« 脅威のデジタル地球儀 | トップページ | 世代交代 »

インフルエンザ

どうも今年は身の回りでもインフルエンザにかかる人が多いと思っていたら、過去最悪ペースで大流行しているとのこと。
最近、クシャミ、鼻水がひどい、もしやこれはと一瞬疑うが、やはり花粉症だろうな。紛らわしい!

ところで毎年冬の常連さんという感じのインフルエンザだが、実はかなり恐ろしい病気だ。
10~40年周期で新型インフルエンザが出現しており、この新型には従来のワクチンが効かないので、新しいワクチンが開発されるまで人々は無防備状態になってしまう。
1918年に全世界で大流行したスペイン風邪では、2500万人~5000万人というにわかには信じられない死者数を出している。
最期に新型が現れてから37年が経過しており、いつ新型インフルエンザが出現してもおかしくないそうだ。

新型となるとちょっと対策のしようがないという感じだが、とりあえずうがいと手洗いはせっせとおこなっておこう。

|

« 脅威のデジタル地球儀 | トップページ | 世代交代 »

ニュースの林」カテゴリの記事

コメント

感染症(インフルエンザ)は怖いですね。
薬剤の発達で人類は細菌やウイルスに勝ったと
思えた時期もありましたが、
敵はさらにパワーアップして人類を脅かしています。

暴論とはわかっていますが、
人類を10%しか殺せないウイルスであるなら、
それを撲滅させようとせず、共存した方が種の保存という観点からなら正しいかなと思います。
固体の保存と種の保存。
この本質的な矛盾を孕むテーマーには
悩まされることが多いです。

投稿: hiro | 2005/03/13 08:41

鳥インフルエンザがそのうち新型インフルエンザになるのではとの話も聞きます。怖いですね。

ウイルスとの共存の話で、殺虫剤のことを思いだしました。殺虫剤で何百匹のハエを殺しても、何匹かは死なずに耐性ができてしまうそうです。そのハエから生まれたハエにも耐性が出来ていてスーパーサイヤ人ならぬスーパーバエとなります。そのスーパーバエを殺すための殺虫剤を開発しても、やはり何匹かは死なずスーパーバエ2が現れる、とのことです。
文明の進歩と自然環境との調和は、恐ろしいほどに難しいと思います。

投稿: ぽうせ | 2005/03/13 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/3261763

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ:

» インフルエンザ流行中 [Yuru*blog]
7年ぶり最悪水準 インフルエンザ流行拡大 インフルエンザの流行が拡大し、第8週(2月21−27日)の報告患者数は約23万人、定点病院当たりでは49・19と、19... [続きを読む]

受信: 2005/03/12 01:13

» 中国の鳥インフルエンザで死者が出たという報道?&台湾でSARS騒ぎがあった [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
日本では報道されていないけど、今、世界中の関係者が注目しているであろうニュースがあります。中国の鳥インフルエンザで既に121名が死亡、1300人が隔離されている、というWebニュースです。しかし真偽のほどはわかりません。非公式情報、情報求む、として、ProMEDでは配信されたようです。 http://www.forth.go.jp/hpro/bin/hb214.cgi 詳細はこちらを。 「ヒト感染の鳥インフルエンザは�... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 13:15

« 脅威のデジタル地球儀 | トップページ | 世代交代 »