« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

九条の穴場カレー

九条といっても京都ではないよ。

大阪・西区九条の商店街を少し外れたところにある、
コーヒー&カレーの店「七番館」。

Dsc00692

一見、ごく普通の喫茶店。
しかしカレー好きには有名なお店とのことで、今回、初来店してみた。そう思ってみると、「カレー」の看板にもただならぬ雰囲気を感じる。

店内はカウンターのみ。
壁にはコーヒーと各種カレーのメニューが貼ってある。
一番安いのがビーフカレーで650円。
高いのがチキンカレー1,300円(最初はみんなこの値段差に驚くらしい)。
他にもインドカレー、スペシャルカレー、ロイヤルカレー、カレー丼など。
お店のお母さんにスペシャルカレー(1,000円)は、どうスペシャルなのか尋ねてみた。

「値段が高くなる分、味も変わるのよ(ウフッ)」

と、なにやら不適な笑いを浮かべ答えるお母さん。

どうやらカレーの種類によって、ルーも違うらしい。

おすすめのカレーはと聞くと、

「どれもおすすめよ(ウフッ)」

と、今度はありきたりな返事が。
 
う~む。

オーソドックスにビーフカレーを注文するつもりだったけど、
お母さんの自信ありげな笑みが気になったので、
スペシャルカレーに変更。

Dsc00694

スペシャルカレー。

でかっ!!

食べてみると、最初、ピリッと辛さを感じさせておいて、
食べれば食べるほどコクがあってまろやかな味になる。
またほどよく溶ろけた牛肉も美味い。
噂通りの本格的なお味!!

Dsc00695


食後にはお茶のサービスが。

なぜカレーに日本茶?と思いながら飲むと、
これがまた辛さの広がったお口に合うこと!

今度、違う味のカレーにもチャレンジしてみよう。

しかし、お母さんもカレーに負けないくらい味があったな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

劇場映画雑感

この夏は劇場で映画を観る機会が多かったので、
未鑑賞も含めてまとめて総評。

まず夏というより梅雨時にみた映画から。

「300」
スローを多様した映像は絵画のようで美しい。
でもストーリー的には、う~ん、という感じ。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」
シリーズのラストとして上手くまとまっていたのでは。
映画自体も楽しめた。

「ダイ・ハード4.0」
アクション映画として、近年、文句なしの出来!

「ひめゆり」
ひめゆり学徒隊生き残りの方々の証言ドキュメンタリー。
非常に重いテーマの映画だけど、耳を塞いではいけないと思う。

「河童のクウと夏休み」
これが意外な超感動アニメ。

「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」
シリーズで一番、中途半端な感じ。
なので、あえてレビュー記事にせず!

「時をかける少女」
近所の映画館で特別上映をしていたので、
2度目の劇場鑑賞(会員特典で無料!)。
つっこみどころも多いが、やっぱり感動できる。

以下はまだ観ていない映画。

「夕凪の街 桜の国」
映画館でみるつもりだったが、
原作が良すぎて映画だとイメージが壊れそうなので、
レンタルでみる予定。

「トランスフォーマー」
単純に少年の心を持つ大人向け映画として楽しめるか!?

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
なにを今さら・・・と思ってたが、予告編をみるとちょっと良さげな気も。

さらに夏以降公開予定の映画。

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
予想外に1作目がヒットしたので、急遽、続編を作りました、
という感じがしないでもないんだが。

「バイオハザードⅢ」
このシリーズ、レンタルでしかみたことがないが
スケールアップしていて劇場でみるのに良さげな感じ。

「ボーン・アルティメイタム」
こちらもレンタルでしかみていないシリーズ3作目。
評判をみて劇場に足を運ぶか考えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蔵元の会(中本酒造)

「ぶどう組」さんで開催された蔵元の会に参加。

Dsc00660

お酒を提供してくれたのは奈良県にある中本酒造店「山鶴」さん。
280年という歴史ある蔵元とのこと。

Dsc00666
中本酒造の若き13代目より日本酒についてのレクチャー。
・・・半分も理解できず申し訳ないです!

Dsc00657Dsc00665

Dsc00668Dsc00670

ぶどう組さんによるお酒に合わせて工夫された料理の数々も、
たいへん美味しゅうございました!

Dsc00663Dsc00662

この日、出てきたお酒は、

・280周年記念酒 純米大吟醸
・純米 (生竹、冷や、燗)
・純米吟醸 段違い辛口
・あらばしり

の4種類。

Dsc00669
区分的には辛口になるそうだが、全体に口当たりは滑らかで、すっきりしていて飲みやすい。でも最後のほうはすっかり酒がまわってしまい、ほとんど味がわからない状態になってしまいちょっと残念!
でもおいしいお酒と料理をたっぷり堪能した夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州ラーメン博多っ娘

ラーメン好きのOさんが美味しいといっていた「博多っ娘」というラーメン屋のランチを食べに行ってきた。
Dsc00652_2

場所は弁天町駅から歩いて約2分。
見た目はなんの変哲もない、昔からあるいわゆる町のラーメン屋さんという感じ。
早速、ラーメン定食を注文。

Dsc00651

じゃん!

ラーメンは正統的な博多ラーメンという感じで普通に美味しかった。
セットの焼き飯のほうだが、ご飯が見事にパラパラしていて絶妙の炒め具合!

でも一番びっくりなのは値段。

ラーメン定食は600円だった。
ラーメンだけだと550円。
ということは+50円でおかず一品(この日はポテトサラダ)と、
焼き飯(一応、小サイズらしいがほぼ普通サイズやん!)がついてくる。

この味でこの値段。
お得感高し!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PCもクーリング

現在の自宅で使用しているノートPC。
購入してから4年以上になる。

そろそろ来るかもと思っているのがHDDのクラッシュ。

カタカタと音が鳴り出したら危険信号らしいが、
まだそうした音はしていない。

でも原因は不明だがウインドウズが起動しなかったり、
ディスクトップのアイコンが点滅したり、
今までになかったトラブルがちらほら起こるようになった。

HDDについて調べていると熱に弱いらしく、
涼しい環境と熱い環境とではHDDの寿命がまったく変わるそうだ。
なので暑い夏なんかにPCが壊れやすい。
またノートPCは特に熱がこもりやすいときたもんだ。

このままだとやばい!
のではとHDDのおおよその寿命がわかるフリーソフト、
「HDD Health」
をダウンロードしてみた。
クラッシュ予想日が表示されなければ安心だけど・・・。

きゃあ!2009年8月2日!!
表示されとる・・・。
あくまで予想だけども、ちょっとショック。

このソフト、HDDの温度が45℃以上になると警告が表示される。
もともとの室温が高いのでPCを起動直後で40℃になっており、
10分もすると46℃、47℃・・・あっという間に50℃に。
こんなに熱をもっていたのかと初めて知った。
この環境のままではまずかろうと
遅まきながら冷却グッズを購入することにした。

まず冷却板をPCの下に敷いてみたが、大体45℃とギリギリのライン。
これだとまだ不安なので次に冷却ファンを購入することに。
エレコム:SX-CL03MSV

通常4,000円くらいなのだが、ネットショッピングで1,500円で購入。

Dsc00558

使ってみると・・・。

おお、40℃まで下がった!

もっと早く購入しておけば、HDDの寿命が延びたかも。
(もっともいつまで持つかはまだわからんけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこ鍋

ああ、猫たちが・・・。


ねこ鍋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩国

200781112_3日本三大名橋のひとつ錦帯橋を見ようと岩国へ。美しくも迫力ある姿。現地の人に他の二つの名橋はどこか尋ねてみたら長崎の眼鏡橋と東京の日本橋とのこと。日本一なんとかというのは関係ないようで、選ばれる基準が正直よくわからない。

200781112_9消防署の出初め式のような噴水。その下では水着の子供達が楽しそうに遊んでいた。

200781112_14白蛇観覧所。縁起の良い生き物として岩国では白蛇が名物になっている。自然界では目立ちすぎて淘汰されやすいので、人工的に飼育しないと白蛇の繁殖は難しい。

200781112_17ロープウェーに乗って山頂にある岩国城へ。お城の中では全国の名城パネルと名橋パネル、昔の刀や巻物などを展示している。

200781112_21岩国城の天守から町を見下ろす。当時の殿様が眺めた城下町はどうだったんだろうと、ふと思いを馳せる。

200781112_26公園であられもない姿でくつろぐ猫。錦帯橋周辺には、なぜかやたらと猫が多い。

200781112_31夜には鵜飼もやっている。ちらっと聞いた話では、収入減やらで存続が厳しいらしい。

200781112_27暑い時にはカキ氷。岩国を観光する際の注意点は、多くのお店が17時には閉まってしまうこと。それを知らなかったので名物の岩国寿司を食べ損ねた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夕凪の街 桜の国」

Gensaku

現在公開中の映画「夕凪の街 桜の国」の原作コミックを購入する。

昭和30年の広島と現代の東京と広島を舞台に3っつの短編から構成されていて、すべてのページを合わせても100P足らずと非常に短い。

原爆というと被爆直後の状況ばかりに目がいきがちになるが、この作品ではそういう描写は数コマ程度で、被爆後の人々の生活がメインテーマになっている。

基本的にはのどかな日常が描かれていて、絵柄もほのぼのしている。
なのに、その日常にときどき垣間見える原爆や原爆病の暗い影が、とてもリアルに伝わってくる。

「嬉しい?
 十年経ったけど
 原爆を落とした人はわたしをみて
 『やった!またひとり殺せた』
 とちゃんと思うてくれとる?

 ひどいなあ
 てっきりわたしは
 死なずにすんだ人
 かと思ったのに」

「夕凪の街」でのラスト、主人公である皆実の絵もない文章だけの独白はとても悲しくもあり恐ろしかった。

原作には人物についての詳しい説明や描写がないので、一度流し読みしただけでは、「夕凪の街」と「桜の国」との登場人物のつながりがよくわからない。最後までじっくり読んで、はじめてそのつながりがわかるようになっている(よく読むと「夕凪の街」の登場人物が「桜の国」でもほんのチラリ登場していたりもする)。

「生まれる前 
 そう
 あの時わたしは
 ふたりを見ていた。
 そして確かに
 このふたりを選んで
 生まれてこようと
 決めたのだ」

七波(「桜の国」の主人公。皆実の弟の娘)のこの言葉も、人物のつながりを理解した2回目の読み直しで、より深く感動できた。読み返すごとに味わいが深まっていく。

知人から映画のほうが今ひとつだったと聞いていたので、若干、不安があったが、これは読んでおいて良かった。

「夕凪の街 桜の国」(こうの史代著/840円/双葉社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶漬け

お茶漬け
お盆というのに休まず営業しているとのことでぶどう組へ。
シメのお茶漬けは鰹が入ってボリューム満点。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大黒堂山店

Dsc00543大阪、梅田にある大黒堂山店。大阪の中心地でありながら美味しい海鮮物を中心に1品4~500円台で食べられると大変、人気のあるお店。先日、夕方に予約したら既に予約一杯で入れなかったので、今回は1週間前に予約しておいた。

Dsc00544本マグロの中トロが売り切れだったので、インドマグロの中トロを注文。ボリュームは少なめだけど、480円という値段を考えると贅沢は言えん。

Dsc00545

サンマのお刺身。

Dsc00549

今どき珍しい、鯨のお刺身。これも安い!

Dsc00553

鉄火巻き

Dsc00552_2

ハマチ、マグロ、イカの握り。大黒は他にもチェーン店があるが、お寿司が食べられるのは堂山店だけとのことで、これも人気メニューになっている。

人気店という噂につられて初めて行ったが、
確かに連日満員というのも納得の味と安さだった。
何日も前から予約しないとなかなか入れないというのが、
気分屋の自分には厳しいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来来亭

Dsc00542

主に関西を中心としたラーメンチェーン店。
京都風醤油味をベースにしており、
スープに浮かんだ背脂がこってり感を十二分に引き出している。
また麺固め柔らかめ、背脂抜き、葱多め、など、
細かい好みに対応してくれる。

いつも行くお店は定員さん全員元気はつらつで、
体育会系のノリが気持が良い。

数あるラーメンチェーンのなかでも、
高水準のラーメンだと思う。

自分はラーメン店に行くと、
ラーメン以外に焼き飯、餃子、この3点セットを注文することが多い。
来来亭にはハーフサイズのラーメンや焼き飯がないので、
この3点を食べるには、ちょっとお腹が膨れすぎてしまうのが難点。

来来亭

(健康が気になる、ダイエットだ、
 と言っていた記事の次がこの記事かよ!
 と、この記事を書いている自分につっこんでしまった・・・)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

健康の近況

最近、なにかと検査でひっかかり健康が気になる今日この頃。

以前にもダイエットをせねば!と書いたことがあるが、
実は密かにこの半年で体重が5Kg程減っている。

話題のビリー隊長のキャンプに入隊したわけじゃあないよ。

とりあえず毎日、食べるのが習慣化していた
スナック菓子を控えるようになった。
最初は「う~ポテチが食べたい!」といった欲求が強かったが、
2~3ヶ月もすると別に食べたいと思わなくなる。

良くも悪くも習慣って大事だ。

あと、惰性で細々と続けている某スポーツ、
なかなか道場に通えない代わりに自宅で自主練を始めたことも、
少し効果があったのかも。

体重が減ってきて少し高めの血圧が、
改善されたかな~と期待するも、
こちらのほうはあまり変化がない。

もっともいつも血圧が高いわけではなく、
普通のときはまったく普通。
不規則な生活と睡眠不足も原因にあるんだろうなぁ。

で、最近よく飲んでいるのがこの商品。

Dsc00482

アミールS
胡麻麦茶

薬ではないので飲んだからといって必ず血圧が下がる!
という代物ではないが、
「なんとなく血圧にいいような気がする」、
という精神効果に期待!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

アカンずきんちゃん

Vfsh0001

大阪市営地下鉄でよくみかけるポスター。

迷惑たばこを関西限定キャラのアカンずきんちゃんが
「あかんで~」
と優しく呼びかけている。

しかし、それでも迷惑たばこをやめないと、
どこからともなくアカンずきんちゃんの母親である、
それはそれは怖いオカンずきんがやってくるらしい。

「ちょっとアンタ!あかんゆうてるやろが!
 何回同じこと言わすんよ!!
 ほんまにもう!終いにはやいと(お灸)すんで!!!」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

快眠CD~Dreams~

Dsc00481

眠る前にクラッシック音楽を聴くと、
リラックスして眠りにつきやすいという話は前々からあった。

今回のこの「Dreams」というCD。
専門家の監修の下、実際にその効果を検証しながらけっこう「本気」になってつくられたようだ。
曲名はTVで時々流れているものもあれば、まったく知らないものも多く様々。
曲が始まって平均6分ほどで眠ってしまい、最後まで聴いてることが困難だそうだ。

「そんなのび太君じゃあるまいし、うさんくさい!」

と思いつつ買ってみた。

さて、これまでの結果というと、

寝る前に5回かけてみて、4回は途中で寝てしまった。

CDの効果があったのか?
それともたまたまか?

まだまだ自分の中では検証段階。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

ささやかに祝杯

Dsc00540

遅ればせながらタイガースの3位浮上を祝って祝杯をば。

期待しすぎるといけないので、

あくまでもささやかにね。

でも、2位中日とも1ゲーム差・・・。

いやいや、とりあえず目指せプレーオフ出場!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治軒のオムライス

Dsc00529大阪でオムライスといえば「北極星」と並んで有名なのが老舗の洋食屋「明治軒」。店内に入ると内装が懐かしげ。ミナミのど真ん中というのに年配のお客さんの姿もちらほら。常連さんが多そうだ。

なぜかオムライスと串カツのセットが人気らしいので、
銀串セットを注文。
Dsc00530

半熟気味の玉子にネチッとしたライスが特徴的。
普段、オムライスはケチャップ派のせいか、
むちゃくちゃうまい!
とまでは思わなかったが、安定した感じのお味。
串カツもサクサクしていて美味しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

優しい気持になれたら

人間は感情の動物と言われている。

でも、自分自身に対しては常々、感情の気薄感がつきまとう。
とてつもなく冷たい人間なのでは、と思うこともある。

もうずいぶん前のことだが、
あることで意識的に感情を消し去るようにしていた。
そして一切の感情を表に出さない人間になった。

今はだいぶましになったが、
どうもその頃のことが影響している感じだ。

経験によっては人間を特徴づけるはずの感情が失われてしまう、
という話をときどき聞くが、そういうものだろうと実感できる。

数年前、父親が病で倒れたとき、
これから生活など大変になるなぁ、
と思いはしたが感情的には平静だった。

そんな自分に対して、
ひょっとして「そのとき」が来ても、
自分は平常心のままではと考え怖くなった。
そして、そんな自分がとても嫌だった。

1年後、病院にて父の臨終に立ち会った。
その瞬間、それまで固まっていた感情が崩れ、
堰を切ったように涙があふれてきた。
もう会えない、悲しい、寂しい、無念だったろう・・・。
いろんな感情が交錯していった。
自分でも意外だった。
この気持があったら、
病で倒れた父に対してその後の1年間を、
もっと優しい気持で接することができたのではと、
後になって後悔した。

思えば自分が人に対して優しい気持になるといえば、
自分自身が落ち込んでいたり、辛いときになることが多い。
ちょうど健康なときはそのありがたみがわからず、
病気になったとたんにそのありがたさがわかる、
ということに似ているかも知れない。

普段からそんな気持でいることができたら、
自分も他人に対してももどんなにいいだろう、と思う。

心無い言動で他人を不必要に傷つけてしまったり、
そのことで自己嫌悪に陥ることも少なくなるだろうに・・・。

でも喉もと過ぎればなんとやらで、
すぐに冷たく傲慢に人間に戻ってしまう。

これからも、後悔と反省を繰り返しながら生きていくと思うが、
そのあとで少しずつでも「優しい気持」が持続して欲しいと願う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »