« 「M:i:III」 | トップページ | 夏休み映画、予想と結果 »

映画「ゲド戦記」

賛否両論渦巻く、「ゲド戦記」を観る。

原作がゲド戦記でなかったら、ジブリ作品でなかったら、監督が宮崎駿の息子さんでなかったら、ここまで世間でたたかれることはまずなかったであろうに、とこの作品にいささか同情する。

暗い!という批判もあるが、自分はこういう雰囲気は割と好きだったりする。登場人物が少ないわりに、出てくる人間がみんな真面目だったり、辛い過去があったりと、場を明るくするキャラクターがみあたらない。しかし、それはそれで抑えの効いた人間ドラマとしての味があったと思う。もっともこの時点で、子供の鑑賞には堪えられないだろうけど。
むしろ自分はディズニー作品のようなうそ臭い明るい作品というのが好きではない。ディズニーのそれとはまた違うが、ジブリ作品でいえば、「紅の豚」なんかもうそ臭く思えて感情移入できなかった。

劇中で流れる「テルーの唄」も、思ったとおりとても良かった(映画をみていて、そのままの曲名やん!と妙に納得)。

しかし、ざんざん指摘されているとおり残念ながら傑作ではない。

これという映画らしい見せ場がない。映像、ストーリー、人物など、「ここが素晴らしい!」と、アピールできるものがないのが惜しい。
動きがTVアニメのようにぎこちない、人物の線の崩れているという場面が目立ち、作画レベルがあまり高くない。
ストーリーに???という部分が多すぎる。特にテルー!あの展開はまずかろう。原作を知らない観客が、置いてけぼりにされている。

この映画の脚本は何回くらい書き直しをしたのだろう。また何人がそれをチェックしたのだろう。
原作に、これまでのジブリ作品のエッセンスと、監督の思いついたことをとりあえずつなぎ合わせてみた、という感じが強い。脚本が十分に練りこまれていれば、もっとこの作品が光っただろうに。

でも、最初にも述べたが、この作品は嫌いではない。
個人的にはものすごくツボに当たっており、ゲド、テルー、アレンといった人物たちも印象深かった。
大作ではなく決して万民向けでもないが、観る人が観ればじんと心に染み入る・・・、本来そうなるべき作品だったと思う。
それだけに、いろんな意味でもったいない・・・。

|

« 「M:i:III」 | トップページ | 夏休み映画、予想と結果 »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/11677455

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ゲド戦記」:

» YouTubeでゲド戦記などの映像を。。。 [You Tube 動画のダウンロード保存方法まとめサイト、You Tube 動画を楽しもう! ]
YouTubeでゲド戦記などのプロモーションビデオがみれますし、保存などもできますし、それを自分のサイトに貼ることもできて楽しいですよ [続きを読む]

受信: 2006/09/16 13:45

« 「M:i:III」 | トップページ | 夏休み映画、予想と結果 »