« やっと振り出しに | トップページ | 明治軒のオムライス »

優しい気持になれたら

人間は感情の動物と言われている。

でも、自分自身に対しては常々、感情の気薄感がつきまとう。
とてつもなく冷たい人間なのでは、と思うこともある。

もうずいぶん前のことだが、
あることで意識的に感情を消し去るようにしていた。
そして一切の感情を表に出さない人間になった。

今はだいぶましになったが、
どうもその頃のことが影響している感じだ。

経験によっては人間を特徴づけるはずの感情が失われてしまう、
という話をときどき聞くが、そういうものだろうと実感できる。

数年前、父親が病で倒れたとき、
これから生活など大変になるなぁ、
と思いはしたが感情的には平静だった。

そんな自分に対して、
ひょっとして「そのとき」が来ても、
自分は平常心のままではと考え怖くなった。
そして、そんな自分がとても嫌だった。

1年後、病院にて父の臨終に立ち会った。
その瞬間、それまで固まっていた感情が崩れ、
堰を切ったように涙があふれてきた。
もう会えない、悲しい、寂しい、無念だったろう・・・。
いろんな感情が交錯していった。
自分でも意外だった。
この気持があったら、
病で倒れた父に対してその後の1年間を、
もっと優しい気持で接することができたのではと、
後になって後悔した。

思えば自分が人に対して優しい気持になるといえば、
自分自身が落ち込んでいたり、辛いときになることが多い。
ちょうど健康なときはそのありがたみがわからず、
病気になったとたんにそのありがたさがわかる、
ということに似ているかも知れない。

普段からそんな気持でいることができたら、
自分も他人に対してももどんなにいいだろう、と思う。

心無い言動で他人を不必要に傷つけてしまったり、
そのことで自己嫌悪に陥ることも少なくなるだろうに・・・。

でも喉もと過ぎればなんとやらで、
すぐに冷たく傲慢に人間に戻ってしまう。

これからも、後悔と反省を繰り返しながら生きていくと思うが、
そのあとで少しずつでも「優しい気持」が持続して欲しいと願う。

|

« やっと振り出しに | トップページ | 明治軒のオムライス »

ふと、思う」カテゴリの記事

コメント

自分の気持ちを ごまかさず 素直になれば楽だよ。 ありのままの方が魅力的で、個性が光ってくると思うけどな〜。 という自分も、20代の頃は 素直じゃなかったんだけどね。。。  優しい気持ちの持続って難しいね、心に強さがないと 持続させるのは難しいなって自分も感じます。

投稿: 竹下龍 | 2007/08/06 12:42

素直じゃない龍さん、
今はあまり想像できませんね~。

優しい気持ってしようと思って出来るものでもないんですよね。
とりあえずは日ごろ、傲慢にならないようにと気をつけたいものです。

投稿: ぽうせ | 2007/08/06 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/15966869

この記事へのトラックバック一覧です: 優しい気持になれたら:

« やっと振り出しに | トップページ | 明治軒のオムライス »