
Dsc01401

パチンコ屋の新装オープンか、というような行列が!!
まだ開店前なのかな、と思いつつ並んでみると、
店内が狭いため入店制限をしながらお客さんを誘導していた。

で、待つこと1時間。

全然前に進ま~ん!!

お客さんが一組店内に入ると、大体出てくるのに5~10分。
目の前に30人近く並んでいれば、こりゃ進まんわ。
この日は約束事があったため、結局入店を断念する。

でも、くやしいので平日の合間にリベンジするぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カノン(動画)

カノンとは音楽用語のひとつで輪唱などと訳されたりする。
同じような旋律を何度も繰り返す技法のこと。

曲として有名なのが、
パッヘルベル作曲の「カノン」(動画)

クラッシック音楽の入門用CDなどにかならずと言っていいほど入っている。
よくポップスでアレンジして使用されていたり劇中BGMとして使われたりしているので、
一般的にも馴染みが深い曲となっている。
(山下達郎の「クリスマス・イブ」あたりが有名)

自分も大好きな曲で繰り返される優しげな旋律が心地よい。

そんな現代でも人気のカノンだが、
最近はこういうアレンジが流行っている模様。

「The NEW Canon rock!!!」(動画)

自分もギターは弾くけど(と言っても主に使えるコードはC、D、Am、Dm、Fm迄のレベル・・・)、なんでこの人、指がつったりせんのや~!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでもありかい!

これを題材にしたらいかんだろう、
と悪い意味で評判が高いパチンコを打ってみた。

ネロ

本来、鉄火場であるはずのホールが、
なにやらほのぼのして妙な雰囲気。

自分の台が大当たりして、ラウンド中に流れた曲は「草原のマルコ」。
フォルクローレ調の哀愁漂うメロディに思わず和んでしまった。

さて隣のお姉さんの台ではネロ昇天リーチで大当たり。

「疲れたよ、パトラッシュ・・・」
目を閉じるネロとパトラッシュ。
図柄が揃い天使たちがネロとパトラッシュをお迎えに・・・。

チラッとお姉さんの顔をみてみると、
悲しいような嬉しいような、なんとも微妙な表情。

最近、なんでもパチンコの題材になってしまっているが、
これは「CR未来少年コナン」に続き「やっちゃた」感があふれる台だな~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアごはん

心斎橋にある麦酒食堂が昨年、「アジアごはん麦酒食堂」へとリニューアル。
先日、リニューアル後としては初めて訪れてみた。

基本的なものはなにも変わってないんだけど、
なんとなくアジアンバーからアジアン食堂な雰囲気になった感じ。

Dsc01367

揚州チャーハン。

Dsc01366

えぞ鹿のスモーク。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「主よ人の望みの喜びよ」(動画)

バッハ作曲「主よ人の望みの喜びよ」

数あるクラッシック音楽のなかでも、かなり好きな曲。

パイプオルガンと合唱団というイメージが強い曲だけど、
こういうヴァイオリンと現代風なアレンジもいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

youtubeに転載される男(動画)

youtubeに転載される男

忙しい男だな(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »