« 酒への情熱 | トップページ | 21世紀の○○○ »

残暑の夜のミステリー

最近、涼しくなったとはいえ、
まだまだ残暑が続くので、
ちょっぴり涼しくなる話をば。


自分が夜勤中のこと。

建物内には職員が2人おり、
交代で短時間ながら別室で仮眠を取る事が出来る。

もともと寝付きが非常に悪いので、
仮眠時間中は横になるだけで、
眠れることはまずない。

しかし、この日は珍しく寝付くことができた。

ところが十数年ぶりに金縛りにあう。

いったん金縛りが解け、
「早く起きなければ」
と思うんだけど強烈な睡魔に誘われ、
再び寝る、そして金縛り。
それを4回も繰り返す。

体が疲れ気味なのかな~と思いつつ、
仮眠を終え仕事に復帰。

いつもと変わらない時間が過ぎ、
白々と空が明け始めた5時頃に、
突然、内線電話が鳴った。

こんな時間に?

あわてて受話器を取ろうとしたが、その直前に切れてしまった。

不思議に思いもう一人の職員が仮眠しているはずの別室に向かうと、
部屋の中は真っ暗で寝ている様子。

むろん建物内には他に内線を鳴らすような人間はいない。

翌朝、念のためにその職員に確認すると、
やはり仮眠中で内線などかけていないとのこと。

過去にも別の職員が夜勤中に「見た」といういわくもあったりして、
もしも、あの内線電話の受話器を取っていたら・・・。

そのときはまったく何も思っていなかったけど、
朝になってからそれらのつながりなど考えたらゾクゾク~。

なお自分は不思議話は好きだけど、
そういう存在を信じているわけではないので、念のため^^。


|

« 酒への情熱 | トップページ | 21世紀の○○○ »

あれやこれや」カテゴリの記事

コメント

ゾクゾクー。恐いけど、聞いてしまう。。。内線電話とったら、どんな声だったんだろう。。。ゾクゾクー。

投稿: 竹下龍 | 2007/09/16 21:34

うわー ちょっこ怖いんですけど」
これを見ているのが 夜中だけに 背筋がぞっとした

投稿: アネモネ太郎 | 2007/09/17 02:35

竹下龍さん
実はこの話、他にも怖い要素があるのですが、
自分で怖くなりそうだったので、怖くないよう脚色しております。

アネモネ太郎さん
コメントありがとうございます。
みられたのが暑いお昼だったら
ちょうど良かったかも、ですね。

投稿: ぽうせ | 2007/09/17 07:36

大丈夫ですよ。生きてるもんが一番 怖い!

投稿: ぶどう組 | 2007/09/17 12:57

ぶどう組さん
自分も幽霊よりも人間のほうが怖いです。
もしも幽霊なるものが存在していても、
絶対生きている人間のほうが強いと思います。
そうでなければ歴史はもっと大きく変わっとりますわ。

投稿: ぽうせ | 2007/09/17 13:18

もっと恐い要素?! 今度 聞かせてー。

投稿: 竹下龍 | 2007/09/18 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/16451968

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑の夜のミステリー:

« 酒への情熱 | トップページ | 21世紀の○○○ »