« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

映画「ゲド戦記」

賛否両論渦巻く、「ゲド戦記」を観る。

原作がゲド戦記でなかったら、ジブリ作品でなかったら、監督が宮崎駿の息子さんでなかったら、ここまで世間でたたかれることはまずなかったであろうに、とこの作品にいささか同情する。

暗い!という批判もあるが、自分はこういう雰囲気は割と好きだったりする。登場人物が少ないわりに、出てくる人間がみんな真面目だったり、辛い過去があったりと、場を明るくするキャラクターがみあたらない。しかし、それはそれで抑えの効いた人間ドラマとしての味があったと思う。もっともこの時点で、子供の鑑賞には堪えられないだろうけど。
むしろ自分はディズニー作品のようなうそ臭い明るい作品というのが好きではない。ディズニーのそれとはまた違うが、ジブリ作品でいえば、「紅の豚」なんかもうそ臭く思えて感情移入できなかった。

劇中で流れる「テルーの唄」も、思ったとおりとても良かった(映画をみていて、そのままの曲名やん!と妙に納得)。

しかし、ざんざん指摘されているとおり残念ながら傑作ではない。

これという映画らしい見せ場がない。映像、ストーリー、人物など、「ここが素晴らしい!」と、アピールできるものがないのが惜しい。
動きがTVアニメのようにぎこちない、人物の線の崩れているという場面が目立ち、作画レベルがあまり高くない。
ストーリーに???という部分が多すぎる。特にテルー!あの展開はまずかろう。原作を知らない観客が、置いてけぼりにされている。

この映画の脚本は何回くらい書き直しをしたのだろう。また何人がそれをチェックしたのだろう。
原作に、これまでのジブリ作品のエッセンスと、監督の思いついたことをとりあえずつなぎ合わせてみた、という感じが強い。脚本が十分に練りこまれていれば、もっとこの作品が光っただろうに。

でも、最初にも述べたが、この作品は嫌いではない。
個人的にはものすごくツボに当たっており、ゲド、テルー、アレンといった人物たちも印象深かった。
大作ではなく決して万民向けでもないが、観る人が観ればじんと心に染み入る・・・、本来そうなるべき作品だったと思う。
それだけに、いろんな意味でもったいない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「M:i:III」

最近、なにかと逆風にさらされているトム・クルーズ主演「M:i:III」を観る。

イーサンの元教え子リンジー救出作戦、ヴァチカンでの闇商人デヴィアン拉致作戦、橋の上での攻防、高層ビルに潜入しての「ラビットフット」奪取と、手に汗握る派手なアクションが次々と展開していき、これらのシーンだけでも映画館で観る価値はあった。
ただクライマックスが「途中で制作費がなくなったのか?」と思うほど、地味になってしまったのが残念。
あとイーサンが恋人を救いたい!というのはわからないではないが、恋人のなにがそんなにいいのかという描写がないので、今ひとつ感情移入できなかった。
全体としては面白かったけれども、シリーズ3作目のせいか新鮮さが乏しいという感は否めない。
米国での興行収入もイマイチらしく、今作で本当にイーサンも引退かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば冥王星

惑星の定義を巡り、太陽系の惑星が3つ増えるやら、1つ減るやらでもめていた国際天文学連合総会。

けっきょく1930年に発見されて以来、76年間惑星とされていた冥王星が外されることになった。
これで太陽系の惑星は水金地火木土天海の8個に。
もう土天海冥か土天冥海という話題もなくなってしまうかと思うと、ちょっと寂しい気もする。
来年からの教科書や天体図鑑などに影響を与えそうだが、星占いでの冥王星の立場もどうなるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱投343球

今年の夏の高校野球は熱戦が多いな~と思っていたが、決勝戦もそんな大会にふさわしい試合だった。
駒大苫小牧(北海道)-早実(東京)、延長15回1対1の引き分け再試合へ。

本塁打数が大会記録を更新するなど、全体的に打高投低の傾向があったが、決勝戦では一変して両エースの息詰まる投手戦となった。
炎天下のなか両エースが投じた玉数は343球。
たぶん体力的にはボロボロのはず。
1日でも休養日を挟んで両チームがベストに近い状態での再試合をすればいいのにとも思うが、やはり選手・応援団の宿泊などの問題で難しいんだろうな。

ここまできたらどちらのチームも頑張れ!と思ってしまうが、勝利の女神は片方にしか微笑まない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパロウ「お解り?」・・・解かりにくい!

「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」(長いタイトルだな・・・)を観る。

感想はスピード感がありお笑いシーンも小気味よかったが、いかんせん「見終わった!」という満足感がない。

直前に前作を観ていないとストーリーがわかりづらい。
一応、数年前に前作を観たが、そんな細かい部分まで憶えていない!と思うほど前作からのネタが多い。
そして今作の新たなエピソードの数々が、次回に持ち越されたまま終わってしまう。
9時間くらいの長編を、途中から観せられて、途中で終わってしまったという感じ。
シリーズものとしての関連付けも大事だが、わざわざ高いお金を払って映画館に足を運ぶ身からすると、ちょっと不親切だぞ。

なおこのシリーズ、パート3で完結かと思いきや6部作という構想もあるらしい。
ウィルとビル親子はルークとアナキン親子、ウィル、エリザベス、ジャック・スパロウの三角関係をルーク、レイア、ハン・ソロになぞらえて、まんまスターウォーズやん!という指摘もあったりする。
人気が続けば、若き日のスパロウ船長の活躍を描くエピソード1とか作られたりして・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ユナイテッド93」

映画「ユナイテッド93」を観る。

まだ記憶に生々しい2001年9月11日の米国同時多発テロを扱った作品だ。
4機の民間旅客機がテロリストにハイジャックされ、まず2機が世界貿易センタービルに、続いて1機がペンタゴン(国防総省)本庁舎に、そして残る1機はペンシルバニア州の郊外に激突した。
この最後の1機がユナイテッド93便で、ハイジャック犯はワシントンのホワイトハウスを目標としていたが、乗客が抵抗したため、目的地にたどり着けず墜落したいわれている。

映画のほうだが93便がニューアーク空港からサンフランシスコを目指し離陸するところから始まる。結末がわかっているだけに、乗客や乗務員の何気ないやりとりが観ていて辛い。

やがて次々と旅客機がハイジャックされ行方不明となる。
連邦航空局や航空防空司令部の混乱をよそに、1機、また1機と目標めがけて突っ込んでいく。
それらの事件発生後、93便でも4人のテロリストたちが行動をおこし操縦室を占拠する。
それから墜落までの時間はわずか31分。

自分たちの運命を知り、操縦室を取り戻そうと行動する人。
携帯電話で最愛の人に別れを告げる人。
アラーの神に祈るテロリスト、キリストに祈る乗客。

この映画には映画らしい面白さやカタルシスは一切ない。ただ絶望感があるだけだ。

犠牲者からの言葉を聴いた遺族、航空・軍関係者らの膨大な証言をもとに再現したとのことで、さながらドキュメント映画のように仕上がっている。
生存者がいないため実際の機内の様子がどうであったかはわからないので、この映画をそのまま真実として受け止めることは出来ないが、乗客たちの悲痛さだけはリアルに感じられた。

この事件のあと、アメリカはアフガン侵攻、イラク戦争へとつきすすむことになり、今でもイラクではテロの嵐が吹き荒れている。
憎しみの連鎖が止まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000円の夕食

先週は仲間と共に過去記事でも紹介している某宿でお泊まり。

山と川に囲まれた小さな宿でかなりマイナーなはずだが、最近、楽天トラベルに掲載されているとかで、その日は珍しく満室(といっても自分達以外、2組だけだが)。

この宿の特色は、ご主人の人柄、農業体験、温泉送迎などいろいろあるが、初めて行ってまずびっくりするのが夕食の量。

Dsc02238
みんなが食べきれない!と騒いでいると、ご主人が、
「え~これもあるのに」と持ってきたのが・・・。
Dsc02244
刺身の盛り合わせ。
これだけ出てきて、夕食のお値段は1,000円ぽっきり(素泊まりだけだと3,500円)。
儲けを度外視しすぎ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガチャピン

何十年も前のガチャピンといえば、
「ポンキッキ」のただのマスコット程度の存在だった。
それがいつのまにやらスキーやスキューバーダイビングなど、
様々なことにチャンジする姿が話題となり、
すっかり「ポンキッキ」よりも注目される存在になった。
(目立たないけどムックも未だ健在。でも二人(匹?)が人間だったら、ガチャピンはとっくにピン芸人になってるだろうなあ。そして相方のムックは「あの人は今」コーナーでときどきTVに映るくらい・・・)

で、そのガチャピンがなんとブログを始めた!
しかも毎日更新されている(みかけによらずマメ!)。
そしてコメント数がまたすごいな~。

ガチャピン日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝉時雨

日中、町を歩いていると、公園や道路上などの木々から蝉時雨が聴こえてくる。
セミの鳴き声を雨音に例えた言葉で、とても美しい言葉だと思う。
ふと、そんな賑やかな声の下をみれば、寿命を終えたセミの姿もちらほら・・・。

なんて儚い・・・!

なにやら感傷的な気分になるが、地中生活も寿命に加えれば、セミは数ある昆虫の中でもかなり長命な部類に入る(最も寿命が長いセミでなんと17年!)。

生き物調査「セミの図鑑」

セミの鳴き声はオスがメスを呼ぶためのものだけど、なんだか一生懸命生きている!って感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロスポーツ

今夜おこなわれたボクシングライトフライ級王座決定戦。
その強烈なキャラクターで久々に視聴率が稼げる選手というので、TV局が大はしゃぎするなか試合がおこなわれ、結果はびみょ~な判定勝ち。
すでに賛否両論の意見が出ているが、亀田選手にはチャンピオンになることよりも難しいとされる防衛を重ねることで強さを証明して欲しい(正直、チャンピオンになるにはちょっと早すぎたのではという感があるが・・・)。

でもプロボクシングの試合って、過去に何度も「疑惑の判定」というものが問題になっているのに、改善されそうな気配がまったく無い。その要因としてプロボクシングが純粋なスポーツとして強さを競うというだけではなく、ショーとして様々な利権が絡んでいることがある。野球やサッカーといった他のプロスポーツにも同じような側面があり、「疑惑の判定」というのも存在するが、ボクシングはちと露骨にあらわれすぎる。
いっそボクシングの試合もプロレスのように、覆面選手が出てきたり、タッグマッチをしたり、グローブに凶器を忍ばせ凶器使用中は何故か審判は余所見をしていたり、という風に完全ショー化にしてしまえば、という気もする。
もっとも、そうなったら自分は間違いなく観ないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「日本沈没」

好調に観客動員数を増やしているという「日本沈没」を観る。

小松左京氏原作で1973年に公開され大ヒットとした同名映画のリメイク。
同時期にTVシリーズとしても「日本沈没」が放映されている。
映画版は観た記憶がないが、TV版のほうはなぜか地震が来て由美かおるさんが倒れこむシーンだけ覚えている。
ちなみに1999年にもリメイクの話があったが、このときは資金難で製作中止に。

で、平成版「日本沈没」であるけれど、感想は思っていたよりは面白かった。

地球内部で絶えず摩擦しあっている太平洋プレートと大陸プレート。その両プレートの境界上にある日本列島が、巨大なメガリス(澱んだプレートの塊)の崩壊に巻き込まれ、地震、噴火、津波といった大災害を伴いながら急速に海中に沈んでいく・・・。
監督が平成版「ガメラ」シリーズや「ローレライ」を撮った人だけあり、ハリウッド映画に比べて少ない予算ながらも、迫力ある特撮シーンに仕上がっていた。特にクライマックスの○○○○を○○する場面は、ちょっと感動した(実際にあれだけのことをしたら、さらに壊滅的な2次災害が起きるような気もするが)。

それに比べ、やはり人間ドラマ部分がどうも弱い。
もうすぐ日本が沈む!というのに、全体的にみんなのんびりしているというか悠長というか・・・。
登場人物の描き方も、「優柔不断だけど真っ直ぐな人」「可哀想な人」「自己保身の人」「正義感が強いけど不器用な人」など、わかりやすいが、人間らしい深みがない。
またこの映画の特撮と並ぶ大きな見所になったであろうとてつもない悲壮感や絶望感があまり感じられない。そのかわりに主人公のラブ・ストーリーがメインに展開される。このあたりはリアルに被災の様子を描いて生々しくなってしまうのを避けたのかも知れない。
それでも、もうちょっと人間ドラマには頑張って欲しかった。たとえば主人公が「まだ死にたくない!」と恐怖に怯え苦しみぬいた末、「でも、俺しかいない」と、あの行動になっていれば、もっと感情移入も出来たのに。

絶望感たっぷりらしい昭和版「日本沈没」も、みてみたくなった。
今度、レンタルショップで探してみよう。

ところで東京大学地震研究所というところが、映画に関する数々のQ&Aを期間限定で公開している。
その真面目な答えぶりが良い感じ。
「日本沈没」と地球科学に関するQ&A

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »