« 「坂の上の雲」 | トップページ | もつ鍋 »

「二百三高地」

「坂の上の雲」の記事に関連して、映画「二百三高地」も。

二百三高地とは、日露戦争当時、ロシア艦隊の母港であった旅順港を見下ろす山のことで、日本軍は三度に渡る総攻撃のうえ攻略に成功する。日露戦争中、最大の激戦地として知られている。
その戦いを描いた映画が1980年公開の「二百三高地」だ。
さだまさしが歌う主題歌「防人の詩」も当時、大ヒットした。

ストーリー上の主役は二百三高地を攻略した第三軍司令官乃木将軍だが、映画の本当の主役は上からの命令でむざむざと死んでいく名も無き兵士たちだ。
学校で生徒達に「美しい日本、美しいロシア」と教えていた元教師は、戦場でのおびただしい仲間達の死を目の当たりにしてロシア人を憎むようになる。そして、野木に対して叫ぶ。

「兵には国家も司令官もない、焦熱地獄に焼かれてゆく苦痛があるだけです!」

大作下手の日本映画としては、今観てもかなり完成度が高く、敵味方が入り乱れる戦場シーンも非常にリアル。人物も丁寧に描かれており、物語の最後、明治天皇の前で乃木が慟哭する場面は、言葉以上のものが表現されている。
不満を言えば映画に使用されている音楽。いかにも昔ぽいチープな感じで雰囲気を損なわせている。

無能な参謀たちが、無謀な作戦をたて、いたずらに全滅を繰り返す。
後の第二次世界大戦でも同じことが再現された。
「歴史は繰り返される」という言葉がある。
最近の憲法第九条を巡る動きも、それっぽい。

|

« 「坂の上の雲」 | トップページ | もつ鍋 »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も久々に二百三高地をみました。日曜日の深夜にみるには、ちょっとおも~い感じでしたが、感動の大作だと思います。
ちょうど「坂の上の雲」にも関心をもっていたのでTBさせていただきました。ご迷惑でしたら削除してくださいね。
では。

投稿: cozy | 2005/04/19 01:32

はじめまして。書き込みありがとうございます。
映画「二百三高地」、非常に映画としての完成度が高いと思います。公開当時、テレビシリーズとしても放映されていて、リアルタイムで観ていました。でも、映画版との違いとか、ほとんど思い出せません。機会があれば、またテレビ版も観て見たいです。

投稿: ぽうせ | 2005/04/19 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/3706872

この記事へのトラックバック一覧です: 「二百三高地」:

» 明治時代の再考ブームで [おもわせダイアログ]
明治時代の愛国心こそ健全なナショナリズムだという歴史研究家や批評家も多いようで、 [続きを読む]

受信: 2005/04/19 01:32

» 二百三高地 [マーク・ダーシーの日記]
日露戦争における激戦地・二百三高地での帝国陸軍の戦いを描いた歴史スペクタクル。 監督 舛田利雄 出演 仲代達矢、あおい輝彦 DVDにて鑑賞。 評価 ★★★★★★★ 6/10 日露戦争はギリギリの戦いだったということに驚く。 拡張主義のロシアが当時満州をはじめ朝鮮まで侵略し日本海を挟んで目と鼻の先まで来ていた時、日本人の脅威はどれほどのものだったのだろうか。今の自分には計り知れない。 世界一の陸軍を持つロシアに国家存亡をかけて一か八かの戦いに向かっていった者達の物語です。 豪華キャ... [続きを読む]

受信: 2005/05/12 21:09

« 「坂の上の雲」 | トップページ | もつ鍋 »