« 日本最古の企業 | トップページ | 映画「あらしのよるに」 »

映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」

シリーズ4作目となる「ハリポッターと炎のゴブレット」をみる。

原作のほうは世界中で翻訳され超ベストセラーに。
7巻完結で、現在6巻まで刊行中。

この原作、1巻だけ読んだが、
正直、なにがそんなに面白いのかわからなかった。
物語の中核ともいえる魔法そのものが、どうもピンとこない。
伏線は多そうだが、肝心の人物達がありきたりで魅力がない。
それだけだと、ただ面白くないだけだが、
魔法学校の校長を筆頭に、
教師たちのハリーへのえこひいきぶりが、
どうにも気に障り、次巻以降、読む気がしない。

映画のほうも、おおむね原作どおりのストーリーのようだが、
映像は一級品なので、それが楽しみで1作目から観続けている。

このシリーズ、1作目はディズニー映画のように
能天気なファンタジー作品という感じだったが、
だんだんとオドロオドロしい場面が増えていき、
ストーリーも暗くなっている。
そのほうが、どちらかといえば好みだけど。

さて今回の「炎のゴブレット」でメインとなるストーリーが、
三大魔法学校対抗戦と○○の復活である。
自分の意思と関係なく、
対抗戦の代表に選ばれて大活躍するハリー。
(あ~、こういうところがムカムカする!)

その裏では○○一派による恐ろしい計画が進行していく。
しかし、はっきりいって手が込みすぎ~。
もっと手っ取り早い方法があるだろうに。
魔法学校の先生たちも、
ジェダイ評議会並に気が付かなさすぎ!

ストーリーについてはつっこみどころも多いが、
現実ではあり得ない世界を、
さらりとみせる映像は、相変わらず凄かった。
これだけでも、大スクリーンで観る価値がある。

しかし、主演役者のお3人さん、えらい大人っぽくなっちゃたね~。
見ようによっては「ハリーポッターと飛び出せ青春」のようだった。

|

« 日本最古の企業 | トップページ | 映画「あらしのよるに」 »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

ようやく観てきました。

>ジェダイ評議会並に気が付かなさすぎ!
まったくです。
ダンブルドア校長、案外たいしたことないんじゃないかと思ってしまいます。

私は、一作目が一番好きですね~。

投稿: ヒロ子 | 2006/01/07 21:38

ハリーポッターって、
映画を観ているときは面白いんですが、
細かいストーリーってどうも記憶に残りません。
なので、シリーズがごっちゃになっています。
原作を読んでいるかどうかで、
違うのかも知れませんね。

投稿: ぽうせ | 2006/01/08 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/7812631

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」:

» 映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』 [食う♪読む♪歩く♪]
『ハリーポッターと炎のゴブレット』、この巻は原作自体あまり好きじゃないし、前作の [続きを読む]

受信: 2006/01/07 21:39

« 日本最古の企業 | トップページ | 映画「あらしのよるに」 »