« ぶどう組で飲み会 | トップページ | 水木しげるロード »

イーハトーヴ紀行

「イーハトーヴの森」というタイトルのくせに、
最近ほとんど宮沢賢治関連の記事がない。

そこでたまには原点(?)に戻って賢治関連の記事をば。

まずなぜ自分が賢治が好きなのかというと、
戦前の人物とは思えない想像力、
弱者に対する暖かな眼差し、
「みんなが幸せになるには一人が自分だけの幸せを求めるのではなく、
みんながみんなの幸せを求めること」という考え方、
そういったものに、すこぶる共感を覚える。

ただし彼の生き方は惹かれるものがあるものの、
したいと思わない。
理想と現実のギャップに疲れるだけだろうから・・・。

自分は人は善きことだけで生きていけるものではなく、
ある程度の毒や汚れがあっての人だと思っていて、
そこが賢治とは違うかも。

そんな賢治好きが昂じて、岩手県を訪れたのは6年前のこと。
そこでの写真を何枚か紹介。
(あまりいい写真が取れてないけれど)

Dsc03442
花巻駅前にある「セロ弾きのゴーシュ」のモニュメント。
これのアニメがなかなか良い。

Dsc03439
自分が好きな作品「よだかの星」のモニュメント。
ストーリーを知っていると、星になるよだかの
その美しさがなんとも悲しくみえる。

Dsc03440
宮沢賢治記念館の近所にある山猫軒。
お店に入ると店員がおらず、「上着を脱いでください」と声だけが・・・。
ということはもちろんない。

Dsc03436
岩手県といえばもうひとつ有名なのが民話の故郷・遠野。
実は自分は和洋問わず民話が好き。
この川は昔、河童が出たとの伝説があり、今にも河童が「チャポン!」と水しぶきをあげそうな雰囲気が漂っていた。

Dsc03437
デンデラ野。一見なんの変哲もない原っぱだが、ここには姥捨て伝説が・・・。

岩手県には、結局この1回しか行ってない。
時間の都合で訪れることが出来なかった場所も多く、
また行きたいな~と思いつつなかなかその機会がない。
花巻で賢治の命日におこなわれる賢治祭なんかも、みてみたいんだけどね。

|

« ぶどう組で飲み会 | トップページ | 水木しげるロード »

行ってきました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/15273817

この記事へのトラックバック一覧です: イーハトーヴ紀行:

« ぶどう組で飲み会 | トップページ | 水木しげるロード »