« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

ニューバットマン

「バットマン ビキンズ」を観る。

映画「バットマン」は過去に4作品つくられている。
原作は言わずと知れた有名アメコミで、本来お子様向けの作品だが、1作目は濃厚な映像とストーリーが大人にも受け、プリンスが歌う「バットダンス」なるものも話題になった。自分もバットマンの宿敵ジョーカーの切れた悪役ぶりが妙に気に入っていた。
しかし、2作目以降は、映画としてのリアリティが薄れていく。大人向けなのかお子様向けなのかわからん中途半端な作品になっていき、4作目「Mrフリーズの逆襲」で敵役に起死回生のシュワちゃんを起用するも、焼け石に水。この作品を最後にバットマンシリーズは長らく中断となる。
そして今回8年ぶりのスクリーン復活となった。
内容はバットマン誕生物語。

大金持ちの家に生まれたブルース・ウェインは、幼い頃両親をチンピラに殺されて悪を憎むようになる。犯罪者の心理を知るため世界を放浪し、そこで古来から悪が栄える度に街ごと悪を葬ってきたという秘密結社と出会う。ヒマラヤの山深くにある結社のアジトにて、心身を極限まで鍛え上げるブルースだが・・・

あれ、ブルースの両親を殺したのはジョーカーでは?
どうやらこの5作目では、過去の作品はなかったことになっているらしい。
前シリーズとの最大の違いは、リアリティを損なわないよう非常に気を遣っていること。
ブルースがバットマンとして目覚めるまでのストーリーは、ヒーロー物というよりアクション物の復讐劇。
バットマンのコスチュームをブルース自身が手直ししたり、バットマンカーが元々は戦車として開発されたものだったなど、いちいちそれらしい説明場面がある。
もっとも物語中、ブルースを導き、最後には最大の敵としてバットマンの前に立ちふさがる、ラーズ・アル・グール(渡辺謙)率いる秘密結社が忍者マニアの集まりって・・・。おまけに影の軍団とか名乗ってるし。イタタタ・・・。この集団だけリアリティの欠片もない。謙さんにもクライマックスまで粘ってもらい、眼帯をつけ派手な鎧甲に身を包み、刀を振り回して大暴れ!みたいな活躍して欲しかったな~。
しかし1作目ほどのインパクトはないが、2作目以降と比べるとずっと好感がもてる。
続編も決定したとのことで期待できるかも。
敵役はジョーカーぽいが、スケアクロウという線もありえる。
どちらにしてもロビンには出て欲しくないぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナンがゲームに

今年の8月25日、あの名作アニメ「未来少年コナン」のPS2用ゲームが発売されるそうな。
キャラクター物のゲームというと、大体が人気にあやかっただけで、ゲーム性が乏しいという作品が多い。
これもそのパターンかなとも思ったが、ネットのゲーム紹介をみるかぎりでは、かなりオリジナルの雰囲気に近い。

「未来少年コナン」

ゲーム性については不安があるが、一応「買い」リストに入れておこう。アクションゲームの超名作「ICO」レベル・・・、は無理そうだねぇ。

最近、家のPS2の調子が悪く、なかなかディスクを読み取ってくれない。修理に出すか、来年PS3の発売まで粘るか、う~ん悩む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知床

北海道の知床半島が世界遺産に登録された。
国内の自然遺産としては屋久島、白神山地に次いで3つめだ。

知床は10年前に訪れたことがある。
知床五湖、間欠泉、ヒカリゴケ、カムイワッカの滝・・・。
雄大な自然が広がる北海道のなかでも、
知床は特にそれが濃縮された感じがあった。

ユネスコがおこなっている世界遺産登録の本来の目的は貴重な文化・自然を保護することだが、どうも国内的には観光ポイントのUPくらいのイメージが強い。そんな意識のせいか屋久島では縄文杉の表皮を剥がすとんでもない観光客が現れた。
こうなると自然遺産登録がその目的とは逆効果に、という感じがする。

自分もそういった場所を巡るのが好きだが、最低限、人間のルールを通していい場所といけない場所をわきまえておきたい。

DSC01441
DSC01443
DSC01442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベントムービー完結!

28年間に渡って一部の映画ファンを熱くさせてきた人気シリーズ、「スターウォーズ」がついに完結した。
早速、最終作である「スターウォーズ/エピソード3・シスの復讐」を観に行った。

まず自分のこの映画に対するスタンスは、遊園地のアトラクションを楽しむというノリ。大画面一杯に展開する迫力映像を楽しむ、人間ドラマやストーリについては深く考えない。

で、本作。
冒頭、惑星上空での大艦隊戦シーン。
違和感をあまり感じさせない実写とCGとの合成。
クライマックス、流れる溶岩の上で繰り広げられるチャンバラ。
最新の特撮技術をたっぷり堪能できた。

実は「シスの復讐」において個人的に注目していた人物が一人いた。
「エピソード1・ファントムメナス」で主役並の活躍をしながら、その風貌とうざったさうえにSWファンのありとあらゆる非難を一身に集めた人物、ジャージャー・ビンクス(CGキャラ)である。監督のルーカスも、あまりの批判ぶりに気を使ってかエピソード2ではジャージャーの登場シーンを大幅に減らしてしまった。そして、今作ではわずかに一瞬ちらりと映るだけに。「エピソード1」では、あんなに饒舌に喋り、画面一杯動き回っていたのに・・・。
愛する人を失いたくないという想いから、ダークサイドに堕ちていくアナキン(ダースベイダー)に、勝るとも劣らない悲劇の人物といえる。かといって活躍されても困るが。

さてストーリは深く考えないといったけど、一言だけ言わしておくれ。

ジェダイマスターたち、弱すぎ!

肝心のときにフォースって役に立たんわ、
「胸騒ぎがする」とか言ってて、これといった策は立てんわ、
敵の罠にはあっさりはまるわ、
情報の共有が出来ていないわ、
集団で攻めるときは強いが、不意打ちを食らうと全然あかんわ、
こんなんで、どうして長きに渡って銀河の平和を守れたんだろう。
SWシリーズ、最大の謎だ。

まあ、とにかく一大お祭り映画シリーズは完結した。
ルーカス自身、エピソード7は作らないと言っている。
やっぱり終わりか。
ふーん。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


・・・本当に?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「大いなる休暇」

大阪・梅田で上映していた「大いなる休暇」をみる。

舞台はカナダ・ケベック州にある小さな島。 かっては漁業で賑わった島も、今ではほとんどの島民が失業手当によって生活しているあり様。 そんななか島にプラスチック工場誘致の話が持ち上がる。 工場が出来れば、働き口が生まれる。しかし、それには医者が島に住んでいること、という条件が立ちはだかる。 なんとか一人の青年医師ルイスを1ヶ月間島で生活させることに成功する。 ルイスが島を気に入って住み着くように、町長ジェルマンを中心に島民あげての大芝居が繰り広げられる・・・。

見所は馬鹿馬鹿しくも涙ぐましい、大芝居ぶり。
ルイスがクリケットが好きだと知れば、誰も知らないのに島の伝統的スポーツだとクリケットチームを作ってしまう。
古くて見栄えの悪い家には、「文化資産」の看板を立てる。
ルイスの電話機に盗聴器を仕掛ける。
ルイスの通る道にわざとお金を落としておく。
などなど・・・。

ウソにウソを塗り固められた生活を送るルイスに、「それは気がつくやろ!」とつっこみたくなる場面も多々あるが、そこはコメディの王道。ルイス、まったく気が付かない!
文化の違いか多少、馴染みにくいギャグもあるが、全体にユーモアが溢れ、少しシリアスなクライマックスも小気味良い。

外国が舞台とはいえ、日本の過疎地におきかえて同じような映画がつくれそうだ。
あと地味な外国映画ながら、けっこう人が入っていた。
今の世相にあって、みんなハートフルなものを求めているのかな。

「大いなる休暇」(2003年カナダ映画)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

コンタクトが!

夜中、パソコンをいじっていると目が乾いてきた。
軽くまぶたをこすると、右目がぼやけた。
「コンタクトレンズがずれたな」
コンタクトを外そうと、鏡に向かうが、あるはずのコンタクトが見当たらない!
落ちたのかもと、周囲を探すが見当たらず、目には異物感が残っている。
「目の裏側にいってしまった。目医者に行かなくては!でも夜中だ!!」
と半分パニック。
待てよ、インターネットで探せば対処法があるかも!と思いつき、
「コンタクト 目の裏」で検索すると、あった!!
調べてみると、目の構造上、決してコンタクトが目の裏側にいくことはないそうだ。涙を溜めるか、コンタクト用目薬をさし、冷静に探せば必ずみつかる。どうしてもみつからない場合は外れている可能性が高いとある。
早速、目薬をさし、もう一度探すと、目の端っこにあるではないか!\(^O^)/
こうして無事、コンタクトを外すことができた。
このときばかりはインターネットの利用価値を見直した。
ありがたや、ありがたや・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒナ

DSC01421
近所のマンションに住んでいる姪っ子がインコのヒナを飼い始めた。
ところが1日中、「ピーピー」うるさいので、しばらく我が家で預かることに。
はじめてみたときは、「これがヒナ?でかい!」と思ったが、
なにかというと「ピーピー」鳴き、それ以外は餌を食べるか、寝ているだ。
確かに人間の赤ちゃんそっくり。
ワンパクでもいい、健康で育ちますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナンが別人やん

「残された人びと」という本は知らないが、アニメ「未来少年コナン」なら知っているという人は多いと思う。
この本は、知る人ぞ知る「コナン」の原作本。
かなり昔から読んでみたいと思っていたが、ずっと絶版状態。
しかし、最近になって復刻していることを知り、ネットにて手に入れた。

磁力兵器を使った戦争のために、地球規模の地殻変動がおこり、人類と文明のほとんどが滅びる。
文明都市の廃墟であるインダストリアの生き残りたちは、わずかに残る科学の力によって、他にも生き残った人類(=ハイハーバーで暮らす人々)を支配しようと企む・・・。

基本的な物語背景は、アニメと同じ。
でも、主要登場人物たちの立場や性格などに、微妙に違いがあり比較してみた。

(コナン)
 アニメ・・・主人公。純粋素朴な明るい自然児。
       超能力や必殺技があるわけではないが、
       鉄の手錠を引きちぎったり、
       モリ1本で飛行機を落とすなど超人的な力で大活躍。
 原作 ・・・アニメと違って、もとからラナやラオ博士と顔なじみ。
       真面目で正義感は強そうだが、ちょっと熱すぎ。
       インダストリアが海に沈むと聞いて、
       「あんなやつら、おぼれて死にゃいいんだ!」と叫ぶ。
       こんなんコナンじゃない~。
(ラナ)
 アニメ・・・外国人なのに、とても大和撫子な感じがする少女。
       テレパシー能力があり、鳥とも心が通じ合える。
 原作 ・・・テレパシーについて、コミュニケーターと呼ぶなど、
       わりとオープンに表現されている。アニメの可憐さを
       期待してはいけない。
(ダイス)
 アニメ・・・バラクーダ号船長。もとはインダストリア側の人間だが、
       のちにインダストリアを裏切り、コナンたちに味方する。
       全編一、ユーモラスなキャラクターでもある。
 原作 ・・・貿易長官としてハイハーバー乗っ取りを画策。
       ユーモアのユの字もない。
(モンスリー)
 アニメ・・・インダストリア行政局次長。鼻持ちならん人物だったが、
       コナンらと交流するうちに徐々に人間らしくなっていく。
 原作 ・・・ドクター・マンスキー。「インダストリア」信奉者だが、
       悪人ではない。
(レプカ)
 アニメ・・・物語前半はインダストリア行政局長という立場上、地味。
       しかしクライマックスでは戦闘服に身を包み、
       超巨大軍用機「ギガント」を飛ばすなど、
       悪役ながら物語を大いに盛り上げてくれる。
 原作 ・・・レプコ。コナンに焼印をつけ、逆上したコナンに殴られる。
       コナンを逆恨みする。ただそれだけ。
       もちろんギガントも飛ばさない。
(パッチ)
 アニメ・・・サルベージ船にて船の引き上げ作業をおこなう責任者。
       とても乱暴で、コナンにも辛くあたるが、その正体は・・・。
 原作 ・・・ほぼ、アニメと同じ。

他にもジムシイ、オーロなど、アニメでお馴染みの人物がでてくるが、あまり出番がない。逆にアニメでは地味だったラナの叔母メイザル(なんとラナと同じコミュニケーター)、その夫シャンが意外と活躍する。

人物の違いはまだいいんだけど、ええっ!!!と驚かされたあのラスト・・・。深い意図があるのかも知れないが、自分にはわからん!

実は「コナン」の監督である宮崎さんが、あまり原作のことを好意的には述べていない。長らく絶版になっていたのも、なんとなくわかる。
しかし、この原作を、あそこまで面白い作品にした宮崎さんの手腕はすごいと再認識。


「残された人びと」
(アレキサンダー・ケイ作/岩崎書店/2520円)

       
       


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンター

ブログを始めて数ヵ月後になんとなくアクセスカウンターをつけてみたけど、いつのまにやらアクセス数が1万台に。
よくHPなどでキリ番50000番GET~!という光景をみかける。
そのたびに、
「そんなにアクセス数があるのか、すごいな~」
と思っていたものだ。
ところが自分のところだと、10000を超えたといっても、どうも実感がわかない。
このブログを訪れた常連さん、一見さんの実人数がどれくらいだろう。
その半分として5000人くらい?
そう思うと、ちょっと感慨深くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディープインパクト

映画の記事じゃないよ。

日本時間7月4日14時52分、太陽を周回するテンペル第1彗星に対して、NASAの無人探査機「ディープインパクト」に内蔵されていたインパクター(円筒形の物体)を、放出・命中させることに成功した。
いかにもアメリカらしい派手な計画だが、その目的は衝突させることで、実態のよくわかっていない彗星内部の様子を調べるという真面目なもの。衝突後、世界各地で彗星からチリが吐き出される様子が観測されたが、日本列島はあいにくの天候のため北海道と石垣島でのみ撮影が確認された。

でも日本がH2ロケットから、なかなか宇宙開発がすすまないなか、SF映画的な計画を次々と成功させるNASAって、なんだかんだいってすごいね。

今回の成功、個人的には将来予想される隕石の地球落下対策に役立つのではと期待。
だって、あんなに繁栄を誇っていた恐竜を絶滅させたという説のある隕石衝突、現実になったら非常に怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の検索ワードランキング

6月のアクセス数の多い検索ワード上位5位までを発表。

  ローレライ    201
  永訣の朝     81
  クラスノ      29
  大阪        23
  ワニ料理     20

「永訣の朝」が大躍進。
ちなみに同じ記事内で触れている「雨ニモマケズ」は、
意外にすくなくアクセス数はたったの2だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »