« 宇宙酒 | トップページ | 非通知ワン切り »

「半島を出よ」

北朝鮮の反乱軍を装った9人のコマンドが福岡ドームを占拠。 その2時間後、484人の特殊部隊が福岡を制圧。 そして12万人の反乱軍本隊を乗せた船団が福岡港を目指す。 作戦名は「半島を出よ」。

村上龍作「半島を出よ」(上・下)を読み終える。
予想に反し、最後まではまらなかった・・・。
この物語は、特定の主人公は存在せず、北朝鮮の兵士、役人、アナウンサー、医師、アウトローグループなどさまざまな立場にある人物が場面に応じて主役となる群集劇。そのためか感情移入がしずらい。また、巻末にもある膨大な参考文献の賜物だろうが、兵器や毒虫、その他多くの専門的な表現が多く、ついつい飛ばして読んでしまうことも多かった。そして、作者がなにが一番描きたかったのかがよくわからない。あえて挙げれば遠征軍兵士と福岡住民とのやりとり、日本政府の無能ぶり、アウトローたちの壊れっぷりなどだろうが、どれも読後に「これは!」というものが残らなかった。
遠征軍高官に「日本人を誰も殺さないで!」と涙ながら訴える日本人女性、日本人医師に心を開く遠征軍の女性兵士など、いい場面もあるんだけどね。

(「半島を出よ」(上)1800円、(下)1900円、幻冬舎刊)

|

« 宇宙酒 | トップページ | 非通知ワン切り »

my本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/4613623

この記事へのトラックバック一覧です: 「半島を出よ」:

» 半島を出よ  村上龍 [a fruit knife and a boy]
 とにかく疑問なのは村上龍が世界をきちんと認識しているのかということ。テロが起こるためには経済危機的な状況が必要ではあるのだけれどあまりにも現実離れしている感が否めない。ただのエンターテイメントならそれでいいんだろうけど本人はそのつもりじゃなさそうだし。。。大体アメリカと中国と言う2大大国に鋏まれてかつ金もある技術もある人もいるそんな国が簡単に経済破綻するはずがないし。それでもまあこの話がバブル崩... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 17:44

» 『半島を出よ』上・下 [食う♪読む♪歩く♪]
圧倒されました、『半島を出よ』(村上龍著)。 ①本の厚さ。 ②表紙のメタリックな [続きを読む]

受信: 2006/01/06 17:13

« 宇宙酒 | トップページ | 非通知ワン切り »