« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

コンビニも100円時代に?

ローソンが関東を中心に100円均一(税込み105円。一部商品は200円~)で生鮮野菜などの商品が買えるコンビニ、STORE100の展開を始めた。

この分野では先行しているSHOP99が店舗数を増やしていることをみて、「これはいける!」との判断か。これが成功するようなら、3匹目、4匹目のドジョウを狙って「セブンイレブン100」なんていうのも出てくるかも。

ダイソーの例を出すまでもなく低価格で採算を採るには、とにかく商品の回転数を上げることだが、開店日には行列が出来るなど出だしは上々のようだ。

将来的にはSTORE100を全国1000店舗に増やすとの計画もあるようで、そのうち近所でもみかけるようになるかも知れない。
ただ食品関連の商品が多いので、「安かろう悪かろう」では、ちと困る。
生鮮野菜が安いのはいいんだけど、中国産がずらりと並ぶと怖くて買う気になれん。
このSTORE100、中身はまだよく知らないが、これで品質がしっかりしていれば、かなり魅力的である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

でか~い!!

DSC01310
某洋食屋さんの名物ビフカツ。

一般サイズの2倍くらいあり、皿からはみ出ております。
でも名物だけあって、衣サクサク、お肉柔らか、それに特性デミグラソースがしっとりからみ、大変おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れ宿

2005
芸北の山村にある「農家の宿 靜」。
「お客さんに農村の暮らしを体験してもらいたい」というご主人が昨年OPENさせた。
190年前の農家とは思えないほど、屋内は快適に過ごせるようリフォームされている。屋根裏に上ると、茅葺の屋根が残っており当時を忍ばせる。
2005
宿の中心となるのが、この囲炉裏。
ご主人曰く「儲けはありません」という食事の量がすごい!
夕食(1000円。素泊まりは2500円)では山の幸、海の幸がこれでもかといわんばかりに出てきた。
2005
あくる日の昼食はバーベキューで500円だった。う~む。
この値段で経営していけるのかと、逆に心配になる。ご主人は、
「今は多くの人に宿を利用してもらいたい。来年まではこの値段を続けるつもり」とのことだった。
ただ、やってきたお客さんが、有名になるのを嫌がり隠れ宿にしてしまい、あまり宣伝してくれないそうだ。
その気持ちもわかるが、お客さんがこないと宿の経営が・・・。
程よく繁盛して、5年10年と長く続けていって欲しい。
2005
周囲には静かな山村風景が広がる。
オプションで温泉、田植え体験、お餅作りを楽しんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

禁煙映画?

「マトリックス」に続くキアヌ・リーブス主演の特撮映画「コンスタンティン」を観る。

<あらすじ> 過去に自殺という罪を犯したため地獄行きが決定しているコンスタンティンは、 罪を帳消しにしてもらうため人間界にいる悪魔を地獄へと送り返すエクソシストとなった。 そのコンスタンティンの前に、人間界における悪魔と神との均衡を破ろうとする恐るべき敵が現れる・・・。

あちらの世界の大御所?も登場して、非常にスケールの大きな設定であるが、コンスタンティンの個人レベルでしか関わってこないので、「世界の運命はいかに!」というような盛り上がりがない。
また神と悪魔の闘いと同じくらい比重を占めているのがタバコ!
主人公がタバコの吸いすぎで余命1年という体で、そのことが禁煙キャンペーンのごとく何度も表現される。う~ん、スケールが・・・。

ただ、よくありがちな善悪モノと違って、
ストーリの先が読めず、その展開は楽しめた。
世界観がなんとなく「スポーン」と似ているなあと思っていたら、
原作は「スポーン」と同じくアメコミだった。

この手の映画って、悪魔側からは色んな有名人がバナナの叩き売りのごとく気安く出てくるけど、神側からはあまり出てこないな~。宗教的な配慮があるのかも知れん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4連勝!

DSC01197

「よっしゃ、首位中日に1ゲーム差まで迫ったで!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバQに会いたい

♪オバケラ オバケラ バケラッタ ソレ バケラッタのク~ルクル 

子供の頃、よく町内の盆踊りで「オバQ音頭」を踊ったもんだ。
オバQ音頭、ドラえもん音頭、アラレちゃん音頭、ピカチュウ音頭・・・、何を踊ったかで世代がバレるね。

さて「ドラえもん」以前の藤子不二雄の代表作といえば「オバケのQ太郎」だった。
どちらかといえばドラえもんは子供の憧れであり、ちょっと遠い存在なのに対して、オバQはギャグ度・生活感が高く、より身近な感じがしたものだ。

常々、もう一度、オバQのコミックスを読んでみたいと思っているが、
現在絶版のため入手出来なくなっている。
人気のあった作品なので、再販を望む声は多い。
自分も再販を望む一人だが、再販不可の状態が続いている。
理由は諸説あるが、版権など大人の事情が絡んでいるらしい。

先日、某巨大中古本屋でオバQ全巻セットをみつけたが、
値段がなんと30万円!
そんなもん買えるか!!

昔、てんとう虫コミックスの「オバケのQ太郎(特選集)」全6巻、
「新・オバケのQ太郎」全4巻を持っていたのに。
こんなことなら捨てずに置いておけば良かったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開

DSC01122

桜からつつじにバトンタッチ。
DSC01123


| | コメント (2) | トラックバック (0)

食の祭典

DSC01124
インテックス大阪で4年に1度開催される「食博」に行ってきた。
今年で6回目、自分が行くのは4回目だ。

期間中様々な大小イベントをしているが、
なにぶん会場が広く、どこも人でごった返しているので、
よく考えて動かないと、なにもみることなく終わってしまう。

NANTA劇場を観る。
韓国の打楽器サムルノリのリズムと、コミカルな芝居が融合した舞台だ。
包丁を使っての乱れ打ち、すごい迫力!
芝居のほうは、ん、ドリフのコント?

DSC01153マグロの解体ショーをやっていた。80Kgはあるという大きなマグロが、職人さんの手にかかってあっという間に、さばかれていく。おいしそう~。

DSC01156どうやって作ったのかという世界最大級の陶磁器。イベント終了後、関西空港に展示される予定。

DSC01174ショーウインドゥに展示されてるお菓子の数々。ここまでくると芸術作品。しかしこういうお菓子って実際に食べられたりするんだろうか。有名シェフ新郎と吉本芸人新婦のウエディングケーキもあった。

DSC01175
DSC01181
DSC01182

DSC01161食博で食べた料理の一部。寿司マグロ三種。赤味、中トロ、大トロ。下は海鮮親子丼。なぜか海鮮モノが多いな~。その他、金賞を取ったというコロッケ、牛串焼き、ソフトクリーム、ビール、日本酒・・・。お金とお腹が苦しくなるイベントでもある。

DSC01135

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »