« カキカニ | トップページ | 脅威のデジタル地球儀 »

250分!

「ロード・オブ・ザ・リング王の帰還」のスペシャル・エクステンデッド・エディション版をDVDで観る。

もともと長時間の作品だが、50分の劇場未公開シーンが追加されて、実に4時間を超す長さに。
個人的にはサルマン役のクリストファー・リーが、自分の出演シーンをまるまるカットされて激怒したと伝えられたサルマン最期のシーンが楽しみだったのだが、結構あっけなく死んでしまった。これならそない怒ることもないような・・・。
他にも多くの未公開シーンがあったが、それぞれ削除されるべきして劇場版からカットされたものなので、新たな感動!というほどのものはない。
話しがあちこちに飛ぶ、登場人物の区別がつきにくい、名前名称が憶えにくいなどの難点もあるが(「原作」のガイドブックを読んだが、それでもよくわからん!)、よくここまで架空の世界を映像化できたもんだとあらためて感心した。完成度ではあのスターウォーズよりも上だと思う。4時間というのは確かに長いが、映像的な感動で最期まで楽しめた。

|

« カキカニ | トップページ | 脅威のデジタル地球儀 »

映画れびゅー」カテゴリの記事

コメント

はらはらドキドキは1だけで、
2,3は途中からだれました。

ところで疑問なのは、
ガンダルフはなぜ肉弾戦してるのでしょう?
もっと魔法使えないのでしょうか?
原作でも賢者みたいな設定ですか?

投稿: hiro | 2005/03/11 00:59

もともとガンダルフ(とサルマン)は、不死の国からやってきた精霊らしいです。中世ヨーロッパ的世界と、神話の世界との混在がどうもわかりません。まんまRPGの世界なんですが、ゲームと違いチンプンカンプンです。
映画のつっこみといえば、DVD版に「最初から大鷲がフロドを滅びの山に運べばいいのに」とのスタッフコメントがあります。
確かにおっしゃり通り。でも、それって水戸黄門がいきなり印籠を見せるようなもんですね(^^)。

投稿: ぽうせ | 2005/03/11 18:54

そうそう。あるいは、西遊記で「孫悟空がいきなり三蔵法師を金斗雲に乗っけてお釈迦様のとこまで運んじゃった」みたいな。…物語が成り立たない。(笑)

「指輪物語」高校の時に図書館で借りて以来大好きでした。もちろん映画も全部見た!
なによりあの終わり方が好きです。単純なハッピーエンドにならないところが。

ガンダルフについてですが、彼ら魔法使いはもともと不死の国に住んでた精霊で、中つ国に育ちつつある悪に対抗するため、不死の国より派遣された者だそうな。
彼らの任務はあくまで中つ国に住む者たちの手助けなので、本来の力は制限されているとのこと。

ガンダルフが魔法で全部やっちゃったら、それこそ物語が成り立たないわな~f(^_^;

投稿: 猫 | 2005/03/12 13:21

猫さん、あの原作を読破されたんですね。
自分は本屋でぱらぱらと立ち読みしただけで挫折しました。

投稿: ぽうせ | 2005/03/12 14:15

劇場版は映画館で見ているし,もう一度見るのは疲れるなぁ,と思いつつ,50分も追加されている,と聞くと,気になるんですよね.どうしよう・・・
ガンダルフは魔力を制限されているのですか.納得^^

投稿: ヒロ子 | 2005/03/14 21:22

追加シーンよりも、スタッフコメンタリー(本編と同じ映像に、それを観ているスタッフのコメントが入る)のほうが面白かったりします。そういえばピーター監督が、収益の配分を巡って映画会社を訴えました。旅の仲間と違い、映画の仲間は永遠の友情では結ばれないんですね。(T_T)

投稿: ぽうせ | 2005/03/14 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/3239022

この記事へのトラックバック一覧です: 250分!:

« カキカニ | トップページ | 脅威のデジタル地球儀 »