« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

「ゲド戦記」Ⅰ~Ⅲ

映画「ゲド戦記」を見たあとに購入した、
原作本Ⅰ~Ⅲをようやく読み終えた。

3冊読むのに半年近くかかった理由は、
主に通勤電車などで読んでいたのと、
ストーリーが淡々としていて、
あまり続きが気にならない、
ということがあった。

各巻の内容は以下のとおり。

Ⅰ「影との戦い」
魔法学校において虚栄心から魔法合戦におこない、
死霊とともに「影」を呼び出してしまったゲド。
その「影」に怯えていたゲドだったが、
「影」との対峙することを決意する。

Ⅱ「壊れた腕輪」
幼少の頃に真の名を奪われ、太古の精霊が住まう墓所にて、
巫女として生きてきたテナー。しかしゲドと出会ったことにより、
テナーの内面に変化が起きる。

Ⅲ「さいはての島へ」
竜が言葉を失い、魔法使いが魔法が使えなくなるなど、
世界の均衡が崩れつつあることを察したゲドは、
アレンと共に原因を探る旅に出る。

戦記とあるが、「影との戦い」の冒頭でそれらしい描写がある程度。
竜や魔法も登場するが、特に派手な見せ場というものもなく、
登場人物の内面的な描写や、人物たちが語る言葉に重点が置かれている。
児童文学なので、一応漢字には全てふりがなが打たれているが、
正直、児童向けではない。

 ことばは沈黙に 
 光は闇に
 生は死の中にこそあるものなれ

といった言葉の意味を感じることが出来ないと、
読んでいても辛いかもしれない。

先日、週刊文春が選ぶワースト映画「木いちご賞」の1位に、
「ゲド戦記」が選ばれていた。
もっとひどい映画は他にもある気がするが、
話題性というのが大きかったのだろう。

原作とアニメ版と違いについて一番感じたことは、
原作者がネット上で指摘しているが、
原作が登場人物を単純に善と悪とに分けていないのに対して、
アニメ版は安易に分かれていたように思う。

原作の世界観を丁寧に再現したTVシリーズとしてNHKあたりで製作したら、
けっこういいものが出来る気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語テストに挑戦

PCの日本語変換で有名なATOKによる、

日本語テスト

に挑戦する。

結果は55点。

あちゃー平均点以下・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉でほっこり

2007114_1日帰りで日本三大古泉のひとつ有馬温泉に行ってきた。十数年前に職場の旅行で来て以来2回目だ。比較的に行きやすい場所にあるのに、意外と行っていないものだ。でも、身近な観光地って、行こうと思えばいつでも行けるという気軽さから、ほとんどあるいはまったく行かない場所も多い。

個人的には他にもこんな場所がある。

通天閣・・・2回登ったことがあるが、基本は素通り。
大阪城天守閣・・・1回だけ入ったことがあったような。大阪城公園にはよく行く。
USJ・・・行ったことなし。ディズニーランドにも興味がないからなぁ。
サンタマリア号・・・乗ったことなし。あまりそそられる眺めでもないので・・・。
水上バス・・・上に同じ。
道頓堀極楽商店街・・・行ったことなし。入場料を取るのがいただけない。
梅田スカイビル・・・行ったことなし。遠くから眺めるだけ。
司馬遼太郎記念館・・・行ってみたいと思いつつ、まさにいつでも行けるというので、いまだに訪れていない。

2007114_1_1
話を戻して、まず訪れたのが「銀の湯」。
泉質は炭酸泉、ラジウム泉。
お湯は無色透明で、施設もこじんまりした感じ。
入浴料、大人550円。

2007114_5
続いて「金の湯」へ。
泉質は含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉。
お湯は茶色で、「銀の湯」よりもりっぱな感じ。
温泉場の壁に一の湯という看板があったので、二の湯はどこかと探すが見当たらず。
あとで男湯女湯を一の湯、二の湯と名づけていることを知る。
ちょっとまぎらわしい。
入浴料、大人850円。
2007114_6
「金の湯」そばにある足湯場。

ありきたりな表現ながら温泉に入ると、
日本人に生まれてきて良かったとしみじみ思う^^。
短い滞在時間ながら、ちょっとした旅行気分が味わえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「硫黄島からの手紙」

「父親たちの星条旗」に続く第2部、「硫黄島からの手紙」をみる。

まずモノクロ映画のような白っぽい画面が、記録映画のような印象を受ける。

前作とは対照的に日本人の視点から描かれた本作では、それぞれ立場の違う5人の人物を中心に物語がすすんでいく。

その人物と印象。

栗林中将・・・アメリカ駐在を経験したことがあり、現実的な視野をもつ軍人。家族に宛てた多くの絵手紙から軍人らしくない温和な性格が窺える。映画では絶望的な状況のなか、司令官として最善を尽くす様が描かれている。完璧な人物との印象が強くなってしまい、その苦悩があまり伝わってこなかかった。

西郷・・・実質的なこの映画の主人公。小さなパン屋を営んでいたが徴兵される。軍隊には批判的で本土に残る妻子のことを案じる。職業軍人ではなく、彼を通して「もし自分たちが戦場に駆り出されたら」と考えさせられる。

西中佐(バロン西)・・・ロスオリンピックの馬術競技金メダリスト。栗林中将と同じく模範的な軍人として描かれている。

清水・・・元憲兵。地味な役柄ながら、5人のなかではもっとも内面的な変化が激しく一番印象に残った。

伊藤中尉・・・部下への制裁、玉砕を良しとする典型的な旧軍人。彼が迎える結末については、観客に判断を任せる形になっているが、描き方が中途半端な気がした。

外国映画のなかで珍妙に描かれる多い日本人だが、非常に丁寧に描かれている。
ただ生身の人間らしいリアリティがあまり感じられず、悲惨な状況なのにあまり感情を揺さぶられなかった。
緊迫した戦場から度々切り替わる回想シーンも、緊張感を途切れさせる。
期待が大きかったわりにはインパクトが少なかったというのが一番の感想。
前作と同じくメッセージ性やストーリー性を排除した手法はいいと思うが、それを補う人物作りをもっとして欲しかった。

ただこれがアメリカの作品ということはすごいと思う。
「父親たちの星条旗」と同じく、安易な戦争映画にはしないという監督の意思のようなものも感じられた。
もし日本映画として作られたとしたら、制作費のことは抜きにして、やたら悲劇性を協調したり、メロドラマぽくなったりして、より商業映画になるだろうな。

「父親たちの星条旗」の記事

| | コメント (0) | トラックバック (1)

住吉大社へ初詣

知人の企画「着物で初詣」という催しに参加する。
あいにく自分は着物をもっていないので普段着だったけど。
考えてみれば着物ってン十年生きてきて七五三でしか着たことがない。
参加する前に近所のいくつかのスーパーで、
安い着物はないものかと探してみたが着物自体が置いていない。
唯一、男性着物3点セット(28,000円)というのがあったが、
LLサイズしかなく大きすぎる。
一着くらい持っていたほうが良いのではという気もするし、
着る機会なんてほとんどないという気もする。
購入を迷い中・・・。
Dsc02734
それはさておき、当日は住吉大社に参拝する。
大きく発達した低気圧の影響で、
雨自体は大したことはなかったが台風のような風が・・・。

Dsc02738
ちょうど「白馬(あおんま)神事」をやっていた。
「白雪号」というこの白馬、
大人しい馬だな~と思っていたら
道産子馬で人間の年齢でいうと還暦を越しているそうだ。

参拝のあとはミナミにある老舗料亭「つる井」へ。
普段、お目にかかることのない会席料理に舌鼓を打つ。
Dsc02741

Dsc02742

Dsc02743

Dsc02747

Dsc02748

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる年賀状

毎年、やってくる年賀状。

枚数は元旦が一番多く、2日目、3日目で大体一段落する。
あと届くとしたら、
「出していないぽうせさんから年賀状が届いている!」
と返事として返ってくるくらいだ。

ところで今年は1枚、気になる年賀状があった。

差出人の名前、住所ともまったく心当たりがない。
文面は一般的な新年の挨拶が書かれている。
業務用ではなく個人用の年賀状ぽい。
今年初めて届いたので昨年中に出会った誰かさん?

向こうは自分のことを知っているのに、
自分は相手のことがわからないって、
なんとなく落ち着かない感じ。

まさか、
「あなたはどちら様でしょうか?」
と返すわけにもいかんしねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月はビデオ鑑賞

レンタル屋さんで劇場版Zガンダムの第二部、第三部を借りてきて鑑賞する。
第一部は劇場に足を運んだが、それがいまひとつだったので、それ以降は結局観ていなかった。

で、見終わった感想。
劇場に行かなくてよかった!

第一部でみられた落差の激しいTV版カットと新作カットがころころ変わる見苦しさは相変わらずだった。
加えてリアルタイムでTVシリーズを観ていたときに感じていたストーリーのわかりづらさ、登場人物への感情移入の出来なさがめらめらと蘇ってきた。
TV版では最後、主人公が精神を破壊されてしまうが、それとは違うというラストに少し期待していたが、なんだか拍子抜けという普通の展開だった。

今さらながらこれがファースト・ガンダムの感動的な大団円の続きかと思うと非常に残念・・・。

そういえばファースト・ガンダムの流れをくむ新作「ガンダムUC(ユニコーン)」という小説(作者はあの「ローレライ」などの福井晴敏!)が始まるらしい。方向的には将来アニメ化されるかも知れない。果たしてあの頃の感動をもう一度!という作品になるか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »