« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

クリックして村に帰してあげよう

白生地やさんのブログに、面白いゲームが紹介されていた。
一種の脱出系ゲームだけど、
ほのぼのとした画面に不思議なBGMと、
まるで外国の人形アニメを観ているような気分で遊べるよ。

道に迷った3人を村まで帰すゲーム

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ワニ料理

DSC01048

ワニと言っても、爬虫類のワニではなくサメの方言名。
古事記のなかで因幡の白兎の話に出てきたっけ。
しかし、この絵すごい迫力!
口中から飛び出た牙といい、魚類ではなく怪獣の域に達している・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もうひとがんばり!

映画「ローレライ」を観た。

映画は映画、原作は原作と思いつつ、ちょっとその違いについて・・・。

まず原作にある田口兵曹長達が南方で体験する飢餓地獄や、原爆の犠牲となるおケイさん、伊507の最期・・・などの目を背けたくなる悲惨な場面には、恐らく単なるエンターティナーにしたくない、戦争を正面から描きたいとの作者の想いがあったのだろう。映画ではそういったえげつないシーンは、ほとんどが省かれており、戦争映画ではなく、純粋にエンターテイメント映画になっている。

映画なのでそれ自体はいいんだけど、ただでさえアニメ的な設定が目立つのに、人物が平坦なマンガっぽいキャラクターになってしまっていた。もっと生身の人間らしさを感じさせる内面的な表現が欲しかったな。特に浅倉大佐の悪人ではなく根っからの善人だった故に戦争によって歪んでしまった部分にはかなり共感をしていたのに、映画の表現では思い込みの激しいただの変な人になってしまっている。
それでも日本の特撮映画としては、トップレベルの完成度で、そういう映画としては楽しめた。

特撮(メカはいいけど、背景がモロニセモノ)をもうちょっとがんばって、人物達にもっと共感出来ていたら、大傑作になっていたかも知れない。

あと個人的好みで、映画のエンドロールでもいいから、読者サービスに「椰子の実」の歌を流して欲しかったな~。
そうそう、前に映画には出てこないと書いたフリッツらしき人物が、パウラの回想シーンにちらりと出ていた。
これだけかい!って感じだったけど。

原作の記事

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本格的に

先週あたりから、鼻づまり・くしゃみがひどくなってきた。
目も痒い。
暖かくなって、花粉が我が物顔で大量飛散を始めた。
花粉情報をみても、毎日「非常に多い」が続く。
薬を飲めば楽になるが、体質的なものか非常に眠くなるので、
なるべく朝ではなく寝る前に飲んでいる。

花粉症の原因のひとつに、戦後、国が無計画にスギを大量に植林したせいと言われている。
アメリカだったら花粉症の人が裁判が起こすところだぞ。
それならスギを伐採すればとも思うが、
予算やら人手不足でそれもままならない様子。

マスクをして外に出るのはうっとおしいが、
同じくマスクをしている人を見かけると、
「おお、同志よ!」
と、ちょっと嬉しかったりする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物園のトラ脱走

15日大阪市天王寺公園内にあるトラ宿舎が、震度7の地震のために壊れてしまいトラが脱走した。
トラは園内を動きまわって職員二人を襲い怪我させるも、その後、太ももに麻酔銃を撃ち込まれて弱ったところを捕獲された。

以上は実際の事件ではなく捕獲訓練の様子だ。
トラに扮した職員さんはなかなかの熱演ぶりだったらしいが、どうみても裸になった阪神タイガースのトラッキーやん!
他の動物園でも同様の訓練を行っているが、どうも着ぐるみショーにしか思えん。
どうせなら動物耳を付けた「野獣」ボブ・サップに暴れてもらい、それを捕獲する訓練のほうが実戦的では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世代交代

アニメ「ドラえもん」の声優さんらが高齢化を理由にがらりと交代となった。

その年齢差だが、

ドラえもん・・・68歳から30歳
のび太・・・69歳から29歳
ジャイアン・・・70歳から14歳
スネ夫・・・69歳から32歳
しずか・・・66歳から32歳

と、なんと合計206歳分の若返りとなる。
これまでの声優さんの年齢をみてびっくり。
だって身近な同年代の人が、「きゃー、のび太さんのえっちぃ~」などと言う姿なんて想像すらできん!
改めてプロってすごいと思った。

お馴染みのあの声がもう聞けないと思うと、少々寂しいがしょうがないね(実はけっこうドラえもんファンで、コミックス全巻持っていたりする)。

そういえば西の横綱をドラえもんとすれば、東の横綱サザエさんもぼちぼちのような気が・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

インフルエンザ

どうも今年は身の回りでもインフルエンザにかかる人が多いと思っていたら、過去最悪ペースで大流行しているとのこと。
最近、クシャミ、鼻水がひどい、もしやこれはと一瞬疑うが、やはり花粉症だろうな。紛らわしい!

ところで毎年冬の常連さんという感じのインフルエンザだが、実はかなり恐ろしい病気だ。
10~40年周期で新型インフルエンザが出現しており、この新型には従来のワクチンが効かないので、新しいワクチンが開発されるまで人々は無防備状態になってしまう。
1918年に全世界で大流行したスペイン風邪では、2500万人~5000万人というにわかには信じられない死者数を出している。
最期に新型が現れてから37年が経過しており、いつ新型インフルエンザが出現してもおかしくないそうだ。

新型となるとちょっと対策のしようがないという感じだが、とりあえずうがいと手洗いはせっせとおこなっておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

脅威のデジタル地球儀

NASAが提供しているフリーソフト「World Wind」をダウンロードしてみた。
DSC01012

まず画面に地球の姿が現れる。
これをマウスでいじくると、自由に回転、拡大できる。
この拡大がとにかく凄い。衛星写真のデータが自動的にロードされ、場所にもよるがかなり細部まで見ることが出来る。
DSC01020エジプト上空

DSC01019ぐーっと近づくと・・・。

DSC01018ピラミッド発見!!

DSC01022フロリダの町並み。アメリカ合衆国には、詳細な画像が多いようだ。

DSC01023ナイアガラの滝。


DSC01025こんな角度からもみられる。このソフトのもうひとつすごいことに、視点の角度を変えると風景が立体で表示される。


なにぶん英語なのでよくわからないことが多く、どういう理由でか思うように場所の画像データがロードされない。
それでも、マウスで地球上を旅していると、あっというまに1~2時間が過ぎる。
これが無料とは、いや~NASAも太っ腹!
しかし軍事用のスパイ衛星の写真になると、もっとすごいんだろうな。
建物だけでなく人物なんかも、特定できそう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

250分!

「ロード・オブ・ザ・リング王の帰還」のスペシャル・エクステンデッド・エディション版をDVDで観る。

もともと長時間の作品だが、50分の劇場未公開シーンが追加されて、実に4時間を超す長さに。
個人的にはサルマン役のクリストファー・リーが、自分の出演シーンをまるまるカットされて激怒したと伝えられたサルマン最期のシーンが楽しみだったのだが、結構あっけなく死んでしまった。これならそない怒ることもないような・・・。
他にも多くの未公開シーンがあったが、それぞれ削除されるべきして劇場版からカットされたものなので、新たな感動!というほどのものはない。
話しがあちこちに飛ぶ、登場人物の区別がつきにくい、名前名称が憶えにくいなどの難点もあるが(「原作」のガイドブックを読んだが、それでもよくわからん!)、よくここまで架空の世界を映像化できたもんだとあらためて感心した。完成度ではあのスターウォーズよりも上だと思う。4時間というのは確かに長いが、映像的な感動で最期まで楽しめた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カキカニ

週末、友人らとカキカニ合宿なるものをおこなった。

kaniタラバガニと毛蟹が並ぶ。
食べ終わった毛蟹の甲羅に日本酒を注ぎ、火で炙って飲むと、これがまたうまい!

kani2蟹雑炊と、蟹の殻でダシをとった味噌汁。蟹っていろいろ使えるなあ。

kaki広島の牡蠣。
蒸して、なにも味をつけずそのままいただく。

kaki2

ぷりぷり~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »