« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

「亡国のイージス」

「ローレライ」「戦国自衛隊1549」に続く福井3部作と呼ばれる最後の作品「亡国のイージス」を観る。

「無敵の盾」の意味を持つイージス艦。まさに日本の盾というべきそのイージス護衛艦「いそかぜ」が宮津副長一派と、某国の特殊工作員たちによって乗っ取られる。 宮津は日本政府に対して、「極秘科学兵器GUSOU(グソー)の存在を公表すること」「息子が日本政府によって謀殺されたことを公表すること」「息子の論文『亡国の盾』全文を5大新聞に掲載すること」を要求。1リットルで東京を壊滅させる威力を持つGUSOUを搭載した「いそかぜ」は真っ直ぐ東京湾を目指す・・・。
ちなみにGUSOUとは沖縄の方言で死後の世界のこと。

スケールの大きさから映像不可能と言われていた同名原作の映画化だが、やはり映像的にはきつかったか。特撮もアクションも微妙にしょぼい。だがハリウッド大作映画並みに映像化することはそもそも予算的に無理だが、原作の最大の魅力は各登場人物たちの描写にある。
この人物たちの魅力が表現されていれば、かなりいい映画になったようにも思うが、どうもこの手の日本映画は人物描写が苦手だね~。
乗っ取り犯に挑む先任伍長・仙石と行動を共にする如月。屈折した過去、少年のあどけなさ、凄腕の戦士というヒーロー性を持ち、福井作品の中でも非常に人気が高く、別の短編集にも登場しているほど。しかし、映画では完全に仙石の引き立て役に・・・。
時間的に無理だったろうが、映画では宮津と息子との関係について十分語られていないので、宮津が反乱に到る動機が弱い。「ローレライ」の浅倉大佐と一緒じゃないか!
特殊工作員ヨンファと、同じ工作員であり戦闘マシーンである妹との切ない絆。一瞬それらしいシーンがあるが、原作を知っていないと伝わらないぞ。

とってつけたような各人物のエピソード。時間がないくせに詰め込みすぎている。なんだか、ダイジェスト映画をみせられているようだった。
で、映画で一番いただけなかったのが、政府要人の集まる対策室。
まるでギャオス対策本部のようにリアリティと緊張感がない。
いきなり小生意気な小学生が出てきて、「大人って馬鹿だな~。こうすればいいんだよ」などと、アドバイスしても映像的には違和感なさそう。なぜいつまでも怪獣映画の雰囲気から卒業できないんだ。

厳しい意見を並べたが、「戦国自衛隊1549」よりもましだったのが救いか。
ハリウッド並の大作映画という前に、まず脚本と人物で魅せる映画をつくってくれい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物別れ

次世代DVDの規格統一が事実上、不可能となった。
これでHD-DVD(東芝・三洋・NECなど)とブルーレイ・ディスク(ソニー・松下・シャープなど)という規格の違うDVDが市場に出回ることになる。
一時はベータ対VHS争いの繰り返しを避けようと両陣営が規格統一に動いたが、やはり消費者の利便性よりも、自社の利益が大事ということか。
これでまた少数派となる規格のDVDを買った消費者が泣くことになるんだろうな~。
一応、購入予定であるPS3は、ブルーレイ・ディスクを採用するらしい。
う~む。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

自転車を・・・

自転車を盗られた。

駅近所の無料駐輪場に、ちゃんと鍵をかけて置いてあったのに。
というか、今月これで3台目!!
洒落にならん!!!

仕事の事情で駐輪場に一晩置き放しになってしまう。
どうも、その人通りのない深夜帯に狙われているらしい。

こんな状況では駅まで歩いていかないとといけないではないか。
ただでさえ、毎日寝過ごしそうになっているのに!
とほほ・・・。

しかし、今までなんともなかったのに続けて3台って、いったい何事だ?
近所で大規模な窃盗団でも暗躍しとるんかいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もの言わぬ石柱

pht0416153743.jpg

大阪市内。
人や車で賑わう町並みのとある一角。
ホームレスの居住地となっている、さびれた公園がある。
そこに、その石柱はひっそりと立っている。
一瞬、見ただけでは、その石柱の正体はわからない。


実はこの公園の地下には、戦時中つくられた巨大な防空壕がある。
石柱は防空壕の通気口として使われたものだ。

記録によるとこの防空壕は、当時の大阪市が都市型地下壕として建設し、陸軍が物資の貯蔵目的に使用していたらしい。現在、出入り口はコンクリートで覆われていて中に入ることは出来ない。

地元でも、あまりその存在は知られていない。
誰からも気に止められることなく、ずっと立ち尽くしてきた石柱。
静かに60回目の終戦の日を迎える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分は夏休み

DSC01477
以前にブログに書いた芸北にある「農家の宿」
先週、1泊2日で遊びに行ってきた。
DSC01503

滞在中は川遊び、スイカ、お昼寝、花火、トウモロコシ狩り・・・。
最近、TVCMで吉田拓郎の「夏休み」が流れているが、まるでその歌詞のような「夏休み」ぶりだった。
さすがに絵日記はつけなかったけど。
DSC01527


| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺された絵たち

京都文化博物館で開催されている「遺された絵画展」を観てきた。

DSC01546

長野県の戦没画学生慰霊美術館「無言館」に所蔵されてある作品のなかから137点の作品が展示されている。
戦死した作家たちの享年はほとんどが20代。

有名画家たちの描くような上手な絵ではないのかも知れない。
「ただ好きな絵画を描きたい」、そんな純粋で素朴な絵ばかりだ。

「達者か。早く帰ってこい。おまえには芸術があるぞ」
「あと5分、あと10分この絵を描かせてくれ。小生は生きて帰らねばなりません。絵をかくために」
「せめてこの絵具を使い切ってから征きたい」
「自分は這いずってでもきっと還ってくる」

作品に添えられている、本人や遺族の言葉がとても切ない。

あたりまえの日常。
あたりまえの人生。
あたりまえの風景。
あたりまえの幸福。

戦争はそのすべてを奪い去る。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

高井田のラーメン

子供の頃、よく父親がラーメン店から具材を買ってきて家でつくっていた。
といっても上品にお持ち帰り用パックになって売っているわけではない。
ラップフイルムに包まれた麺、ネギ、シナチク、チャーシューといった具と、酒ビンに入ったストレートのスープを持ち帰るのである。ちょうど八百屋さんで新聞紙にくるまった野菜を買うのと同じ感覚。
時間をかけじっくり湯がいた極太麺と煮立ったスープをドンブリにあわせる。
スパゲティかい!という極太ストレート麺、ダシのたっぷり染み込んだシナチク、あっさりおいしいチャーシュー、濃い目の醤油味と、ラーメンと呼ぶよりも、まさに中華そばと呼ぶのにふさわしい。
やや刺激的すぎる辛さのスープが、コシコシの麺にからまり、それが絶妙のバランスとなっている。

この中華そば、高井田系(布施系)ラーメンと呼ばれていて、大阪では珍しいご当地ラーメンとして一部では有名なラーメンらしい。「住吉」「光洋軒」というお店が高井田系ラーメンの老舗として知られている。

DSC01458

幼少の頃においしいラーメン=高井田のラーメンと刷り込まれているせいか、世間で美味しいと呼ばれるラーメン店に行っても、軟弱に感じてしまうことが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宇宙戦争」は恐かった

イギリスのロンドンに火星人が襲来。
火星人が乗り込む巨大なトライポッド(三脚歩行兵器)。
人々を襲う怪光線。
イギリス軍対トライポッド・・・。

小学生の頃、学校の図書館にあったH・G・ウェルズの「宇宙戦争」を借りて帰り、夢中になって読んだことを憶えている。

この原作が書かれたのは100年前以上前の1897年であり、SFの名作古典と知られている。
1938年、アメリカでこの物語をラジオドラマとして流したところ(語りは若き日のオーソン・ウェルズ)、それを聴いた何百万人もの人が本当に火星人が襲ってきたと勘違いしてパニックになったという有名な逸話もある。
1953年には映画化されており、これもSF古典映画の傑作である(ただし、舞台がイギリスではなくアメリカに。トライポッドではなく空飛ぶ円盤が登場)。

この「宇宙戦争」がスピルバーグによって2度目の映画化となった。
で、映画を観たが、・・・やたら恐い!
宇宙人対地球人ではなく、宇宙人による一方的な殺戮と破壊(映画では火星人との言葉は出てこない)。
主人公がトム・クルーズとくれば、某別の宇宙人侵略映画のようにF-14戦闘機に乗り込んでトライポッドに攻撃を!と期待するも、トムは我が子を連れてひたすら逃げ回ってばかり。人類よりも家族が大事という行動は、ある意味リアルなんだろうが。
丘の上でのアメリカ軍とトライポッドとの戦闘シーンもあるが、自分には町の中に散らばる飛行機の残骸、川を流れる無数の死体、群衆の目の前を火だるまになった列車が通過していくシーンなどのほうが人類の終末を感じさせて印象深かった。
どうも観ていてSF映画というよりパニック映画やホラー映画に近い感じ。
SWのような爽快感は一切無し!
ラストについては原作を知っているので、ある程度、安心(?)して観れた。
もしも、現実に宇宙人が攻めてきたら?
その恐怖について、今までみた映画のなかでは最もよく表現されている。ただ、どの作品にも言えるが恐怖の本体が姿を現したとたんに興ざめしちゃうんだよね~。
また主人公を中心とした家族ドラマは、ちょっとくどい。

それにしても、劇中のセリフに出てくる大阪でトライポッドを倒した奴が誰なのか気になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »