« 図書館に行こう | トップページ | かすうどん »

未来予測

文部科学省が各分野の科学者たちに今後30年以内に実現可能な科学技術を予測してもらった。

2011~2015
 ・一家に1台、掃除・洗濯などのお手伝いロボットが一般化する
 ・同時通訳機能が付いた電話の一般化
2016~2025
 ・がん化の機構解明に基づく治療への応用
 ・マグニチュード7以上の地震予知技術
 ・アルツハイマー病の根治薬

お手伝いロボットとは、バンダイが開発中という本物のドラえもんのことか(^^)。

報知新聞が約100年前の1901年に「未来の予言」という特集をしている。
これが、なかなかの的中率で当たった(もしくはそれに近い)ものは以下の通り。
 ・電話が普及
 ・FAXの開発
 ・冷暖房機の開発
 ・写真付き(テレビ)電話の開発
 ・電気の普及
 ・車の普及
 ・野生動物の絶滅(ライオン、虎、ワニなど)
 ・鉄道のスピードが上がり東京-神戸間が2時間半でいける
 ・写真付き電話による買い物(インターネットショッピング)

実現はしていないが他にも面白い予測がある。
 ・空中軍艦の登場
 ・動物と会話可能に。小学校に獣語科が設立される

この記事を書いた記者さんって、かなりすごい人と思う。

|

« 図書館に行こう | トップページ | かすうどん »

ニュースの林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65730/2700292

この記事へのトラックバック一覧です: 未来予測:

« 図書館に行こう | トップページ | かすうどん »