« 映画「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | パキラ~! »

親指ピアノって知ってますか

映画やTVでは、よくクラシック音楽が使わている。
これが効果的な場面に使われたりすると、なかなか迫力あるものとなる。
ン十年も前のことだがTVで「地獄の黙示録」という映画の放映があり、米軍ヘリが飛行するシーンにワーグナーの「ワルキューレの騎行」という曲が流れた。それを観て幼心にも「なんだかこの音楽、すごいな~!」と思ったおぼえがある。
たぶん、それが最初に意識したクラシック音楽だったと思う。
そういうきっかけもあり、今ではクラシック音楽はとても好きなジャンルとなっている。
そしてクラシック音楽好きが高じたせいか、なぜか民族音楽も好きになり、そういった類の楽器を集めるようになった。

で、そのコレクションのひとつが、DSC01953

このカリンバ

主にアフリカ大陸の中部から南部にかけて普及している楽器だ。
両手で持ち、親指でキイ(鉄の棒)を弾いて、音を奏でる様子から、日本では親指ピアノとも呼ばれている。
発祥地であるアフリカではそのような呼び方はせず、国、地域によってカリンバ、マリンバ(タンザニア)、ムビラ(ジンバブエ)、サンザ(カメルーン)など、様々な呼ばれ方をしている。
このカリンバ(とりあえず日本で一番ポピュラーな呼び名と思われるので、こう呼ぶ)、基本的には決まった音階はない。
カリンバのひとつひとつに独特な音の個性がある。
何も考えず、ぼーっと「ポロンポロン」と親指で弾いていると、不思議と気持ちが落ち着いてくる。
DSC01954


大きさがわかりやすいように、ライターと一緒に。

|

« 映画「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | パキラ~! »

音楽~♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/8979283

この記事へのトラックバック一覧です: 親指ピアノって知ってますか:

« 映画「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | パキラ~! »