« 人間ドッグ | トップページ | シメジさん »

地名の由来

大阪案内をしている知人がいる。

先日、居酒屋さんでその知人と居合わせた。
一緒の席に座り、大阪の地名の由来についていろいろ伺う。
以前から地名にまつわる話を教えてもらっているが、地名には今とは違う当時の姿をあらわしたものも多く、聞いていても非常に面白い。

例えば、

「大阪」
現在、大阪城がある場所に石山本願寺を建設した蓮如が、一帯の台地を「大坂」と呼び、それが定着した。

「寺田町」
昔、四天王寺で暮らす人々向けの田んぼがあった。お寺+田んぼ。

「夕陽ヶ丘」
昔は大阪湾がすぐ近くにあり水平線に沈む素晴らしい夕日がみえた。今は高層ビルが立ち並び、埋め立てによって海岸線も遥か西の彼方に。

「鶴橋」
鶴の群れが集まる橋があった。もちろん今は鶴なんて飛んでいない。

「伏見町」
京都の伏見商人が多く住んでいた。

などなど。

その知人は新しい地名は古い地名と比べ、その土地の歴史的背景と無関係なものが多いと、よくぼやいている。実際、新しい地名は歴史的なことより親しみやすさ、憶えやすさが優先される傾向があるそうだ。

「東大阪市」
大阪の東にあるから。確かに憶えやすいけれど・・・。

ちなみに「南大阪市」なるものが1日だけ存在したことはあまり知られていない。

|

« 人間ドッグ | トップページ | シメジさん »

あれやこれや」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/14421721

この記事へのトラックバック一覧です: 地名の由来:

« 人間ドッグ | トップページ | シメジさん »