« 小旅行 | トップページ | 犬を飼う »

携帯水没!!

携帯電話を川に落としてしまった。

周りで携帯をトイレに落としたという話を聞いては笑っていたけど、
まさか自分の身にもふりかかろうとは・・・。

浅い場所だったのですぐさま携帯を拾い上げ、
その場で操作してみると
(注:水没した携帯は決して電源を入れてはいけない!)、
普通に液晶は映っており、特に問題なさそうだったので一安心。
しかし、しばらくして再び操作してみるとどのボタンを押してもフリーズしたり、
勝手に携帯カメラのシャッターが降りるなどの異常現象が続出。

これはやばい!

あわてて電源を切って、バッテリーを外し、充電口、
イヤホン口と開けそうなところは全て開き、
旅先だったのでひたすら自然乾燥にまかせる。

旅先から戻り修理してもらおうと携帯ショップへ駆け込む。
が、水没させた携帯は修理はできない、新しく買い換えるしかないとの返答。
つまりこの携帯電話はショップから死刑宣告をされてしまった・・・。

携帯を家に持ち帰り、
遅まきながらドライヤーやヒーターで機械内部を乾燥させて復旧を試みる。

そして、最初はフリーズなどがみられたが、
現在は特に異常なく作動している。
携帯を落としたとき3秒以内に拾い上げたので、
「3秒ルール」が適用されたのかな。

しかし本当に復旧したのか、
ある日、突然、ご臨終となるのか、
しばらく様子見・・・。

Dsc00736
ちなみにこれは携帯の水没マーク。
水に濡れると色がつくので、
「なにもしていないのに壊れた!修理して!!」
とウソをついてショップに持ち込んでも、水没させたことがばれてしまう。

参考までにネットで調べた
携帯電話が水没したときの対処方法まとめ

・まず携帯が浸かった水が淡水(キレイな水)か海水(汚い水)か。
 淡水ならまだ望みがあるが、海水の場合はほぼアウト。
 海水の場合、だめもとで精製水で携帯を丸洗いする。
・浸かった時間が長いほど、復旧の可能性は低くなる。
・内部が濡れた状態で電源を入れるとショートしてしまう。
・バッテリーを外す。もちろん充電もしてはいけない。
・携帯の開ける箇所は全て開く。
・ストラップをつかんで携帯をブンブン振り回し、内部の水分を外に飛ばす。
・その後、携帯を乾燥させる。その方法は様々。
 ドライヤーを使う(熱しすぎ注意)。
 浴室乾燥機。
 オイルヒーター。
 日光浴。
 乾燥剤の中に入れる。
 乾燥期間は2~14日間。
・乾燥後、電源を入れてなんともなければおめでとう!!
 それでも液晶が映らず、まともに操作出来なければ、残念・・・。
 
  

|

« 小旅行 | トップページ | 犬を飼う »

電脳空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/16308078

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯水没!!:

« 小旅行 | トップページ | 犬を飼う »