« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ぶどう組で飲み会

一人で行くことが多いぶどう組。

今日は珍しく、仲間大勢で押しかける。

大勢で行くとなにがいいのかというと、

一人だと1~2品しか頼めない料理が、

たくさん注文できること♪

Vfsh0001


脂が乗り切ったカンパチのお刺身。

Vfsh0002


揚げ出し豆腐。

Vfsh0003


茄子の四川風味噌炒め。

Vfsh0004


赤鶏の唐揚げ。

Vfsh0005


肉厚の黒毛和牛たたき。

Vfsh0006


タコの柔らか煮。
一般的には出回っていない大阪の地ソース、大黒ソースを使用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトルのメロンパン

かなり前にTVの「ナイトスクープ」に取り上げられた「シャトルのメロンパン」。
車による移動式パン屋さんで、その場で焼きあがったメロンパンがとても美味しいとたちまち評判になった。
メロンパンといえば表面は甘いが、中身の大部分は固くてなんの味気もなく、なんだか騙されたみたいで嫌いだった。

ある日、通りがかりの道端に「シャトルのメロンパン」が来ており、長い行列が出来ていた。
メロンパンの何がおいしいんだろう?と半信半疑で買ってみると・・・。

「おお、おいしい!」

今まで自分の食べてきたメロンパンは何だったのか!
というほどの衝撃を受けた。

それから何回か購入していたが、
移動式で販売場所も頻繁に変更になるので、
「シャトルのメロンパン」車をみつけることがなくなり、
すっかりご無沙汰となった。

先日、ふと「シャトルのメロンパン」のことを思い出し、
まだ販売しているのかなぁとネットで検索してみる。

あった!!

シャトルのメロンパン

みているうちに無性にメロンパンが食べたくなってきた。

Dsc03447
で、車のほうではなく本社工場前の店頭販売に行ってきた。

冷めてもおいしいが、やはり出来たたての熱々を食べるのは格別。

Dsc03448
とってもやわらかくてとっても甘~い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりぱん3

Photo_6

とりのなん子著、「とりぱん」3巻が先日発売に。

盛岡在住の著者の周辺で起こる身の丈アウトドアライフを描いたこのシリーズ。

肩の凝らない自然との触れあいが、ほのぼのしていて楽しい。

そんな自然ネタが多いなん子さんだがエコやロハスという言葉が嫌いとのこと。
自分もそういうものにうさんくさいものを感じている(例えば企業が宣伝によく使う「地球に優しい」という言葉!)ので、なんだか親近感が湧く。

自然好き、鳥好き、猫好きにはたまらない描写が多いが、虫嫌いにはたまらない描写も多いのは好みの別れるところ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コロコロ伝説

小学生の頃、毎月欠かさず読んでいたコロコロコミックが大人向けになって帰ってきた!

Dsc03435

「ドラえもん」をはじめ「いなかっぺ大将」「ハムサラダくん」「ザ・ウルトラマン」・・・、どれもこれも懐かしい!!

初期の頃のコロコロコミックは看板作品であった「ドラえもん」が200ページ載っているかと思えば、けっこう劇画タッチの作品も多く載っていたりで、非常にバラエティに富んでいた。
なんせピーク時には発行部数が、あの「週間少年ジャンプ」を上回るほど人気があった。
改めて読んでみると、ただ懐かしいだけではなく、それだけ面白く印象深い作品が多かったように思う。
その後、だんだんと低年齢化とギャグ化がすすみ、読まなくなったが。

今回のコロコロ伝説VOL.1(VOL.10まで続くらしい)には嬉しいことに、今や幻となってしまった「新オバケのQ太郎」コミックス第1巻が、そのまんま文庫サイズで付録についている。
もう読むことができないだろうと思っていたオバQにこんな形で再会しようとは。
しかし、こんな付録にはつけられるのに、なんで復刻できんのかね。

熱血!!コロコロ伝説

オバQに会いたい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スパイダーマン3」

20061107004fl00004viewrsz150x

スパイダーマン3を観る。

ビルの隙間を駆けめぐるスパイダーマン、ハイテク武器を駆使するゴブリンジュニア、変幻自在に変形するサンドマンなど特撮のほうはこれまでと同じく良く出来ていた。
がストーリーのほうはかなりグダグダ・・・。
エピソードを詰め込みすぎており、それを消化するために行き当たりばったりな安易な展開が続く。
スパイダーマンの行動もなんだか自分がらみのことに終始して、ヒーローらしい活躍があまりなく盛り上がりに欠ける。
一番頂けなかったのが登場人物達の言動・性格が都合よくコロコロと変わり過ぎる!
一人くらいならまだしも、主役のピーターを始め、恋人のMJ、親友のハリー、叔父の敵であるサンドマンなど主要メンバー全員がだ。
感情移入もなにもあったもんじゃない。
非常に厳しい意見になってしまったが、それも前2作があまりにも良かったからだ。
シリーズ1・2共いかにもマンガ的なストーリーが、見事なまでに映画作品として完成されていた。
今回はこれが同じスタッフが作ったのかと思うくらい、完成度が大幅にダウン。
これが一発ものの映画だったら、「ハリウッドらしい大味な映画ながら特撮は見応えがあった!」くらいだったろうに・・・。
もしまた新シリーズを始めるなら、多少特撮は少なめでもいいから、とにかく脚本に力を入れて欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

にんにくとう

最近、ちょくちょく行っているぶどう組。

にんにくとうと烏賊のオイスター炒めを注文。
Dsc03429
「とう」とは調べてみると花茎とあった。
こいつがシャクシャクした歯応えに、甘みがたっぷり!
Dsc03430
もう一品注文したのが牛タンシチュー。
よく口の中で溶ろけるという表現があるが、
この牛タンがまさにそれ。

マスターと話をしていると、
メニューには載っていない裏メニューもいろいろあるとのこと。
今度、注文してみようっと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くろもんカレー

時々、美味しい味を求めてお店めぐりをする。
主なお店のジャンルはラーメン、タコ焼き、焼肉、沖縄料理、寿司、そしてカレー。

Dsc03424掲示板などで「大阪のおいしいカレー屋さんは?」というトピックで、よく名前をみかける「くろもんカレー」。
お店の場所は黒門市場内ではなく、でんでんタウンの手前にある。


くろもんカレー(420円)とトッピングで甘辛ビーフ(230円)を注文する。
皿が大きく見た目にもボリュームがある。
お味のほうはまず甘い味が広がり、あとからピリピリと辛くなってくる。
少し得正のカレーとも似ているが、得正ほどしつこい甘さではない。
むちゃくちゃ旨い!とは思わないが、トッピング無しで420円というリーズナブルな値段以上に満足できる味だった。
福神漬け、らっきょが無料なのも嬉しい。
Dsc03425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯届く

Dsc03428_1

ソフトバンクの携帯電話が注文してから4日目に届く。

オンラインショップで購入したので、それからがちょっと邪魔くさい。
申し込み用紙や身分証明証のコピーをFAXで送れとある。
送ろうにも受付時間外だったので、翌日に持ち越し。
次の日、仕事帰りにコンビニでFAXする。
それから30分ほどで無事開通。ホッ。
その後、操作方法の確認や、もろもろの設定をするが、
長文メール設定がまたも時間外で受け付けてくれない。
で、次の日に設定おこなう。
結局、基本設定に2日かかった・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロッキー・ザ・ファイナル」

20070104001fl00001viewrsz150x

「ロッキー」といえば映画自体観たことはなくとも、
タイトルだけはほとんどの人が知っているという有名な作品だ。

自分はアメリカンドリームとやらが好きではないので、
「ロッキー」シリーズにはさほど思い入れがなく、
TV放映を数回観た程度で、それも特に面白かったという記憶がない。

で、今回の「ロッキー・ザ・ファイナル」。
感動する!号泣!という評判につられて観に行ってきた。

現役を退き50代にして再びリングに立つロッキー。
対戦相手は無敗の現役ヘビー級チャンピオン。

非常に無理がある設定ながら、
それをあまり感じさせない展開は良く出来ていた。

前半の人間ドラマや終盤の試合も地味な感じだが、
それが現在のロッキーであり、シリーズの締めくくりとしてはいいのかも知れない。

ただ映画館でワクワクしたのは試合に向けてロッキーが
あのテーマソングと共に練習を開始する場面だけだった。

大人向けの渋めのいい映画とは思うが、
映画館でみるにしてはちょっと物足りない。

過去に一度でも「ロッキー」で感動したことがあったなら、
もっと印象深い映画になったんだろうな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

機種変更

日々、進歩がめまぐるしい携帯電話。

でも自分の携帯はそんなものとは無縁のプリペイド携帯。
通話とメール、オマケ程度のカメラ機能が付いているが
WEBには接続できずアプリなどのゲームも出来ない。
それでも使う使わない関係なく基本料金が4000円以上かかる
通常の携帯電話はどうも嫌だ。

ツーカーのプリケーロングというものを利用していたが、
これが大変お得で最初に12000円の登録料がかかるが、
通常有効期限が30~60日間のプリペイドカードが360日間使える。
なので着信専用で使えば、3000円のカードを購入したとして、
実質月250円で済んでしまう。

そんな便利なツーカーも来年でサービス終了となる。
auのプリペイド携帯へ機種変更をすれば無料とのことで、
先日、あまり深く考えずに機種変更をおこなった。

これが失敗だった。
画面が綺麗になり、カメラの写りも良くなったと喜んだのも束の間、
なんとauのプリペイドはメールが使えないじゃないか!

自分は携帯ではほとんど通話をしないが、
メールは頻繁に使うのでこれは致命的だ。

結局、メールも使えるソフトバンクのプリペイド携帯に再度、
機種変更することにした。
基本料金が月980円のホワイトプランのほうが安いかもとも思ったが、
どうもソフトバンクは胡散臭いイメージがあるので、
とりあえずプリペイドを使って様子をみることにした。

現在、ソフトバンクにプリペイド携帯を注文して商品の到着待ち。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

六甲ハイク

週末、六甲山ハイキングに行ってきた。

阪急芦屋川駅からいざ六甲山へ!

いかにも金持ちが住んでいそうな住宅街を抜け、
山道を入ってすぐにある「高座の滝」。
Dsc03402

途中の水場にはなんと野生のイノシシの親子が。
人間に慣れているらしく、近づいても逃げない。
ただ「噛み付くので撫でないように!」という看板が近くにあった。
Dsc03406

荒地山付近からみた神戸の町並み。
遠くには神戸空港の姿もあった。
Dsc03408

しかし、今回のハイキングは途中岩場があったりもしたが、
決して難易度は高くなく小学生でも登れるレベル。
・・・のはずなのに途中でバテバテになる。
(岩場で足が上がんね~!下り坂では足がガクガク~!!)
病み上がりのせいか、単純に体力がなくなってしまったのか
ちょっと考えてしまった。

下山後は喫茶店で休憩。
Dsc03412

抹茶&黒糖プチパフェとほうじ茶。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日なのに

世間でいうゴールデンウィークや年末年始やら全く関係のない仕事をしている。

それでも普通の休みはあり、昨日まで仕事で今日明日の2日間は休日となっている。

ちょっぴりGW気分に浸れるぞ~と思っていたのに、

昨日から喉が痛くて、昨夜は37.2℃の微熱が出る。

目が覚めたら熱が下がってくれますようにという願いもむなしく、

今朝計ったら38・6℃!

せっかくの連休が寝込んで終わりそう。

とりあえず今から緊急診療所に行ってくるっス・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウォーターマッサージ器

慢性的に肩、首、腰のこりがひどい。

で、いろいろマッサージ器を購入したり、
ゴッドハンドを求めて整体めぐりをするがどうもハズレが多い。
(我ながら新興宗教めぐりに近いね)

1ヶ月ほど前にふらっと入った整骨院。
これが久々に当たり!だった。
まだ若い先生だがアメリカでカイロの勉強をしたとのことで、
こちらが言わなくても体の歪みを発見してくれる。
時間をかけ丁寧にマッサージをやってくれるので、
終わった後はかなりすっきりする。

理学療法、タイ式、柔道整骨、×××など試したが、
一番のお気に入りはカイロプラクティック。
しかしお店にもよるが保険適用外なので1回あたり3~8000円かかる。
2~3回で完治するのなら通ってもいいが、
こうも慢性になるととてもじゃないが通ってられない。
(あとかなりハズレも多い)
そのカイロに近い施術を保険適用で受けられるのだから、
これはとてもお得だ!

ただ不満なことはこの整骨院にはもう一人バイトの人が施術しており、
先生と比べるとガクンとレベルが落ちる。
どちらになるかはその日次第なので確率50%のロシアンルーレット・・・。

また整骨院にはウオーターマッサージ器が設置されている。
ウォーターベットに横渡り、ジェット水流でマッサージをおこなう。
初めて体験したが、これがなかなか良い。
ローラータイプだと微妙に位置がずれていることが多いが、
ポイントが広いので患部をまんべんなくマッサージしてくれる。

買う気はないが参考までにネットで値段を調べてみると・・・。
なんと500万円!!


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »