« あなたの名前がニュースに | トップページ | 非常食 »

「深夜特急」

もうずいぶんと前に購入した沢木耕太郎著「深夜特急」を再読中。

一人旅好きのバイブルとしても、有名なこの作品。
内容は主人公(沢木)が仲間同士でインド・デリーからイギリス・ロンドンまで乗り合いバスで横断できるか?という賭けをおこない、香港を足がかりにロンドンを目指して旅をするというもの。
旅先で絶世の美女との熱いロマンスや国際的な巨大犯罪に巻き込まれる、ということもなく、現地でのどちらかといえば平凡な(あくまでその国々のなかでは、という意味で)生活や出会いが綴られている。
しかし、この作者は文章が巧いな~。一人旅特有の不安と期待が入り混じったもやもや感がよく表現されていて、ぐいぐい物語に引き込まれていく。なかでも主人公がマカオで大小(サイコロ賭博)にはまっていく場面が一番好きだったりする。
巻末の対談に「旅の出発年齢は26歳がいい」とある。
この言葉に感銘を受けて26歳頃、一人で初めての海外旅行に行った。自分を知るものが誰もいない。肩書きも経歴も関係ない。自分が外国人であるという感覚。まあ、それで自分自身が変わったわけでもなかったけど、国内旅行では味わえないドキドキ感があった。
物語中にこんな言葉がでてくる。

「自分は何者でもないが、何者にでもなれる」

確かにそんな想いが強かった年頃だったね。

「深夜特急(全6巻)」(沢木耕太郎著、新潮文庫)
①香港・マカオ
②マレー半島・シンガポール
③インド・ネパール
④シルクロード
⑤トルコ・ギリシャ・地中海
⑥南ヨーロッパ・ロンドン

なお、巻頭に「ミッドナイト・エクスプレス(深夜特急)とは、トルコ刑務所の外国人受刑者を指す隠語で、脱獄のことをミッドナイト・エクスプレスに乗るという」とあり、実は意味深なタイトルなんだと気づく。

|

« あなたの名前がニュースに | トップページ | 非常食 »

my本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/8389790

この記事へのトラックバック一覧です: 「深夜特急」:

« あなたの名前がニュースに | トップページ | 非常食 »